yura-link

激安ショップナビモータウンモールです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

HOME » 電子書籍

グローバル株式投資ガイドブック―新興国・資源国株式市場の展望 1344 価格、比較LINK 戻る 世界主要30市場とそれらの主要上場企業100社以上をカバーし、グローバル株式の投資戦略を示す。資源国・新興国を中心に分析し、マクロのみならず個別企業の分析を重視。【主な内容】第1章 なぜ、今、グローバル株式投資なのか/第2章 BRICs時代からアジア新興国時代へ/第3章 アジア新興国時代の到来/第4章 急拡大する資源国株式市場/第5章 ハイテク企業が牽引する米国株式市場/第6章 揺れる欧州株式市場の中で光る企業/第7章 グローバル株式投資のノウハウ
群緑の時雨 <三> 450 価格、比較LINK 戻る 隣国の式桜国との戦はまだ終わってはいなかった。すでに式桜国へ向けた第一陣、第二陣は消息不明となり、家老からの密命で第三陣の一員となった霖太郎と府介。その話を聞いた伊都さんは、当然の顔をして一緒に付いてきてしまう。道中、先陣の生き残りに遭遇した霖太郎たちは裏切り者の存在を知ることになる。
群緑の時雨 <四> 450 価格、比較LINK 戻る ついに式桜城にたどり着いた霖太郎一行。式桜城からの砲撃を警戒する一行は、闇夜にまぎれて潜入を試みる。しかし無事城に入れたのは霖太郎式と府介、伊都さんに勘解由の4人だけだった。式桜の家臣が命をかけて守ろうとしたのは何だったのか、霖太郎は城の中で驚愕の事実を知ることになる。
経済学者たちの闘い(増補版)―脱デフレをめぐる論争の歴史 756 価格、比較LINK 戻る 経済学者とは何者か? 18世紀以降、経済学者たちは繰り返す不況を解決し、既得権益を打破しようと、論争・奮闘を繰り広げてきた。市場経済や自由貿易といった現代の仕組みは、そうした中で勝ち取られたものだ。 そして、現在の日本。デフレは十数年に及ぶ。その処方箋としてリフレーション政策がようやく第一歩を踏み出した。我々は今、新たな闘いの目撃者となる。増補版には、書き下ろし「リフレ戦記」43ページを追加。
経済人類学 1103 価格、比較LINK 戻る 経済活動の人類史的意味を原始社会にさかのぼって明らかにし、広大な時間的空間的視野の中で、“経済的営為”の本質を考察する新しい学問、経済人類学の初めての体系的入門書。【主な内容】第I部 深層への回帰 1 経済人類学とは何か 2 経済人類学の諸潮流 3 ポランニーの経済史学 4 歴史認識におけるシンボリズムとコスモロジー 5 文化人類学における経済人類学第II部 交換・貨幣の両義性 6 沈黙交易 7 貿易港と対外貨幣何か 8 貨幣の起源と本質──文明と貨幣── 9 貨幣のシンボリズム第III部 領野を超えて 10 魔力・経済倫理・法 11 聖性と魔性の異人たち──民俗学への視座── 12 実在的認識論の世界
現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート―「6パターン、5ステップ」でどんな難問もスラスラ解ける! 1218 価格、比較LINK 戻る 1000問のフェルミ推定を研究し戦略コンサルに内定した東大生グループが、フェルミ推定の解法を体系化。大胆かつ緻密な論理プロセスの構築方法をだれにでもわかりやすく解説!【主な内容】PART1 1000問解いてみてわかった!フェルミ推定6つのパターンと5つのステップ/chapter1 フェルミ推定の基礎体系/chapter2 フェルミ推定の基本5ステップPART2 6+1パターン15問のコア問題で、地頭を効率的に鍛える!
