yura-link

激安ショップナビモータウンモールです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

HOME » コミック雑誌ライトノベル

新鉄拳チンミ(5) 420 価格で比較LINK 戻る 国主ジライ、ボル将軍、憲兵隊長ソウビらの圧政に苦しむカナンの人々を目にしたチンミは、ホウジュンら反乱軍と共に戦う事を決意。「山」で強制労働をさせられる人々と連係して「カナン解放計画」がついに始動する!! しかし、宮殿の仲間からの“合図”は、ソウビに見つかってしまい……!? 行く手に立ちふさがる憲兵たちに、反乱軍と力を合わせて立ち向かう!!
新鉄拳チンミ(6) 420 価格で比較LINK 戻る 反乱軍の先遣隊第一班は「山」へ向かい捕らえられた人々を解放、ホウジュン、チンミらの属する第二班は宮殿で悪の元凶、ジライを捕らえる――。そんな困難な目標を胸に、民衆の怒り「カナン解放計画」がついに発動した!! 「山」の内部では、捕らえられた人々が憲兵の目を引くために自作自演の事故を起こす。しかし、その様子を見るボル将軍の眼には、底知れぬ冷ややかな決意が……。
新鉄拳チンミ(7) 420 価格で比較LINK 戻る 「カナン解放計画」決行!! ジライを補らえるため宮殿へ向かったチンミ、ホウジュンらは、エレベーターホールへ。チンミの息の根を止めるべく襲い掛かってきたソウビを間一髪でかわし、国主ジライが居住する、宮殿最上階へ向かう。一方、山へ向かった一行は、門を開き外の住民を引き入れる事に成功した。だが、彼らの前にボル将軍が立ちはだかる……!!
新鉄拳チンミ(8) 420 価格で比較LINK 戻る 悪の元凶、ジライを追いつめたと思ったホウジュン、チンミたちだったが、あと一歩のところで逃げられた! さらにジライを追う一行の前に、憲兵隊長ソウビが!! ホウジュンを人質に捕って、チンミの動きをふさぐ……!! 一方、「山」で反乱軍の勢いを止めたボル将軍も、宮殿へと向かった!! チンミたちは、無事にジライの身柄をおさえることができるのか!?
新鉄拳チンミ(9) 420 価格で比較LINK 戻る 憲兵隊長ソウビを激闘の末に倒したチンミは、ホウジュンたちとともに悪の元凶・ジライ追跡を続けた。だが彼らの前に今度は、「山」から戻ってきたボル将軍が立ちはだかった!! 宮殿でのジライ捕獲計画は、最大にして最強の敵・ボル将軍が不在である前提。一方、激闘をくぐり抜けてきたチンミには疲れが見え始める。反乱軍に動揺が走るが……!? チンミVS.ボルの決戦が、今、始まろうとしている!!!
新鉄拳チンミ(10) 420 価格で比較LINK 戻る “山”から戻ってきたボル将軍をチンミが迎え討(う)つ間に、ホウジュン達は元兇(げんきょう)・ジライを追い詰める。ボルの穿孔破(せんこうは)に圧倒され続けるチンミだったが、ホウジュン達がジライを捕らえるとの報を受け、ボル将軍はジライの元に急ぎ引き返した!! 昇降機でジライを取り囲むホウジュン達のすぐそばに、ボル将軍の影が……! チンミはこの危機から救うことができるのか!?
新鉄拳チンミ(11) 420 価格で比較LINK 戻る 一度は元兇(げんきょう)・ジライを捕らえたホウジュン達だったが、“山”から戻ってきたボル将軍にジライを奪還される。ホウジュン達を救うために駆けつけたチンミは、ボル将軍と対峙するが、ボルの圧倒的な強さの前に追い詰められてしまう。穿孔破(せんこうは)でとどめを刺すべく歩を進めるボル――チンミ、万事休すか!! 一方、ホウジュンとゴクウは、一人で逃げたジライを追った!!
新鉄拳チンミ(12) 420 価格で比較LINK 戻る 逃亡を図るジライに手を焼くホウジュン。ジライは隠し持っていた金塊とともに船で川へ逃げるが、そこに現れたのは、川の漁師を率いるボウロだった! 一方、ボルと対峙するチンミは、“教わらずとも体得できる”という恐るべきボルの能力を知る。追いつめられるチンミは、残された反撃の一手――封印されていた大林寺(だいりんじ)拳法の奥義「雷神」でボルをとらえることができるのか……!?
新鉄拳チンミ(13) 420 価格で比較LINK 戻る “見ただけで体得できる”という恐るべき才能を持つボルは、チンミの通背拳(つうはいけん)までもモノにしてチンミを驚かせる。得意技の通背拳が通じず、不利になる一方の戦況に、チンミは、禁断の奥義「雷神」を使うことを決意。自らの気功を高め、ボルの「天」「地」を突くことには成功し、あとはのど元の「人」を突くのみ……! しかし、ボルはすでに、チンミの行動を読んでいた……!!
新鉄拳チンミ(14) 420 価格で比較LINK 戻る 苦戦の末ボル将軍を倒しカナンに平和をもたらしたチンミは、大林寺(だいりんじ)に帰り後輩たちを指導する生活に戻っていた。しかし、そこに皇帝からの使いがやってきて……。密命を帯びたチンミは、海賊を取り締まる水軍の本拠である「軍船島(ぐんせんじま)」を目指し、かつて天覧武道会で戦ったシーファン、タンタンとともに旅立つ!!
新鉄拳チンミ(15) 420 価格で比較LINK 戻る 提督ズイウンに親書を渡すため、チンミ、シーファン、タンタンの3人は、新兵として水軍の本拠地・軍船島(ぐんせんじま)へ潜入した。だが、副官カイオンの部下・ゲイビに、タンタンが捕らえられてしまう。カイオンとゲイビは、もう1人の副官・チョウリュウがいない間に、何かをたくらんでいるようだが……? 一方チンミは、体調不良で勇退間近というズイウン提督の行方を探る!
新鉄拳チンミ(16) 420 価格で比較LINK 戻る 水軍副官カイオンは、『海賊に乗っとられた』チョウリュウ艦隊を迎え討つために、病床のズイウン提督とともに出撃。ズイウンはその企みを見破るが、乗員全員がカイオンの手下であったため、軟禁されてしまう。一方、タンタンとシーファンは先陣を切る徴用船に。チンミは、旗艦でカイオンと対決し、海中に放り込まれてしまった! なんとか岸に泳ぎ着いたチンミは、カイオンの企みを阻止するため、走り始める……!
