情報販売 (1 / 1)

written by 不詳

その人達は貴方のライバルです。そのライバルに勝つためには差をつけなければなりません。オークション上での取引の場合、相手と顔をあわせることはまずないわけです。文章だけで、いかにして相手を信用させ買っていただくか。ということが重要です。ですので、お客様に買ってみたいと思わせる文章が書けるか、書けないか。
これが一番重要なことです。
今までは全く売れなかった説明文でも、ほんのちょっと手を加えるだけでずいぶん売れるようになることもあります。
ですから、もし売れないと思われたらこのページをもう一度見直して再チャレンジしてみて下さい。反応をあげる文章作り
★タイトルを考える
どんな商品にも言えることですが、タイトルは非常に大事です。タイトルが違うだけでアクセス数が全然違います。お客様が「興味を引くようなタイトルを考えましょう。必見注目初公開話題騒然奇跡警告無料世界初魔法限定特別激安・・・など
自分で考えたタイトルの前にこれらの言葉を入れるだけで、お客様が目を止めてクリックしてくれる数が増えます。
★エピメ[ドを入れてストーリー化する
例えば、今までの貧乏生活で借金生活の苦労やビジネスでの失敗を物語にして書きます。他人は人の苦労や失敗に興味を引かれ、親近感を持ちます。ストーリー中に自分との共通点があれば、自然と貴方に共感を抱くでしょう。
例えば、会社にリストラされ就職先もなく多額の借金を強いられ不幸のどん底に。そんな中、インターネットビジネスに出会い数々の失敗を重ね苦労し、今のビジネスに出会い今の裕福な生活がある。などなど。読み手が興味を引くような内容にしましょう。そうすれば読み手も共感し、自然と行動に移しやすくなります。
★お客様の声を入れる
例えば私のように、〜県の・・様に質問をしてみました。「1か月で__万円も稼ぐ事ができました!ありがとうございました。」など。いくらでも思いつくと思います。
「ほんとかな?」と疑いつつも「買った人が言うんだからほんとだろう。」と具体的な数字や言葉につられて買ってくれるのです。ただ、この具体的な数字や言葉が曖昧だと逆効果なので気を付けて下さい。
★メリットを入れる
その情報を買うとどのようなメリットがあるのかを書きます。ただし、書きすぎるのはよくないです。
書きすぎると怪しく思えてきますので。5つぐらいが丁度いいでしょう。
★買わないデメリットを入れる
買わないとどういうデメリットがあるのかを具体的に説明します。例えば、買わなければ収入が発生することはありません。などです。
★緊急性や希少性を演出する
【限定販売】【先着10名様限り】など、今買わないともう二度と手に入らないかもしれないと思わせて、「早く買わないと」と冷静な判断ができないまま買ってしまいます。
「今買わなければ後悔するかもしれない」と思えば買ってくれる可柏ォが増えるわけです。人間は後で手に入らないことを知ると、無性に欲しくなってしまう生き物なのです。
★貴方を主語にする
主語には貴方を使うことをオススメします。貴方を主語にすることで、読み手の視点で話をすることができます。
以上が説明文を作る時の基本です。これを組み合わせれば貴方の情報買ってくれる人も増えるでしょう。





一覧に戻る