現代政治の秘密と構造 1260 価格、比較LINK 戻る 日本の政治を動かす原理や構造の分析に焦点をあてるとともに、その背景である日本的政治風土についても鋭く分析。現職代議士の手による渾身の永田町レポート。【主な内容】第一章 小渕政権とは何ぞや──自民党政権論──第二章 政治家は「選良」か──政治家論──第三章 「政治とカネ」の俗説を排す──政治資金論──第四章 政策決定のメカニズムを解く──政策決定過程論──第五章 日本的人事の「秘密」──政治人事論──第六章 大派閥の走狗となる大新聞──政治ジャーナリズム論──第七章 都知事選に見る無党派の正体──現代政治状況論──第八章 新井将敬の「孤独死」を悼む──政治活動論──
原発はやっぱり割に合わない―国民から見た本当のコスト 1344 価格、比較LINK 戻る 3.11の福島原発事故を受けて、原発のあり方が問われている。著者は、経済学者として長年にわたって、原発の「安価神話」に疑問を呈し、原発の経済性を研究し、実証研究で喝破してきた。本書では、多くの人がいだくであろう、「原発は最も安い発電方法なのか?」「脱原発で日本経済は悪くなるのか?」「税金や電気料金からどれだけ原発に回されているか?」「賠償や除染はどうなるのか?」「再生可能エネルギーはあてにならないのか?」といった疑問にわかりやすく答える。納税者として、電力利用者として、未来のために知っておきたい原発の真実がここにある。
コ・イノベーション経営―価値共創の未来に向けて 2268 価格、比較LINK 戻る 「世界でもっとも影響力のあるビジネス思想家」の名著復刊企業による価値創造から個人とともにイノベーションを起こす「コ・イノベーション」の時代へ。今までも企業は顧客の声を聞かなければならない、と言われていたが、それは企業主体の考え方であった。これからの時代は、顧客と一緒になって新しい価値を生み出す「価値共創」の時代が待っている。本書では、多くの企業事例をもとに未来の企業間競争の多彩な選択肢を提示されている。本書は、 新しい経営コンセプトを世界に発信し続けた、故・プラハラード博士の名著『価値共創の未来へ』を改題し、復刻したものである。一橋大学教授の一條和生氏による「解説」を新たに収録する。ソーシャルメディア、オープンイノベーション、BOP市場など、今日の世界を予言した古典的名著。
ここまでわかった! 邪馬台国 450 価格、比較LINK 戻る 卑弥呼の居館発見か?2009年、奈良県桜井市の纒向遺跡における大型建物跡の出土は、新聞・テレビを騒がせる一大発見となった。一方で、吉野ヶ里遺跡を抱え、邪馬台国候補地として不動の地位を誇る九州地域についても、ますます研究は深まりをみせている。邪馬台国はどこだ? 謎を解くカギとなる『魏志』倭人伝の全文・読み下し・現代語訳・注釈・解説を収録。研究の最前線に立つ著者による、畿内説・九州説の徹底検証に加え、全国の比定地を紹介、さらには邪馬台国と卑弥呼の実像など、日本史上最大の謎に迫る決定版。※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。
子どもの教養の育て方 1176 価格、比較LINK 戻る 知の怪物 VS 五児の母政治家――。【読書・読む力】読ませる本をステップアップさせていく秘訣【書く力】文章は「起承転結」で書いてはいけない【聞く力】「聞く力」を育てるには反復と暗記が重要【話す力】「読む」「書く」「聞く」すべての能力が連関した「話す力」【家庭学習】成績があっという間に上がる学習法【習い事】習い事は習字がおすすめ【受験勉強】「勉強のできる子」と「頭のいい子」は違う【中学受験】毎日机に3時間向かわせる習慣をつける【高校受験】志望校選びは偏差値+校風も見て【大学受験】「入学歴社会」から本当の「学歴社会」へ【社会人】数学を勉強し直すためにおすすめの本【情操教育】保育園・幼稚園で宗教系をすすめる理由【家庭環境】動物行動学から学ぶ子どもへの接し方【ゲーム】大事なのはゲームより面白いことを見つけさせること【社会で生きる力】お小遣いはお金教育の第一歩
コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす 1512 価格、比較LINK 戻る ビジネスにおいて、模倣はイノベーションと同様に重要である。模倣はイノベーションよりも早く安く商品ができるうえ、低リスクで収益性が高い。企業の資金や時間といったリソースを他社製品のサービスや市場の研究に当て、クリエイティブな模倣に集中でき、少ない労力で大きな利益をあげることができる。しかし、多くの企業はイノベーションを主軸としたゼロからのオリジナルのヒット開発に莫大なリソースを投じている。本書では、模倣は今日の重要なビジネスモデルであることを、多くの事例とさまざまな観点から解き明かした「後発者のための戦略」である。本書で取り上げるのは、アップル、IBM、ウォルマート、サウスウエスト航空、グラミン銀行など。後発企業だからこそできる製品、サービス、ビジネスモデルの発展こそが社会へのイノベーションを生み出す。世界10カ国語に翻訳されている異色の経営論。日本語版として、日本企業の事例と分析の書き下ろしを収録。