新鉄拳チンミ(17) 420 価格で比較LINK 戻る 水軍副官カイオンの陰謀を止めるため、タンタンとシーファンは旗艦に乗り込み大暴れ。さらに、もう一人の副官・チョウリュウも、カイオンの狙いに気付き、阻止するために動き始めた。一方チンミは、ズイウン提督の指示のもと、旗艦の舵棒を折ろうとするが、カイオンの腹心・ゲイビが立ちふさがる! 海を泳いだり、船を追って走ったりで体力を消耗しているチンミは、ゲイビの拳を受けて絶体絶命のピンチ……!
新鉄拳チンミ(18) 420 価格で比較LINK 戻る ついに旗艦上で合流したチンミ、シーファン、タンタンの3人。カイオンの陰謀に気付いて反撃するチョウリュウ達も、旗艦に乗り込んできた。人質にとっていた提督を3人の活躍で奪還されたカイオンは、旗艦に火を放ち脱出を図る。燃えさかる炎から、大量の火薬を積んだ旗艦を守ることができるのか!? しかしそこには、さらなる陰謀が隠されていた……!!
新鉄拳チンミ(19) 420 価格で比較LINK 戻る 旗艦「艦尾楼」を爆破したカイオン。間一髪でズイウン提督を助け出したチンミたち3人は、再び旗艦へと戻る。旗艦に残ったチョウリュウ副官の命を狙って、カイオンも旗艦へ。カレが率いていたのは、水軍最強を誇る、第一海兵部隊だった! チョウリュウが仲間の船にカイオン砲撃の指示をする間、チンミ、シーファン、タンタンが部隊を止めることに。四十三対三の戦いに、勝ち目はあるのか!?
新鉄拳チンミ(20) 420 価格で比較LINK 戻る 爆破され沈没寸前の旗艦に残ったのは、チョウリュウ副官とその部下ハンショウ、そしてチンミ、シーファン、タンタンの3人。それを追って、カイオンとツエン隊長率いる水軍随一の精鋭・第一海兵部隊が乗り込む。チンミら3人は、蓄積した疲労に耐えながら第一海兵部隊と戦うが、圧倒的な強さを誇るツエン隊長の登場で、状況は苦しくなる。一方、チョウリュウはカイオンに命を狙われ、一対一の対決に……! 水軍編、ついに決着!!
心霊探偵八雲9 救いの魂 1260 価格で比較LINK 戻る 刑事を辞め、八雲と心霊専門の探偵を始めた後藤に持ち込まれたある相談。同じくして樹海で発見された身元不明の遺体、その時八雲は!? 書きおろし単行本最新刊、角川書店より刊行!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) 420 価格で比較LINK 戻る CMBと刻まれた“3つの指輪”は「知の守護者」の証――神からの謎掛けに挑む!! 魅力的な謎と緻密なロジック、そして躍動するキャラクター! 『Q.E.D. 証明終了』の加藤元浩が繰り出す、ネオ・ミステリ!!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(2) 420 価格で比較LINK 戻る “呪い”は実在する!? 持ち主を死に追いやると言われる“呪いの面”――。その所有をめぐる諍いの最中、殺人事件が発生した。果たして“呪い”の正体とは……!? 「青いビル」「呪いの面」を収録!!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(3) 420 価格で比較LINK 戻る 知の殿堂・大英博物館からやってきた1人の男……彼の目的は森羅(しんら)の持つ「三つの指輪」を奪うこと。古代アステカの遺物にまつわる頭脳ゲームの行方は!? “驚異の部屋(ヴァンダー・カンマー)”をご案内します!! 「失われたレリーフ」「都市伝説」の2編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(4) 420 価格で比較LINK 戻る 「ユダヤの財宝」の謎を追え!! 殺害現場はローマの遺跡“コロッセオ”。被害者が見つけた「ユダヤの財宝」とは!? ――2000年もの時を経た壮大な歴史ミステリーが、いま解き明かされる!! 長編「ユダヤの財宝」収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(5) 420 価格で比較LINK 戻る グーテンベルク聖書――時価推定30億円の真贋を見極めよ!! 森羅(しんら)博物館にやってきた異国の少女。その手には、幻の“グーテンベルク聖書”の断片が……。そして現れた、“聖書”と少女を狙う闇のブローカー集団。彼らが仕掛ける罠を、森羅は看破できるのか!? 「グーテンベルク聖書」「森の精霊」の2編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(6) 420 価格で比較LINK 戻る 「Q.E.D」×「C.M.B」のコラボ編がついに登場! ――エジプト・カイロの考古学博物館で、殺した人間の臓器を奪うという猟奇事件発生! 犯人を追う森羅(しんら)の前に現れたのはMIT帰りの天才少年、燈馬想(とうま・そう)! 燈馬が森羅を真実に導く!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(7) 420 価格で比較LINK 戻る 4つのドラマ。4つのミステリー。 ――思考する人形!? アンティークの人形博物館で盗難発生! 事件解決を迫られた森羅(しんら)は、ある“ありえないこと”から犯人を追い詰めるが……。他3編を収録!! 【収録作品】Locust――イナゴの大群と幻の野鳥/Iron Door――鉄扉の密室/In the Civic pool――東京では絶滅したはずの昆虫/The Turk――考える人形“ザ・ターク”
C.M.B.森羅博物館の事件目録(8) 420 価格で比較LINK 戻る ミステリー史上最大被害者数……その数、130,000,000人!? ――森羅(しんら)の元に持ち込まれた一通の手紙。手紙の内容は復讐予告! 全国民1億3千万人が被害者になると書かれている。未曾有の被害を防ぐべく、手紙の差出人を追う森羅だが……。全4編収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(9) 420 価格で比較LINK 戻る 地下のトンネルから“秘密”を持ち帰った少年。伝説の「黄金郷」に魅せられる人々。森羅(しんら)たちは暗闇の先に何をみるのか!? その黄金は手にしてはいけない……。太古の眠りより覚醒(めざめ)し、インカの『黄金郷』伝説!! その他、全3編収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(10) 420 価格で比較LINK 戻る 「見てもらいたいものがある」と古生物学者ヘラ・コルバートに言われ、ゴビ砂漠を訪れた森羅(しんら)と立樹(たつき)。そこで目にしたのは“ヒトと恐竜が隣り合っている”という不思議な化石だった。存在した時代に6千万年もの隔たりがあるヒトと恐竜が、なぜか同じ地層に存在している……誰かの悪戯か、それとも!? 他、全4編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(11) 420 価格で比較LINK 戻る ギリシャに来た森羅(しんら)と立樹(たつき)。