■情報販売との出会い (1 / 1)

written by 不詳

前から欲しかったノートパャRン PANASONICの Let‘s noteを購入し、ネットサーフィンをしていたある日、偶然に ある情報起業家のサイトを見つけました。お世辞にもあまりキレイとはいえないサイトでしたが文章に引き込まれ読み込んでしまいました。
ビックリしたことは、その情報企業家の方が 月収 ○百万あるとのことです。まさか・・・あやしすぎる・・・そう思いながら、私は情報販売の世界に引き込まれて行きました。
そして いつしか これなら自分でもできるのではないか?という勘違いにも似た感覚になっていったのです。そんな中、会社の新規事業のコンペがありました。私は、「情報販売」について企画書を作成し、提案しました。
なんと それが会社で採用され、提案者の私が担当になったのです。しかも部下もいませんので、何から何まで自分でやらなければなりません。
当然に サラリーマンですから厳しく評価されます。それから私の試行錯誤が始まったのです。





一覧に戻る