コーチング・バイブル(第3版)―本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション 2184 価格、比較LINK 戻る 世界標準のトレーニング・プログラム 待望の最新第3版!◇本書を要約するならば、コーアクティブ・コーチングを効果的に行うための関係とはどのようなもので、そうした関係を構築する上で必要なものは何かを理解し、それを実践するための包括的なアプローチを紹介したものだと言えるでしょう。本書の系統立った構成にしたがってコーチングの実例および実践的な演習に取り組んでいただければ、きっと読者の皆さんは自らのコーチング力を高めることができるはずです。◇本書は、プロのコーチとしてさらに知識を広げ、能力を高めたいと思っている人たちはもちろんのこと、コーアクティブ・コーチングというこの独特のモデルを使って、大切な人たちとの大切な対話にコーチ的な関わりを活用したいと考えている人たちのために私たちが世に送り出したものなのです。
CODE:RED コード:レッド 1 450 価格、比較LINK 戻る 21世紀の初めに北海道と樺太の間に生まれた新しい島「ヒイズル・I」。その島の職業訓練学校に通う火狩陽色は、爆破テロ事件に遭遇した際に、同級生の黒江ミズキに助けられる。事件をきっかけに黒江に憧れを抱いた火狩は、黒江の所属する「北方警護隊」に仮入隊するが……。ガールミーツガールの美少女ガンアクション!
CODE:RED コード:レッド 2 450 価格、比較LINK 戻る 21世紀初頭に北海道と樺太の間に生まれた新島「ヒイズル・I」は独自の治安維持部隊を持つ。その名は「北方警備隊」。対テロ戦の最前線を舞台に、超一流の隊員たちを束ねる第一分隊の隊長・黒江ミズキと、彼女に命を救われて「北方警備隊」入隊を志願した天真爛漫な素人少女・火狩陽色の二人が繰り広げる美少女ガンアクション、ついに完結!
5年後、メディアは稼げるか?―MОNEТIZE ОR DIE ? 1008 価格、比較LINK 戻る 米国の新聞社・出版社が繰り広げている「血みどろの生存競争」が日本にやってくる!4カ月でビジネス誌系サイトNo.1に導いた東洋経済オンライン編集長が予見するメディア・サバイバル今、日本と世界のメディア界は、大きな岐路を迎えている。今後5年、メディア業界は100年に一度といってもいい激震を経験するはずだ。では、ウェブのさらなる進化などによって、メディアの形はどう変わっていくのか。ネットメディアを運営するプレーヤーの目と、業界を分析するジャーナリストの目から、「メディア新世界」の姿を予測する。・8~9割のメディア人はデフレに・テクノロジー音痴のメディア人は2流・日経以外の一般紙はウェブで全滅する・有料課金できるメディアの条件・起業家ジャーナリストの時代がくる・最後のガラパゴス業界が激変する・欧米メディアの“血みどろ”の戦い・これからはコンテンツとデータが王様・5年でデジタルは端役から主役に・一番偉いのは、新しい“稼ぎ”を創る人・新時代のカギを握るのは、30代・“のっぺらぼうメディア”の終わり・ウェブと紙の6つの違い・紙の本はそのまま残る?・雑誌が紙である必要はあるか?・次世代ジャーナリストの10の生き方・記者は没落、編集者は引く手あまた・ウェブメディアの8つの稼ぎ方・どうすればネット広告は儲かるか?・サラリーマン記者・編集者の終わり
3か月でやり直し! 英語モジュール学習法 1260 価格、比較LINK 戻る 英語はモジュール(部品)に分けて学ぶとカンタンに学べる!英語学習をいくつかのパーツに分解し、徹底的に学習することで、トータルの英語力を上げる独自の学習法を紹介。大手一流企業で続々導入済み。「やり直し」に最適な学習法の内容とメソッドを紹介。
30代で絶対学んでおくべき心理術 1176 価格、比較LINK 戻る ここでやらねば、いつやるのだ!これからの人生に大きく差のつくこのテクニック▼「貧乏くじ世代」=「30代」に贈る!社会や会社で中心となるべき30代が、いま、不遇だ。なぜなら、・就職氷河期で、希望の会社に入れなかった。・入社後は成果主義の導入で短期的な成果で競わされた。・社内のOJTが機能せず、育成がおざなりで、ほったらかし。・実力を発揮するポストが不足。・リーマンショックで転職市場も冷え込んだ。以上のような環境のためか、30代は「あきらめ感」が漂い、「貧乏くじ世代」と揶揄されている。しかし30代からあきらめていていいのだろうか。これでは社会も職場もよくなるわけがない。自分を奮い立たせ、仕事や会社で、そして社会で影響力をもつ人となるための方法はないのだろうか。カリスマ心理学者が、心理術の面から、だれでも簡単にすぐに使え、効果が出る方法を説き明かす。