そこで目にしたものは、未だ解読されていない古代文字が刻まれた『ファイストスの円盤』の『印章』だった! 時を同じくして、海運王の妻、イリアスが何者かに殺される。殺害現場のクルーザーに偶然、乗り合わせた森羅が事件に挑む! 「ファイストスの円盤」「初釜事件」「丸〆猫」の3編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(12) 420 価格で比較LINK 戻る “魔都”・香港編収録! その瞳に映るは幻影か亡霊か……女優は摩天楼に黒き影を見る。――香港のとあるビルから金融コンサルタントの王青雲(ワン・チンウ)が墜落死した。時を同じくして、香港の大女優、張(チャン)シン蓮(リン)は「幽霊」を見るようになる……。彼女が見る「幽霊」の正体とは!? 「封泥」「老婆と猿」「張の幽霊」の3編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(13) 420 価格で比較LINK 戻る 森羅万象(すべてのこと)に謎(ミステリ)は宿る!! ――森羅(しんら)のもとにマウが持ち込んだ、一台の古いディスク型オルゴール。記録には銃撃により破損したとあるが、破損した箇所も、修復した痕跡も見当たらない! 「謎のオルゴール」の真相とは!? 「夏草」「霧の山荘」「アサド」「オルゴール」の4編収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(14) 420 価格で比較LINK 戻る 世界の果て(world's end)に、伝説の蝶が舞う。――全世界で8頭の標本しか確認されていないポンテンモンキチョウ。森羅(しんら)はその9頭目かと思われる写真を入手し、伝説の蝶を探すため一路、南米アルゼンチンへ飛んだ。蝶の行方を追う森羅たちだが、その行く手には凄惨な歴史の暗部が……!「ワールド・エンド」「すごろく」「花屋の娘」の3編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(15) 420 価格で比較LINK 戻る きっと見つかる「あなただけ」のミステリー。森羅(しんら)の2人目の養父、スタン博士登場! ――カンボジアで盗まれた『女神像(デバター)』の行方を森羅は養父の一人、スタン博士と共に捜索する。一見、常識人に見えるスタン博士だが、やはりそこは森羅の父だけあって……!? 「アリアドネの糸」「魚釣り」「スタン」「キルト」の4編を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(16) 420 価格で比較LINK 戻る 好奇心の白地図を塗りつぶせ!! 『ナスカの地上絵』保全運動のため、ペルーに招かれた森羅(しんら)と立樹(たつき)。だが、彼らを招いた博士は謎の墜落死を遂げた! 現場は見渡す限り無人の平野、博士はどこから落ちたのか? 事件があぶりだす、ペルーとインカ――400年の因縁!「ナスカの地上絵」「レヤック」「学校の七不思議」「クファンジャル」を収録!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(17) 420 価格で比較LINK 戻る 森羅(しんら)が手渡された希書『プリニウスの博物誌』。それは30年前“ベルリンの壁”を越えようとした少年が携えていたもの。彼は警備兵に撃たれ、川に浮いているところを発見されたという。少年の身にいったい何が起きたのか? 謎を追う森羅の前に、嘘と真実が交差する! 『プリニウスの博物誌』他3編を収録。
C.M.B.森羅博物館の事件目録(18) 420 価格で比較LINK 戻る 香港の不動産王・周佳玲(シュウ・ガイリン)に招かれた森羅(しんら)と立樹(たつき)。手がけたビルの調度品を誂えるのに、森羅の権威を借りたいと言う。そんな時、周と確執のあった同業の大立者・郭小熊(クォック・シウフン)が殺された。確執は組織同士の抗争に発展、森羅と立樹をも巻き込んでゆく! 事件の鍵を握るのは、周家の双子・文龍(マンルン)と文鳳(マンフォン)――!!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) 420 価格で比較LINK 戻る 東欧の小国バルキアでおきた3万人虐殺事件。弾圧を行った独裁者スワミが逃亡先のベルギーで逮捕される。国際社会の信用回復のため、傷ついた国民の再生のため、スワミはバルキアが裁かなくてはならない! 身柄を当事国に取り戻すべくバルキアの保佐人として起った燈馬(とうま)。だが、欧州の意志を代表して対立するのは、天才児・榊森羅(さかき・しんら)だった! 1つの裁判を『Q.E.D.』『C.M.B.』で同時に描く、頭脳対決コラボ、実現!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(20) 420 価格で比較LINK 戻る 森羅(しんら)に“「C」「M」「B」の指輪”を与えた“3人の父親”――レイ博士、スタン博士……そして、ついにその最後の1人・モーリス博士が登場! モーリス博士から、オランダに呼び出された森羅。しかし、当のモーリスは拘置所に拘留されており、その理由を明かそうとしない。聞けば、モーリスの事務所で預かった版画が紛失したというのだが……? モーリスの天才的な頭脳と、超然とした性格に、森羅と立樹も大苦戦!?
ジパング(1) 525 価格で比較LINK 戻る 200X年のイージス艦が、1942年にタイムスリップしたならば――。“来(きた)る”太平洋戦争が、その先の“みらい”が激震する!! ――海上自衛隊所属、最新鋭イージス艦「みらい」、謎の暴風雨に遭遇(そうぐう)。そしてすべての僚艦(りょうかん)、失踪(ロスト)……。やがて、1942年・ミッドウェー海戦域のド真ん中に“出現”した「みらい」は、撃墜(げきつい)された海軍将校を救助。そして、「歴史」は塗り替えられる――!! 講談社漫画賞受賞。圧倒的なイマジネーションで描き出される、歴史横断超大作!
ジパング(2) 525 価格で比較LINK 戻る かわぐちかいじが『沈黙の艦隊』を超えるスケールで描く、海と戦いの黙示録(もくしろく)!! ――1942年・ミッドウェー海戦域にタイムスリップした21世紀のイージス艦「みらい」の副長・角松は、歴史的に“死ぬ運命だった”謎の大日本帝国海軍少佐・草加(くさか)を救命。そのまなざしに運命を感じた角松は、歴史の塗り替えを覚悟しながら、太平洋戦争の“真実”と“未来”を開示する! 一方その頃、連合艦隊司令長官・山本五十六(いそろく)も、「みらい」の存在に気付きはじめていた……!
ジパング(3) 525 価格で比較LINK 戻る 1942年、太平洋戦争直前のシンガポール。21世紀のイージス艦「みらい」に救命された海軍将校・草加(くさか)は、大日本帝国軍を欺(あざむ)き、燃料補給のために奔走(ほんそう)。しかし、すんでのところでかつての部下・津田に“正体”を見破られ、同行していた「みらい」副長・角松とともに捕捉(ほそく)される! “戦時を生きる軍人たち”の想いを知った角松は、「ある賭け」に出る。そして舵(かじ)は一路、ガダルカナルへ……!
