“STORES.jp”開設ストアが20万店突破、フォロー (1 / 1)

written by TechCrunch Japan

“STORES.jp”開設ストアが20万店突破
専門知識がない人でもネットショップが作れる“STORES.jp”のストア数が、20万店を突破した。2012年9月にサービスを開始して以降、ストア数は毎月5%程度の右肩上がりを続けてきたが、2014年9月にリリースした“フォロー”によってストア数が急増。9月以降は毎月15%以上の伸びをキープしていて、対前年比では270%の成長だという。

フォロー機狽ニは、特定のストアの最新アイテム情報を、STORES.jpの自分のページで受け取れるようにするもの。お気に入りストアの新着アイテムを逃さないようにする、“買い手”のための機狽セ。それがなぜ、ストア数の拡大につながったのか。STORES.jpを運営するブラケットの光本勇介社長によれば、こういうことらしい。

“ストアをフォローする際には、STORES.jpのIDを取得します。それがきっかけでSTORES.jpのことを知り、それまで買い手だった人が自分も開いてみようかなとなり、ストアオーナー側になることが増えています。
感覚的には、ブログの閲覧者が気付いたら書く側になっていた、というような動線です。”

ブログの読み手が書き手に転じるのは、それなりにハードルが高そうに思える。ただ、ことショッピングというジャンルでは、“ストアを持つ行為に興味が無い人が少ないので、まずはトライしていただけることが多い”と光本氏は話している。“フォロー機狽フリリース前後では、毎月のストア純増数に4倍くらいの差がある”。

あくまで“ストア数”がすべてではないが、参考までにSTORES.jpの競合として挙げられるBASEの店舗数は約13万店。また、流通額は桁違いに違うものの、大手ECでは楽天市場が約4万店、Yahoo!ショッピングが約19万3000店と、STORES.jpの方が多かったりする。





一覧に戻る