30代でチームのリーダーになったら最初に読む本 スコラ式変革入門 リーダーシップ・ルネッサンス! 999 価格、比較LINK 戻る ▼30代のビジネスパースンのなすべきことは?20代は目の前の仕事にがむしゃらに取り組むことで許されるが、30代は「会社を変える仕事」が大切な仕事になる、と著者は言います。しかしチームのリーダーになってメンバーを引っ張るということをいままで経験していないし、どうすれば人は動いてくれるかわからない・・・。30代ビジネスパースンは誰もがそんな悩みを持つでしょう。▼「会社を変える仕事」って何?「会社を変える」とはどういうことなのでしょうか。著者の岡村氏はこのように述べています。●自分たちの会社の商品やサービスに、今までとの「違い」を考え創り出していく●そのプロセスを経て、自分たちが「こうありたい」という姿の会社づくりをしていくこと▼ではどうしたらいい?30代は、仲間と共に「こうありたい」という会社にするために、「変革リーダー」になること、と著者は説いています。本書は、いい会社づくりを共にめざし1000人の変革リーダーと伴走した手腕をもとに、「変革リーダー」になるための考え方や手法を、実例を交え、わかりやすく解説していきます。ベストセラー『会社はなぜ変われないのか』(日本経済新聞出版社刊)の著者・柴田昌治氏やドラッカー研究家の上田惇生氏も強く推薦する書です。
シェールガス革命で世界は激変する―石油からガスへ 1260 価格、比較LINK 戻る シェールガスによるエネルギー大革命は、経済、産業、社会、国際政治……あらゆる分野に創造と破壊をもたらす。この変化に乗り遅れた企業は10年先が危ない!石油危機の到来と終息を予見したエコノミストと、産業の最前線を知るジャーナリストが説く、大変化の本当の読み方――【未来はこう変わる】●シェールガスへの産業シフトで米国は大復活●日本の重厚長大産業がシェールガス革命を牽引●再生可能エネルギーは「冬の時代」を迎える●中東やロシアなど資源国は急速に凋落する●自動車は日本の技術力が世界を席巻する●公共交通の主役は鉄道から航空機に変わる●製造コストの低下で、デフレはますます深化する
シゴタノ!手帳術―クラウド&スマホ×アナログ手帳で人生を楽しく自由にする方法 999 価格、比較LINK 戻る 人気サイト「シゴタノ!」のメンバーが贈る手帳術本の決定版。「ほぼ日手帳」等の1日1頁形式の手帳を使いスマホ、クラウドを強化する方法も解説。【主な内容】1 クラウド時代の手帳との付き合い方2 毎日が楽しくなるほぼ日手帳の魅力とは?3 目指す未来へナビゲートする、フランクリン式ほぼ日手帳術4 自分の記録を蓄積する、ライフログ式手帳術5 手帳の機能を(補完+拡張)するクラウドツールたち
仕事ができる人の5日で身につく「伝える技術」改訂版 ビジネスで成功するプレゼンテーションの奥義 999 価格、比較LINK 戻る ビジネスで成功するプレゼンテーションの奥義プレゼン下手、人前で話すのが苦手な方に朗報! 「具体的で、実践的で、すぐに使える」という高評価のロングセラー『5日で身につく伝える技術』が、内容も新たにパワーアップして登場しました。(1)プレゼンをするときに盛り込む内容である「コンテキスト」、(2)どのように話をくみたてるかという「ストラクチャー」、(3)どのような表現技術を用いて相手に伝えるかという「デリバリー」の3要素に分解して、ビジネスで成功するためのプレゼンテーションの奥義を学びます。プレゼン研修の講師として4万人近いビジネスパーソンに指導をしてきた著者による「プレゼンのバイブル」です。
知って得する予防接種の話 630 価格、比較LINK 戻る 予防接種は効かない、副作用がある、と子どもに予防接種を受けさせない親が増えている。いわゆる「ワクチン嫌い」の人々だ。インフルエンザの予防接種による副作用問題、日本脳炎予防接種による死亡事故など不安が多いのも事実だ。しかし、世界的に見て日本は「ワクチン後進国」と呼ばれるほど、ワクチン行政が進んでいない。ポリオ生ワクチンから不活化ワクチンに切り替えられたことを契機に、二児の母で公衆衛生学の研究家である著者が、本書を執筆。日本の歴史や諸外国の実例を交え、日本人がなぜ予防接種に対し誤解を持つのかを探り、感染症予防のためにわれわれが何をすべきかをわかりやすく解説する。小さな子どもを持つ親御さんにもぜひ読んでいただきたい書である。