ジパング(4) 525 価格で比較LINK 戻る 1942年、ガダルカナル。大日本帝国軍の「惨敗の史実」を知る“未来人”の角松らは、泥沼回避を狙(ねら)った上陸作戦「オペレーション・サジタリウス」を決行! 一方その頃、“未来を知る元・海軍将校”草加(くさか)は、連合艦隊司令長官・山本五十六(いそろく)と、信じがたい極秘作戦を用意していた! “無条件降伏から始まる屈辱の戦後”を認めぬ草加には、角松たちの21世紀とは違う未来=「ジパング」が、見えていた――!!
ジパング(5) 525 価格で比較LINK 戻る 「みらい」総員に告ぐ。山本長官からの“夏島への上陸許可”と慰安の申し出、謹んで受ける! ――南太平洋中心部、トラック諸島。イージス艦「みらい」の乗員は、2ヵ月ぶりの上陸解禁に浮かれていた。一方その頃、戦艦「大和」――。陸軍・辻参謀は、“統帥権(とうすいけん)の絶対性”をタテに、「ガダルカナル奪還(だっかん)命令」を山本に要求。“未来の敗戦史”を知る山本は、せめて犠牲を最小限に抑えるべく、「あの艦(ふね)」を要求するのだが……!?
ジパング(6) 525 価格で比較LINK 戻る 俺たち自衛隊は、“矛(ほこ)”じゃない。日本人すべての“盾(たて)”なんだ! ――自衛隊所属のイージス艦「みらい」は、滝少佐の護衛を連れてサイパン沖を航行中。進撃を重んじる“矛”のごとき軍人・滝は、山本長官の命にそむき、誘導したアメリカ機による「みらい」撃沈を画策していた! 危機、せまる。「みらい」は、ついに非常事態(ハルマゲドン)用の自動発射管制モードを選択するのか……!? 本編のほか、外伝「マレーの残照」も同時収録!
ジパング(7) 525 価格で比較LINK 戻る 21世紀のイージス艦、1942年の横須賀への“帰港”なるか――。石原莞爾(いしわら・かんじ)との密約を終えた草加(くさか)は、太平洋戦争の早期講和を目標に、かつての部下・津田に対して「ヒトラー暗殺」を指示、自身は満州へ渡ることに。一方、帝国軍部に警戒された「みらい」は横須賀入港を許されず、要塞(ようさい)島たる猿島沖への停泊を命じられる。この決定を不服とした「みらい」梅津艦長は、反対に“人質”を要求。なんと、これに応じたのは海軍大将・米内光政(よない・みつまさ)だった――。
ジパング(8) 525 価格で比較LINK 戻る 草加(くさか)の暗殺計画から脱出した“ラストエンペラー”溥儀(ふぎ)は、角松にかくまわれることに。大失態に憤(いきどお)る陸軍大将・梅津美治郎(うめづ・よしじろう)だが、関東軍の“謀反(むほん)”を許すこととなり……。そして、更けゆく満州の夜。銃を携(たずさ)え、再会を果たした草加と角松は……!? 本編のほか、外伝「至誠に悖(もと)るなかりしか」を同時収録!
ジパング(9) 525 価格で比較LINK 戻る 緊迫の「アリュージョン編」突入!! DDH(海上自衛艦)「みらい」、米巨大戦艦「ノースカロライナ」と激突!! ――流転する「もう一つの歴史」の中で、米軍によるアリューシャン奪回の時期が早まろうとしていた。このままでは、孤立したアッツ、キスカは全滅か……。「みらい」は、“玉砕”寸前の帝国軍を撤退させるべく、出航。草加(くさか)のライバル・滝参謀とともに、濃霧の海戦を展開するのだが……!?
ジパング(10) 525 価格で比較LINK 戻る 舞台は戦火の欧州へ。もうひとつの歴史を創るため、草加(くさか)が欲するものは、独裁者(ヒトラー)の死。――帝国軍のアッツ、キスカ撤退作戦を成功させた「みらい」は、負傷した梅津に代えて、角松を艦長に頂く。その頃、地下潜行中の草加(くさか)は、腹心・津田に同盟国の統帥(とうすい)=ヒトラー暗殺を指示。この極秘計画の後ろ盾(だて)は、やはり“あの人物”だった……!
ジパング(11) 525 価格で比較LINK 戻る 再会、衝撃の告白。そして静寂のクライマックス――。舞台は大空襲のベルリンの夜、「グラーフ・ツェッペリン」号謁見(えっけん)を経て、孤高の別荘「ケールシュタインハウス」へ……。総統(ヒトラー)は暗殺者・津田に微笑みかけ、草加(くさか)は吹雪(ふぶき)の中で津田を待つ。そして草加の腹蔵する“もう一つの訪欧目的”が、明らかになる……! 本編のほか、外伝「フレンドシップ」を同時収録!
ジパング(12) 525 価格で比較LINK 戻る 史上初の「核」が、南太平洋、ヨーロッパ、そして満州へ……運命の連鎖を引き起こす!! 連合艦隊の戦線縮小作戦に加わり、トラック泊地からパラオへ向かう「みらい」。一方草加(くさか)は、ヨーロッパで濃縮ウランの入手を画策していた……。未来を知る男たちが、“歴史”の最前線へと走り出す――! 講談社漫画賞受賞。かわぐちかいじが圧倒的なイマジネーションで描き出す、歴史横断超大作!
ジパング(13) 525 価格で比較LINK 戻る 米軍vs. 「みらい」部隊……“セクションS”始動。太平洋の“謎(リドル)”を排除せよ! ――濃縮ウランを手に満州に戻った草加(くさか)は、帝国海軍に捕捉(ほそく)される。しかしその隠密裏(おんみつり)では、石原莞爾(いしわら・かんじ)が動いていた! 一方、米海軍内では、謎の艦「みらい」と決着をつけるべく、大規模な秘密作戦が始動。決戦の海はニューギニア沖、ダンピール海峡……!!
ジパング(14) 525 価格で比較LINK 戻る ただ仲間を守るために……。「みらい」に迫る、回避不可能な500ポンド爆弾。機長・佐竹に迷いはなかった。艦載多目的偏向翼機「海鳥」、壮絶なるラストフライト!! そして“60年後の未来人”たちは、存在意義に揺れはじめる。自衛隊員を貫くべきか、それとも帝国海軍の一員となるべきなのか……!? かわぐちかいじが描き出す、海と戦いの黙示録(もくしろく)。本編のほか、外伝「守るべきもの」前後編を同時収録!
ジパング(15) 525 価格で比較LINK 戻る 「みらい」、決裂!! 「この戦争に積極的に参加する」……菊池の考えに賛同する乗員たちが、ついに行動を起こす。だが、角松と尾栗(おぐり)にも“切り札”があった――。かわぐちかいじが「沈黙の艦隊」を超えるスケールで描き出す、海と戦いの黙示録(もくしろく)!!