社員をバーベキューに行かせよう! 結束と成果はこうすれば生まれる 999 価格、比較LINK 戻る 「風とひとつになった会社」。MBA流のドライでクールな経営論が低調で飽きられているのには理由がある。上司と部下が共に居酒屋で会社の将来を語り、正月には同僚同士で新年会を行い、年内の抱負を語る――、そんな古き良き日本のよさを新しい形でもう一度取り戻せないか。そう歎息する人も少なくないだろう。寂寞の世の中で新たな絆を創造し成功しているのが、都田(みやこだ)建設(浜松市)である。都田建設は年率数十%の伸びを示し、パフォーマンスの卓越性から、全国でも一躍その名が知られるようになった。蓬台浩明は今話題沸騰の名物社長である。彼の方法はいたって簡単。週に一回晴れた日に社員全員でバーベキューを行う。そこで生まれるコミュニケーションが結束力ある組織を生み、ひいては企業の強さを生む。蓬台流のしたちょっとしたしかけだ。テレビ東京系「たけしのニッポンのミカタ!」で都田建設が毎週全員でバーベキューをする様子が紹介された。今注目されるそんな異色のマネジメント論のすべてを明かす。
社長のための「お客さま第一」の会社のつくり方―明日から職場を変える行動プログラム 1176 価格、比較LINK 戻る なぜ「お客さま第一」は上手くいかないのか?どうすれば、「お客さま第一」の会社がつくれるのか?・「お客さま第一」は儲けるための手段ではない・お客さまが一番求めているのは優れた商品やサービス・外部志向の会社と内部志向の会社の違い・「お客さま第一」の会社をつくる実践的プログラムとは・指揮官先頭で「小さな行動」を変える・「お客さま第一」の社員は、一人前でなく一流を目指す業績が上がり、社員が幸せに働くための 小宮式・経営の教科書「どうすれば、お客さま志向の商品やサービスが作れるのでしょうか?」「本当に、お客さま第一を貫けば、売り上げや利益に結びつくのでしょうか?」「お客さま第一が社員になかなか浸透しないのは、なぜでしょうか?」本書を読んで、地道にコツコツと努力すれば、必ず「お客さま第一」の会社はつくれます。けっして楽な道のりではありませんが、得られるものは、お客さまにも、従業員にも、経営者にも、そして社会にも大きなものです。本書が、自社を繁栄させるための教科書となり、ひいては、日本を繁栄させるための処方箋になることを願ってやみません。(「はじめに」より抜粋)
シャドーワーク―知識創造を促す組織戦略 2016 価格、比較LINK 戻る ビジネスパーソン個々人の問題意識や志にもとづく自発的な取り組みや挑戦=シャドーワークがパフォーマンス向上、企業の競争力向上に結びついていることをさまざまな具体例で紹介。【主な内容】第1章 シャドーワークがイノベーションを起こす/第2章 シャドーワークがもたらした成功事例/第3章 シャドーワークを阻む壁/第4章 シャドーワークを促進するマネジメント/第5章 シャドーワークを埋め込む
週刊東洋経済 2013年7月6日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】エリート教育とお金子どもがグローバル化に出遅れないためにはどんな教育が必要か。英才教育から中高一貫校まで、最大効果のある教育投資を探る。※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年7月13日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】セブンの磁力セブン-イレブン・ジャパンが再び成長路線に入っている。日常生活に必要な商品を増やし、他業界の領域を次々と侵食。PB開発では大手メーカーとタッグを組む。消費者もメーカーも、なぜ引き寄せられるのか。【第2特集】悩める韓国【第3特集】大衆薬に明日はない!?※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年7月20日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】最強メソッド&全人脈 マッキンゼー学校政治、企業経営からNPOまで、マッキンゼー卒業生の活躍が目立っている。彼らが共通して身に付けているスキルとは何なのか。その深奥に迫る。【第2特集】原発と東電 再稼動7つの争点※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年7月27日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】アンダー40才 大図鑑柔軟すぎる思考と行動が世代間の摩擦を生む。U40を大解剖。【第2特集】2014年卒 就活・採用 総まとめ※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年8月3日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】住んで損する街 得する街子育て支援、教育、高齢者福祉など意外に差がある行政サービス総点検。あなたの街の「サービスレベル」は? 住みたくなる街もきっと見つかる!【第2特集】沸騰アウトドア市場※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年8月10日・17日合併号 350 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】マンション大規模修繕完全マニュアル最初はピカピカのマンションでも、時間が経てば劣化する。新築時の状態に回復するための大規模修繕工事。いつやる、何をする、いくらかかる? 疑問だらけの大事業を、住民目線で解明する。【巻頭特集】中国逆回転【第2特集】2013年夏 経済書・政治書 ベスト30※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年8月24日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】ネット保険&共済特約だらけの複雑な保険よ、さようなら。「安くてシンプルな保険」が今やたくさんある。いざというときに頼れるうえ家計の負担にならない保険と共済に迫った。【第2特集】東芝売上高7兆円への課題※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年8月31日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】職場のお荷物か?戦力か?ワーキングマザー出産しても働き続けるワーキングマザーが増大中だ。職場の周囲や上司はどう向き合うべきか。政府の女性活用戦略も問われる。【第2特集】いま狙うべき株350銘柄【第3特集】士業崩壊※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年9月7日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】楽天vs.Tポイントヤフーと提携した共通ポイントの雄、Tポイント。そこに、ネット上で圧倒的なパワーを振るう楽天スーパーポイントが勝負を挑む。その驚愕の「仁義なき戦い」に迫る。【第2特集】来ちゃうぞ 2020年 東京五輪【第3特集】国際化するアメ横商店街※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年9月14日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】新成長ビジネス100これからの成長が期待できる8つの市場で、新たな製品・サービスを生み出している伸び盛り100社をピックアップ。これまでにない儲け方のヒントを探る。【第2特集】2015年 ASEAN経済統合と日本【カンパニー&ビジネス】ニコン 半導体露光装置で背水の大勝負※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年9月21日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】アップル再起動&電子部品サバイバルスマホ新製品が続々投入される中で、部品メーカーのサバイバル競争も熾烈さを増している。【第2特集】消費増税【カンパニー&ビジネス】どこで行き詰まったのか、マック“原田神話”の終焉※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年9月28日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】物流最終戦争日本の物流業界の勢力図は、ネット通販の巨人、アマゾンが決めている。佐川急便の取引返上の深層とは。そして王者ヤマト運輸は次世代戦略をどう描く。【第2特集】激変!コーヒー市場最前線【スポーツ&リーダーシップ】立花陽三・楽天野球団社長※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年10月5日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】株・投信の攻め方 守り方東京五輪決定という追い風を受けて株式市場に再上昇の兆しが現れた。しかし今度は簡単に勝てる相場ではなさそう。万全の準備で臨みたい。【第2特集】激震!派遣法改正【REPORT】構造不況の造船 海洋資源に走る※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年10月12日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】今、始めなきゃ! 就活就活解禁まで2カ月弱。これは長いようで短い。12月になって焦っても遅い。準備を始めるなら今だ。どこよりも早い就活の最新情報。【第2特集】金正恩の経済学※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年10月19日号 300 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】おもてなしで稼ぐ2020年東京五輪の開催決定もあり、インバウンド(訪日旅行)拡大への道筋ができつつある日本。外国人客を集め、賢く儲けるノウハウは何か。【第2特集】集中連載 鉄道がおかしい!※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