ジパング(16) 525 価格で比較LINK 戻る 「この」日本は、紛れ込んだ異物を許さない。――菊池派のクーデターを受け、艦長・角松派5名は“下艦”。彼らと入れ替わるように「みらい」へ招き入れられたのは、歴史の改竄(かいざん)を目指す草加(くさか)、その男……。いつしか言動を怪しまれた角松と篠原は、特高警察に拘束されるのだが、素性を明かせぬ二人を待つのは、繰り返される苛烈(かれつ)な拷問(ごうもん)なのだった……!!
ジパング(17) 525 価格で比較LINK 戻る アラビア海が、炎に染まる……。それは、「みらい」の記録に存在せぬ戦い。――“60年後のイージス艦”「みらい」を乗っ取った男、草加(くさか)。彼の立案したインド洋からの連合国軍への攻撃が開始された。“歴史”を大きく変えていく、戦いの火蓋(ひぶた)が切って落とされる。そしてそれは、「みらい」の乗務員から“自衛官”という意識を失わせていく戦いでもあった……!
ジパング(18) 525 価格で比較LINK 戻る 1/1000秒で演算された、殺戮(さつりく)――。日々激化する戦局とともに、“60年後のイージス艦”「みらい」は、確実に太平洋戦争のまっただ中へと飲み込まれていく。それは、第二次大戦の“史実”には存在しなかった戦いである。そして“史実”には存在しなかった“犠牲者”が、一人、また一人、インド洋の藻屑(もくず)となって消えていった――。かわぐちかいじが「沈黙の艦隊」を超えるスケールで描く、海と戦いの黙示録(もくしろく)!!
ジパング(19) 525 価格で比較LINK 戻る 再び「みらい」を目指す決意をした角松。満州で“草加(くさか)の原爆”を追う梅津……。変わりゆく歴史に、彼らはどこまで抗(あらが)えるのか!? ――帝国軍のインド洋侵攻はイギリスを激震させ、アメリカを突き動かす。“60年後のイージス艦”「みらい」は進む。「新しい戦史」という名の処女航海に――。巨匠・かわぐちかいじが圧倒的なイマジネーションで描き出す、歴史横断超大作!
ジパング(20) 525 価格で比較LINK 戻る 変わりゆく歴史が、角松と梅津に牙(きば)をむく。――“草加(くさか)の原爆”を巡り、陸軍と海軍が動き出した。緊迫する夜の南京(ナンキン)で、自らが生きた時代への誇りを懸(か)け、梅津はウラン235を葬らんとするが……!? 一方、角松の乗る伊-152号を発見したのは、“潜水艦の狩人(かりうど)”立石が率いる駆逐艦(くちくかん)だった! 日本軍とは名乗れない伊号。一対一の死闘が、幕を開ける――!!
ジパング(21) 525 価格で比較LINK 戻る 苛烈(かれつ)さを増す、“対潜の鬼”立石(たていし)の攻撃。何者とも知れない“米俵”たちのため、伊-152号艦長・堀田は捨て身の奇策に出た! 戦史に残ることのない南洋の死闘は、ついに最終局面を迎える……! かわぐちかいじが「沈黙の艦隊」を超えるスケールで「戦後」を問う、海と戦いの黙示録(もくしろく)!!
ジパング(22) 525 価格で比較LINK 戻る 米海兵隊《U.S.マリーン》vs. 海上自衛隊《イージス艦「みらい」》。その双眸(そうぼう)が見すえるのは、どんな未来か。その銃口が睨(にら)むのは、誰か――!? タラワ島・日本軍撤退の隠蔽(いんぺい)工作。上陸した角松と菊池は、米海兵隊に包囲され、孤立した……! 圧倒的なイマジネーションで描き出される、歴史横断超大作! かわぐちかいじインタビュー「日本人とは何なのか」を同時収録。
ジパング(23) 525 価格で比較LINK 戻る 「みらい」は奪われた……! 不幸な“事故”により負傷した菊池三佐は、パラオに緊急搬送された。角松が「みらい」を掌握することを恐れた草加(くさか)と滝は、陸戦隊2個小隊を率いて「みらい」を制圧。角松以下全乗員は、退艦のうえ無人島に軟禁……。「みらい」はこのまま南洋の孤島で朽ち果てるのか……!?
ジパング(24) 525 価格で比較LINK 戻る 「みらい」を奪還せよ! ――“60年後のイージス艦”「みらい」と乗員の封じ込めを図る草加(くさか)に、角松たちは反旗を翻(ひるがえ)す。もたらされたのは、「菊池無事」の朗報と、梅津の遺志。孤島に囚(とら)われの身となった乗員たちは、角松のもと、再び心を一つにした――。そして帝国海軍の厳重な警戒網をかいくぐる、230名の大脱走が始まった……!! 本編のほか、かわぐちかいじが語る「日本と日本人(1)」も同時収録!
ジパング(25) 525 価格で比較LINK 戻る 総員、脱出せよ。「みらい」が再び一つになるために! ――“60年後のイージス艦”「みらい」奪還に成功した角松たちに、草加(くさか)率いる軽巡洋艦「阿賀野(あがの)」の砲弾が容赦なく降り注ぐ。一方、菊池と桃井は、空路で本土へ。小栗たちは、海軍の油槽船(ゆそうせん)を奪い海へ。それぞれの方法で脱出を試みるのだが……!? 本編のほか、かわぐちかいじが語る「日本と日本人(2)」も同時収録!
ジパング(26) 525 価格で比較LINK 戻る たった一人の存在が、予想できない未来をもたらす。――戦艦「大和」に原爆を搭載し、マリアナ海域に最終決戦を求める草加(くさか)。そうした日本海軍の動きに“異物”を感じ取る米海軍の知将・カーネル。彼らの存在は、戦いの帰趨(きすう)をいずこへ導くのか。そして「みらい」の行動は、草加の野望を打ち砕けるのか……!? 本編のほか、かわぐちかいじが語る「日本と日本人(3)」も同時収録!
ジパング(27) 525 価格で比較LINK 戻る 草加拓海(くさか・たくみ)vs. 連合艦隊司令部。そして旗艦「武蔵」、もう一つの戦場。マリアナ沖で激化する日米空母機動部隊の戦闘。“野望”を推し進めるために、草加は連合艦隊司令部に駆け引きを挑むのだが……!? 日米両軍の“勝利への意志”が激突する!! 本編のほか、詳細解説「日米最終決戦」も同時収録!