週刊東洋経済 2013年10月26日号 600 価格、比較LINK 戻る 【第1特集】相続税から葬儀まで いま知りたい終活限りある人生だからこそ、生前から準備しておきたい。相続税から葬儀・墓、遺言、そして終末期医療…。不安な時代を「終活」で乗り切る。【第2特集】集中連載 鉄道がおかしい!(2)※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。
ユニクロ 疲弊する職場―週刊東洋経済eビジネス新書No.01 210 価格、比較LINK 戻る 急成長を続けるユニクロ。一方で同社ではサービス残業が常態化、うつ病の罹患率も高い。グローバル企業の実像を追った。編集部から ~あとがき~ ユニクロ(ファーストリテイリング)を記事にするにあたって、柳井正会長兼社長の著作を何冊か読み直しました。『一勝九敗』『現実を視よ』『成功は一日で捨て去れ』……。どれもとても面白い。論理的な思考、理知的な語り口、経営への情熱。正直、日本の経営者でここまで読ませる人は少ない。この企業の強さと独自性をあらためて認識しました。しかし、です。長時間労働の実態や上意下達の企業風土については経済ジャーナリズムとして、ぜひとも指摘しておきたい事柄です。日本発のグローバル企業になる可能性があるからこそ、読者や社会にこの企業の現状を知らせたい、そう考えました。なお同社はこちらの取材要望にきちんと対応してくださったことを明記しておきます。
今さら誰にも聞けない株式投資の基礎の基礎―週刊東洋経済eビジネス新書No.02 315 価格、比較LINK 戻る 日本の株式相場にようやく明るさが出てきた。デイトレーダーらも年明けから積極参戦。信用取引の規制緩和もあって出来高も急増した。超低金利は長期化する見通しもあり、資産形成に株式を組み入れてみる価値はありそうだ。本書では、これから株式投資に挑戦してみたい読者へ向けて「基礎の基礎」をポイントを絞ってお伝えする。 まずは株式投資の魅力発見。○少額分散投資から始める。○株主優待だって魅力的。○マクロ経済で相場の全体像を見る。○信用取引を使い短期で稼ぐ。 一方、配当金や売買益には税金のことだって気にかかる。復興特別所得税や2014年の軽減税率撤廃やその緩和措置とは。「日本版ISA」ってなに。 締めくくりは、相場歴40年超の達人が日本株相場を語る。
シェール革命 米国最前線―週刊東洋経済eビジネス新書No.03 315 価格、比較LINK 戻る シェール層から採取する油やガス。米国に広大に眠る地下資源が同国の製造業を雄々しく復活させる。「革命」の現場の地上は拍子抜けするほど牧歌的。だが、地下深くで始まった「革命」は気が遠くなるほど長く、日本経済を揺さぶり続ける。 「絶対不可能」とされていた超微細のシェールガスやオイルの採掘が、水平掘りや水圧破砕など常識を超えた技術革新によって初めて可能となった。この革新によって化石燃料の寿命は数百年延び、18世紀の産業革命になぞらえ「革命」と呼ばれるゆえんだ。 米国で今、とてつもないエネルギー革命が起こっている。圧倒的に低廉・潤沢なエネルギーを手にした米国産業界は復権を確信し、リーマンショックの傷を忘れるほどの高揚感に包まれつつある。現地ルポで原油増産ラッシュに沸くバッケンの玄関口ウィリストン、建設ラッシュに沸くヒューストンをはじめ、米国製造業再生への可能性など最新事情をお伝えする。 一方、日本勢の動向は。日本がシェール革命に乗る第一歩は何か。米国産LNG対日輸出は実現するか。シェール革命の周辺で、関西電力のLNG調達で画期的な新契約とは何かなど、日本のエネルギー事情から日本企業への恩恵など本誌記者が発掘する。
ネット炎上の処方箋―週刊東洋経済eビジネス新書No.04 210 価格、比較LINK 戻る ソーシャルメディアの浸透とともに、多発するネット炎上。情報通信インフラの向上で、わずか数時間で一気に炎上することも。グローバル化を進める企業にとって、炎上の国際化は避けて通れない話です。ソニー・ウォークマンのブログ炎上、UCC上島珈琲、ゾゾタウン、…過去の事例から学ぶネット炎上の処方箋。炎上対策ビジネス最前線、ネット上の誹謗中傷の削除方法、個人・企業の注意すべきポイント、海外でのSNS事情など…。「匿名で書いてるブログだから大丈夫」「フェイスブックだから知り合いしか見ていないし…」というアナタ!どこかに情報を出すかぎり、炎上の可能性はなくなりません。これを読めばSNSを使用するうえでの注意やマナーがわかります!