ジパング(28) 525 価格で比較LINK 戻る 過ちを正す機会は、永遠に失われた――。太平洋の最重要地・マリアナ海域にて、最終決戦に臨む日米両軍。激化する争いの中、草加(くさか)は原爆を積んだ「大和」奪取に向け、連合艦隊司令部に、“もう一つの戦争”を仕掛けていた……。「みらい」との直接対決、迫る! 本編のほか、詳細解説「日米最終決戦(2)」も同時収録!
ジパング(29) 525 価格で比較LINK 戻る 月下の激闘。日米艦隊、ついにサイパン沖にて全面対決! ――月明かりの下、砲弾飛び交い水煙噴き上がる混乱に乗じ、草加(くさか)は「大和」奪取の機会をうかがう。「みらい」のレーダーはその瞬間(とき)を逃すまじと「大和」の艦影を追いつづけるのだが……!? 本編のほか、詳細解説「日米最終決戦(3)」も同時収録!
ジパング(30) 525 価格で比較LINK 戻る 「大和」脱走――。草加(くさか)の同志たちに掌握(しょうあく)された戦艦「大和」は、帝国海軍の指揮系統をついに離脱。世界最初の原子爆弾をその巨体に宿しつつ、米上陸部隊の結集する海域に向け北上する。「みらい」はその恐るべき“意思”を阻(はば)むべく、「大和」の航跡を追いつづける――!!
ジパング(31) 525 価格で比較LINK 戻る 同じ月を見ても、同じには見えない二人――。1年半前、ミッドウェーの洋上で出会った草加(くさか)と角松。この時代にもっとも互いを理解し合いながら、その目指す先はあまりにもかけ離れていた……。ただ一艦、草加の“野望”を積んで北上する戦艦「大和」に、角松の“60年後のイージス艦”「みらい」が立ちはだかる!
ジパング(32) 525 価格で比較LINK 戻る イージスシステム、沈黙!! ――草加(くさか)操る「大和」が放った三式弾によって、“60年後のイージス艦”「みらい」の対空レーダー、SPY-1Dは崩壊。“電子の眼”を喪(うしな)った「みらい」の行く手は、闇に閉ざされたのか……!? かわぐちかいじが「沈黙の艦隊」を超えるスケールで描く、海と戦いの黙示録(もくしろく)!!
ジパング(33) 525 価格で比較LINK 戻る 艦載ヘリSH60J(シーホーク)、突入!! ――草加(くさか)の指揮する戦艦「大和」を航行不能にするため、“60年後の自衛官”小栗は、「大和」を直上から攻撃しようと決意。対する草加は、零式観測機からすべてを監視していた……。そして「大和」の上空には、さらに“もう一機”の機影が接近するのだが……!?
ジパング(34) 525 価格で比較LINK 戻る 彼は、舞い降りた。――“60年後の自衛官”小栗による捨て身の攻撃により、戦艦「大和」の機関は停止。一部始終を上空から見届けた草加(くさか)は、ついに「大和」甲板上に降り立つのだが……!? “歴史改竄(かいざん)の革命家”草加のもたらす、起死回生の策とは何か。かわぐちかいじが圧倒的なイマジネーションで描き出す、歴史横断大ヒット作!
ジパング(35) 525 価格で比較LINK 戻る 《全力を以(も)って「大和」を撃沈せよ!》――マンハッタン計画について紛糾(ふんきゅう)する閣議のさなか、ホワイトハウスにもたらされた一通の電文。アメリカはついに、草加(くさか)の意思と原爆の存在を知る。ルーズベルトは、その抹殺(まっさつ)を指示する……! かわぐちかいじが圧倒的なイマジネーションで描き出す、歴史横断大ヒット作!
ジパング(36) 525 価格で比較LINK 戻る 太平洋の熱き焦点。それは、「大和」の艦内にて目覚めを待つ原子爆弾!! 草加(くさか)の計画を阻止するため、角松(かどまつ)率いる強襲部隊は「大和」へ強襲着艦。あと数時間が、この大戦のヤマとなる……。強い、そして激しい予感が角松の胸を焦がしていた!! そして同じ頃――。“核”と「みらい」の存在を知ったホワイトハウスは揺れていた。環太平洋のすべての視線。それらはいま、「大和」、たったひとつに注がれる!!
ジパング(37) 525 価格で比較LINK 戻る 我、「大和(やまと)」に潜入せり。――あまたの犠牲を乗り越え、単艦航行を続ける「大和」に乗艦した「みらい」クルー。目的はただひとつ、《草加(くさか)の原爆を葬ること》!! 一方、大統領の直命により、事実上の指揮官として戦線に復帰したカーネル。彼は「みらい」の弱点を看破し、勝負に出るが……!?
ジパング(38) 525 価格で比較LINK 戻る 艦(ふね)を守るため、パイロットが抱いた決意――。「みらい」の戦力喪失を看破し、事実上の投降を呼びかけたカーネル。艦載ヘリ・SH60J(シーホーク)のパイロット林原(はやしばら)は、「みらい」のダメージをカムフラージュするため、たった1機で米軍に挑むが――!?
ジパング(39) 525 価格で比較LINK 戻る 足掻(あが)くものだけが、活路を開く。原爆が存在する機関科主倉庫に侵入した、角松(かどまつ)たち「大和(やまと)」強襲部隊。だが、そこには草加(くさか)の罠(ワナ)がしかけられていた。密閉された倉庫に間断なく注ぎ込まれる海水。角松たちは脱出することができるのか――!?
ジパング(40) 525 価格で比較LINK 戻る これは、国運を賭けた「ドミノ倒し」なのだ。――海軍、陸軍、連合国、枢軸国……さまざまな思惑が絡み合うなか、内地では滝(たき)が講和に向け静かに動いていた。それは、「ドミノ倒し」のようにひとつの間違いも許されない慎重な作業。そして、すべての鍵を握るマリアナの原爆。草加(くさか)が最初の一枚を倒したとき――我々の知る歴史は消滅する。
ジパング(41) 525 価格で比較LINK 戻る 角松(かどまつ)二佐、裏切りの告白――。原爆の起爆が迫る「大和」の艦内。右足に重傷を負った角松は、思いつめた顔で草加(くさか)に語りはじめる。「自分が生まれた日本に帰れないのならば、この世界も戦争も、どうなろうと知ったことではない」さらに、楽に死なせてくれとの哀願まで……。困惑する「みらい」乗員。角松の発言は、懺悔(ざんげ)か虚辞(きょじ)か!?
ジパング(42) 525 価格で比較LINK 戻る 草加(くさか)は最期に何を託したのか――。原爆を抱えた戦艦「大和」轟沈の渦に飲み込まれる角松(かどまつ)と草加。頭に傷を負った草加は、最大の敵対者である角松に対し、自分を見捨てて生き残れと迫る。
ジパング(43) 525 価格で比較LINK 戻る 堂々完結。――200X年6月。合同演習に参加するため、横須賀からハワイに向け出航する“国防軍”の最新鋭イージス艦「みらい」。埠頭には、帽子を掲げて彼らを見送る一人の車椅子の老人がいた――。9年3ヵ月におよぶ航海は、衝撃の結末を迎える!!