アベノミクスと景気―週刊東洋経済eビジネス新書No.05 315 価格、比較LINK 戻る 安倍政権の発足以降、景気回復への期待が高まっています。今後日本経済は上向くのか? それはどのようなメカニズムで動くのか…。本書ではこれらの質問に答えます!「どうして円安が進んでいるのか、円高に戻るのか?」などなど…円安にまつわる疑問についてカリスマアナリストが解説!消費税増税で家計の負担はどうなるか? 子育て世帯、お一人様世帯、年金世帯など世帯別にシミュレーション。「TPP参加で日本の農業はどうなるのか?」、自民党内の賛成派と反対派のキーパーソンに直撃! 原発再稼働と電気料金の値上げについてわかりやすく解説。2013年度の日本企業の業績はどうなる?消費税増税を前に、住宅購入のタイミングはいつがお得か?すぐに役立つ景気解説本です。
あなたの知らない鉄道車両業界―週刊東洋経済eビジネス新書No.06 315 価格、比較LINK 戻る テレビが「日本の新幹線は世界一」と報じるとき、画面に映るのは必ずといっていいほど車両の映像だ。 だが、車両は“新幹線神話”を構成する要素の一つにすぎない。運転士、客室乗務員、駅スタッフ、架線や線路の保守作業員――。神話を築いたのはこうした無名の鉄道マンたちの努力なのだ。 海外への新幹線輸出にしても、メーカーや商社の努力があればこそ。国内のローカル線を支えているのは地域の住民たちであることも忘れてはならない。車両からだけでは決して見えてこない日本の“鉄道力”。鉄道ビジネスの現状と課題を徹底取材!JRとの系列化が進む鉄道車両メーカーの狙いはどこにある?/海外鉄道ビジネスを支える「総合商社」の実態/キャラクター列車が続々と登場する理由は?
衰退市場でもヒットを飛ばせる―週刊東洋経済eビジネス新書No.07 315 価格、比較LINK 戻る 「衰退市場」から意外なヒット商品が登場している。実はこの市場にこそチャンスが眠っているのである。衰退市場に共通するのは、「もはや打つ手なし」と企業自らが限界を作ってきたことだ。しかし、それは発想次第で覆すことができる。不振の原因は成熟化や少子高齢化と片付けるのは簡単だが、そうではなくまずマーケットの今のあり方を疑ってみることが大事だ。袋麺市場で40年ぶりに「サッポロ一番」から首位交代を狙う「マルちゃん正麺」、1年でシェアを倍増させた象印の南部鉄釜の13万円炊飯器、リバイバルして大ブームの「ラジオ体操」、大人に人気の「鉛筆シャープ」、必ず茶柱が立つ「茶柱縁起茶」などなど。衰退市場で生まれたヒット商品の成功の秘訣を探る。
新聞・テレビ最終決戦―週刊東洋経済eビジネス新書No.08 210 価格、比較LINK 戻る 消費税率アップを前に「食うか食われるか」「生き残れるか」「下位紙の突然死」など過激な言葉が飛び交う新聞業界。若者のテレビ離れで総視聴率の落ち込みが続くテレビ業界。どちらの業界も生き残りを懸けた最終決戦が始まっています。発行部数が右肩下がりの大手新聞各社は電子版を開始。本書では全国5紙・電子新聞の採点簿を掲載しました。視聴率の低落が止まらないテレビ業界では、「テレビ朝日の躍進」と「フジテレビの凋落」という大異変が起こっています。そんな中、意外にもテレビ局各社はこぞって「不動産事業」を育成しているという。他にも「高給取り」とのイメージのある、新聞・テレビ業界のリアル給料や、今や新聞業界に大きな影響を持つヤフーの戦略についてなど。新聞・テレビ業界の現状と今後の展開について解説します!

1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20| 21| 22| 23| 24| 25| 26| 27| 28| 29| 30| 31| 32| 33| 34| 35| 36| 37| 38| 39| 40| 41| 42| 43| 44| 45| 46| 47| 48| 49| 50| 51| 52| 53| 54| 55| 56| 57| 58| 59| 60| 61| 62| 63| 64| 65| 66| 67| 68| 69| 70| 71| 72| 73| 74| 75| 76| 77| 78| 79| 80| 81| 82| 83| 84| 85| 86| 87| 88| 89| 90| 91| 92| 93| 94| 95| 96| 97| 98| 99| 100| トップ|

QR
ページのトップへ戻る