GIANT KILLING(1) 525 価格で比較LINK 戻る 本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!! 東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる! 『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!
GIANT KILLING(2) 525 価格で比較LINK 戻る 弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海猛(たつみ・たけし)。問題山積みのチーム再生、最初の課題は……チームワーク? 東京・夢の島の寒空のなか始めた初キャンプ。キャプテンを外された村越(むらこし)は、監督に恨み節。自主練習は乱闘状態。若手の活躍、そしてチームを振り回す王子様、ルイジ吉田! しかし鋭い観察眼でチームを見切った達海は、スタメン半分交代とキャプテン変更で、プレシーズンマッチに挑む! 起こせGIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!!
GIANT KILLING(3) 525 価格で比較LINK 戻る 1-1の同点で迎えた、リーグチャンピオン東京ヴィクトリーとのプレシーズンマッチ後半。攻めの姿勢でガンガンいく達海は、残り15分で交代カードを使いきった。後はもう選手たちの勝ちたいという気持ち! キャプテンを外され腐っていた村越(むらこし)の闘志に火がついた!! バラバラだった選手たちの心が、ひとつの目標に向かっていく。強豪相手に互角の戦いをし、可能性を見せた新生ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、そしていよいよシーズンの開幕だ!!
GIANT KILLING(4) 525 価格で比較LINK 戻る 開幕戦をあっけなく負けてしまった新生ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)。そこからは恐ろしき連敗街道! 選手はグッタリ、サポーターはイライラ。せっかく芽生えた可能性はどこへやら。それでも監督・達海(たつみ)の目は、前だけを見て光を失わない!! 主力選手を外し、若手を起用し、負けて負けて負けまくっても、選手に気づいてほしいこと。それは、負けグセのついた自分たち自身の弱い心! 選手を信じて突き進む達海のやり方に、いつしか心を開く選手たち。お前たち、今度こそは勝つぜ!!
GIANT KILLING(5) 525 価格で比較LINK 戻る ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、新旧監督のスタイルが激突!! チームもプレイヤーも、今はまだ結果が出ない。信じつづけるのが監督だ!! 不調のETUに襲いかかるブラジル人トリオ! ゼウベルトが切り裂く! カルロスが上がる! ぺぺが食べる!! 防戦一方のなか、後半戦、達海(たつみ)は何を仕掛ける!?
GIANT KILLING(6) 525 価格で比較LINK 戻る 達海(たつみ)がFW(フォワード)陣に求めるものとは!? ポジション争い激化! ピッチに立てるのは11人。そしてチームは、強くなる!! 顔もキャラも濃い元エース・夏木(なつき)の合流で、元気が取り柄の世良(せら)はさらに元気に空回り。ベテラン・堺(さかい)は虎視眈々(こしたんたん)。三者三様のFW陣のアピールに、達海はいったい誰を選ぶのか!?
GIANT KILLING(7) 525 価格で比較LINK 戻る 美しいフットボールを信条とする青の闘将(ガンナーズ)・ダルファー登場! 準備は整えた。後はピッチで語ろう!! ダルファー監督の目指す美しいフットボールで、今季負けなし大阪ガンナーズ。4人が狙う! 4人が打つ!! 華麗で勇敢な4トップで、勝ちに見放されているETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)を圧倒だ!?
GIANT KILLING(8) 525 価格で比較LINK 戻る フットボールの答えは、ピッチに落ちている。2点ビハインドで迎える後半も、赤の指揮者(コンダクター)・達海(たつみ)に確信あり! 2点取られて前半終了。やられっぱなしのETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)のロッカールームは当然ながら意気消沈……。楽しまなければ試合に勝てない!? 想定内(?)の展開に、達海が描く逆転のシナリオとは!!
GIANT KILLING(9) 525 価格で比較LINK 戻る 対大阪ガンナーズ戦。追い上げるETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、赤と青の激闘決着!! 戦術を超える選手こそ、監督の喜びだ!! キーマン・椿(つばき)の故郷も探訪!? 追い上げるETUの勢いが、ガンナーズ監督ダルファーの信念を揺るがせる! 達海(たつみ)の見据える“先”に向けて、ETUが走り出す!! 試合後は、椿くんのド田舎(いなか)すぎる故郷が舞台ですよ。
GIANT KILLING(10) 525 価格で比較LINK 戻る 赤崎(あかさき)、村越(むらこし)、王子不在!? 選手だけでなく、ベンチ、フロント、サポーターが共に前を向く!! クラブで戦う! それがフットボールだ!! 五輪代表入りで赤崎離脱。村越と王子は欠場!! そんなとき、達海(たつみ)はなぜかカレーパーティーの開催を決意! そして川崎戦。ゲームキャプテンは椿大介(つばきだいすけ)……ですか!?
GIANT KILLING(11) 525 価格で比較LINK 戻る 雨の川崎戦、決着!! ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)名物スカウトも視察!? ピッチの中にもピッチの外にも、クラブのために全力で闘うやつらがいる!! 信じきる力! それが監督の才能だ!! 雨の激闘、川崎戦。押し込まれながらも粘るETU。“クラブ”をよく知るベテラン陣が、底力を発揮する! ドッシリと動かない達海(たつみ)の信頼に、選手が応える番だ!!
GIANT KILLING(12) 525 価格で比較LINK 戻る 不振にあえぐ東京ヴィクトリー、名門としての存在理由の危機! 名門クラブの選手でいる覚悟はあるか? シーズン中盤の大一番、東京ダービー開幕! 平泉(ひらいずみ)は、あえて動かない。達海(たつみ)のしかける策が、東京V(ヴィクトリー)の弱点を明らかにしようとも――。名門クラブの一員であるという選手たちの誇りが、チームを変えるそのときを待っていた!
GIANT KILLING(13) 525 価格で比較LINK 戻る 東京V(ヴィクトリー)に1点リード! しかし、目覚めた王者の猛攻に受け身一方になるETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)!! 耐えて耐えてその先に、勝利をつかむことができるの……か? ……そして新たなる展開、オールスター編へ突入!! 日本人選抜vs.外国人選抜、MVPの栄冠(高級RV車付き!)は誰の手に!?
GIANT KILLING(14) 525 価格で比較LINK 戻る 夏の祭典(オールスターゲーム)は達海(たつみ)&佐倉(さくら)の采配が功を奏して日本人選抜チーム勝利で終演! リーグ戦後半に向けて準備をすすめるETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)に石浜(いしはま)移籍の話が浮上……。そして達海は旅人のあの人に会いに――! 選手の“未来”を真剣に考えてみよう! 夏の中断期間、ETUにはひと波乱、ふた波乱! 移籍か残留か? 選手もクラブも監督も頭を悩ます最重要事項!
GIANT KILLING(15) 525 価格で比較LINK 戻る 達海猛(たつみたけし)、監督以前。10年前……ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)は輝きを放とうと、もがいていた。若く卓越した才能ゆえ、チームの歯車は狂っていく――。昔も、今と変わらずフットボールを楽しんでいた達海。その鮮烈なプレーは名門・東京V(ヴィクトリー)をも脅かし、ついに達海専門のシフトを敷かれるほどに。クラブの未来を背負う才能は、高まる周りの期待に何を思う……!?
GIANT KILLING(16) 525 価格で比較LINK 戻る 10年前のETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、10年前の達海(たつみ)――完結。夏の中断期間の一大イベント「キャンプ」! 後半戦を戦いぬくための大切な準備期間。達海は選手たちに問いかける。「俺がお前たちにどうなってほしいか?」……さあ、考えてみよう! 人心掌握どころか人心乱す達海のマル秘練習メニュー公開! さらには、謎の男ミスターT率いる大学生チームがETUをコテンパンに!?
GIANT KILLING(17) 525 価格で比較LINK 戻る 現状に満足するな。自分に足りないものを知り、貪欲に成長を求めるとき、チームは急加速で変貌を遂げる!! 夏のキャンプで得たものは、新たな仲間二人と新たな自分たち。スタメンもガラッと変えて挑むリーグ後半戦、緒戦の相手はFC札幌!! ところがどっこい……あの開幕戦の嫌な記憶が蘇る、イヤ~な試合展開に!
GIANT KILLING(18) 525 価格で比較LINK 戻る チームが勝ちを重ねていても、突発的な事故は、絶対に避けられない。アクシデントと折り合う術は? 札幌戦後半、村越(むらこし)の大胆なゴールで、モヤモヤした展開を吹き飛ばしたETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)! 夏キャンプの成果が明確に現れた今、一気に流れに乗りたい!! でもでも、落とし穴って意外なトコロに潜んでいるもんなんだよね……。
GIANT KILLING(19) 525 価格で比較LINK 戻る 雨のウィッセル神戸戦後半、ようやく椿が目を覚ます! この勢いで盛り返せば、ETUは6戦連続無敗なのだが……!? そして次なる相手は、達海(たつみ)にゾッコンな監督・佐倉(さくら)率いるモンテビア山形。あれ……? なんだか……やり辛いぞ、このチーム!?
GIANT KILLING(20) 525 価格で比較LINK 戻る 守れなければ、勝てない。守り続けても、勝利には結びつかない。“堅守”の殻を破り捨て、山形は変貌する!! ETUの猛攻に耐え続けるモンテビア山形。その間、山形の監督・佐倉(さくら)も考え続けていた――新たなシステムの起用。そのシステムは、達海(たつみ)も事前に気づき恐れていた、山形進化への可能性だった!! 椿も警戒していた、山形の真のゲームメーカーとは?
GIANT KILLING(21) 525 価格で比較LINK 戻る 試合中のシステムの変更!!それは流れも勢いも変えるリスキーな選択。監督だけが振り下ろせる、諸刃の剣。モンテビア山形の監督・佐倉(さくら)が起用した“小森(こもり)システム”。達海(たつみ)はそれを事前に予測し対応していたが、あるアクシデントによって状況が一変、防戦一方になってしまうETU!!キョロキョロと落ち着き無い達海だが……窮地を打開する策はフィールドに転がってるみたい!?
GIANT KILLING(22) 525 価格で比較LINK 戻る 達海(たつみ)と佐倉(さくら)の知略を尽くした闘い、決着!!モンテビア山形戦、最終局面!!残り時間わずか、勝利の女神が微笑むのは……!?――最後の切り札・ガブリエルは送り込まれた!達海が託した、謎のサインとともに――。ゲームは再び沸きかえり、知略をめぐらした戦いは、劇的なフィナーレへ!!そして次戦、厄介なスポンサー様が観戦するまたまた大変な試合になりそうで……。
GIANT KILLING(23) 525 価格で比較LINK 戻る 取られたら取り返せ!川崎の攻撃的サッカーに、ガチンコで挑む!!おまえら、打ち合う覚悟は出来ているか?--ETUのスポンサー・大江戸通運の副社長が観戦する中、強豪・川崎フロンティアと激突!選ばれたお互いのスタメンは、奇しくも攻撃的メンバー揃い!守りも大事なんだけど……打ち合いでは、絶対負けたくない!!怯まず弛まず、攻めて攻めて攻めまくれ!!!
GIANT KILLING(24) 525 価格で比較LINK 戻る 達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETUイースト・トーキョー・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!★強豪川崎戦も終盤!激しい点の奪い合いに決着がつく。試合を決めるのは誰だっ!?
GIANT KILLING(25) 525 価格で比較LINK 戻る 本領発揮する!!! 達海がいなくなり崩壊した、かつてのETU。ユナイテッドスカルズはその絶望の時期から、選手を信じて叫び続けてきた。今、不信感からフロントに詰め寄る羽田たちの前に、天敵の達海も現れ……一触即発!!
GIANT KILLING(26) 525 価格で比較LINK 戻る リーグ6位と好調なETUだったが、千葉のミルコビッチ監督の策略に前半は手も足も出ず、ゴール裏ではサポーター同士で不穏な空気が渦巻いていた。だが後半、達海が繰り出すポジションチェンジと、田沼ゴローの一大決心で、ETUは新たな形を見せる!●クールなマクレガーが秘める、ホットな家族愛●田沼ゴロー、一世一代の見せ場!!●ついに解析された――ETU攻略法!!!●上下左右入れ替わる、劇的ポジションチェンジ!!●「あ そーれ ETU」……あの懐かしコール復活!

1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20| 21| 22| 23| 24| 25| 26| 27| 28| 29| 30| 31| 32| 33| 34| 35| 36| 37| 38| 39| 40| 41| 42| 43| 44| 45| 46| 47| 48| 49| 50| 51| 52| 53| 54| 55| 56| 57| 58| 59| 60| 61| 62| 63| 64| 65| 66| 67| 68| 69| 70| 71| 72| 73| 74| 75| 76| 77| 78| 79| 80| 81| 82| 83| 84| 85| 86| 87| 88| 89| 90| 91| 92| 93| 94| 95| 96| 97| 98| 99| トップ|

QR
ページのトップへ戻る