yura-link

激安ショップナビモータウンモールです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

HOME » 電子書籍

ヤンキー消費をつかまえろ―週刊東洋経済eビジネス新書No.09 210 価格、比較LINK 戻る ヤンキーといっても、不良でもなければ、暴力、犯罪とも関係ない。地元を愛し、仲間と絆を愛する新保守層のことだ。地元愛や仲間愛は、東日本大震災も契機となって、日本に対する誇りに昇華した。絆LOVE、祭LOVE。かつてない保守的考えが若い世代に広がっている。 一方、そんな彼らの消費意欲は、実は予想以上に強いのだが、企業は彼らのような新しい消費層をとらえきれていない。 企業はいまだに団塊ジュニアを追いかけている。しかし、そんな団塊ジュニアも今や40歳前後になり、ほとんどは家族を持った。住宅ローンや子どもの教育費といった負担がのしかかり、若者的な消費を続ける余力がさすがに減ってきている。彼らに代わる若者消費の掌握が急がれるところだ。長らく主役不在の消費シーンに現れた新保守層の姿を追う。
どうした経産省!―週刊東洋経済eビジネス新書No.10 210 価格、比較LINK 戻る 安倍政権の黒子といわれている経済産業省。その実像と産業政策の問題点を浮き彫りにする。政権内の各官庁力学もわかりやすく説明。 経済最優先を掲げた安倍首相。金融緩和、財政政策、そして成長戦略を3本の矢とするアベノミクスはすでに流行語だ。また、黒田新総裁の就任もあり、日銀の動向と金融政策に大きな注目が集まっている。 一方、3本目の矢である成長戦略にはまだ不透明な部分も多い。その成長戦略を主導するのが経済産業省といわれている。事実、安倍首相は側近に経産省出身のホープを据えて、戦略立案の中核となる産業競争力会議にも、経産官僚を多数登用している。ところが動き出してみると、成長戦略は従来プランを脱せず、規制緩和も迷走ぎみだ。「経産省主導内閣」は機能しているのか、その内幕に迫るインサイドストーリー。
どう使う?ビッグデータ―週刊東洋経済eビジネス新書No.11 210 価格、比較LINK 戻る IT業界では、2011年~12年は「クラウド化」、12~13年はそれに加えて「ビッグデータ」がテーマだという。「ビッグデータ」とは何なのか。どう使うのか。 スマートフォンやSNSの普及に伴い、そこから集まる口コミや購入・行動履歴などの情報が急増している。サーバーの能力向上によって、その膨大なデータを保存し、分析することが可能になった。今この「ビッグデータ」によって、マーケティング、製品開発、防災などが変わりつつある。これまで、IT投資はコスト削減に使われることが多かったが、ビッグデータは売上高を伸ばすために活用できる。多くの企業が注目する理由も、そこにある。 では、先進企業はどのように活用しているのか。本書では、小売り、外食などの実例を見ながら、導入する企業側の目線でビッグデータを考える。
爆速ヤフーの突破力―週刊東洋経済eビジネス新書No.12 210 価格、比較LINK 戻る 営業利益率50%を超える超高収益企業ヤフー。そのヤフーが2010年代の営業益倍増に向け、抜本的な経営改革に乗り出している。 振り返れば2012年3月、ヤフーが新体制へ移行するという発表は唐突なものだった。サービス開始以来、15期連続増収増益を成し遂げているにもかかわらず、経営陣を大幅刷新。井上雅博社長ら経営陣は会長職などにいっさい就かないという内容は、一見不可解にも思えた。「爆速でヤフーを変える」。宮坂学新社長が掲げたこの言葉は、ヤフーの新体制を象徴するものとして認知されるまでになった。 日本のインターネットサービスの雄、ヤフーは今どう変わろうとしているのか。好調に見える彼らをそこまで駆り立てるものは何なのか。ヤフーの中枢部に密着した。
企業業績からみる日本株大作戦―週刊東洋経済eビジネス新書No.13 315 価格、比較LINK 戻る 息つくまもなく駆け上がってきた株価が、ようやく一休みした。5月23日、前日の日本銀行・黒田東彦総裁の記者会見を手掛かりに前場で1万6000円近くまで上がった日経平均株価は、後場に反転。前日より1143円安い1万4483円で引けた。明確な悪材料がない中で、中国の景況感悪化というニュースに反応して売りに走る投資家が増えた。 これまでの上昇は速すぎ、株価の調整はむしろ必然だった。多くの機関投資家が7月の参議院選前後に調整を見込んできた。問題は、そこから先も上昇トレンドが続くと見るかどうかだ。まだ、相場の上昇トレンドは続くと見る向きが多い。ただ、それはどんな株でも上がるということを意味しない。日本経済の構造変化に合わせて成長を遂げる企業と、そこから取り残される企業をいかに選別するか。ここからはそれが最大のテーマになるだろう。 株価の基本が企業業績にあることは間違いない。企業の業績は今後、どうなるのか。しっかりと押さえたうえで株式市場に臨みたい。
動き出した日本の富裕層―週刊東洋経済eビジネス新書No.14 315 価格、比較LINK 戻る 「日本の富裕層は地味な人が多い。ねたみ社会だから、いわゆる成金でないかぎり、目立つことはしない」。そんなおとなしい日本の富裕層が今、大きく動き出している。日本は実は富裕層大国。1億円以上の金融資産を持つ人は180万人いる。 夜景の見える高級レストランでフランス料理に舌鼓。富裕層の消費というとステレオタイプなイメージがつきまとうが、実際のところ日本の富裕層が求めているのは、おカネで買えるぜいたくだけではないようだ。富裕層がもっとも力を入れる投資は、宝飾品でもワインでも、株でもない。「富を継承する次世代の教育だ」と、富裕層にかかわる人たちは異口同音に言う。教育を筆頭に、彼らの3大関心事は、教育、投資、税対策だ。税制面では富裕層への課税強化が打ち出される一方、株高の追い風もあり、消費は活発になっている。 知られざる彼らの今をのぞいた。
パズドラの破壊力―週刊東洋経済eビジネス新書No.15 210 価格、比較LINK 戻る ダウンロード数が1500万件を突破し、ますます勢いに乗るスマホ向けゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」。1個100円弱のアイテム販売だけで、月商100億円を超えるお化けタイトルだ。ここまで成功した理由と今後の課題を、開発元ガンホーの森下一喜社長と山本大介プロデューサーへの単独インタビューで探る。 また「そもそもパズドラとは何なのか」の紹介に加え、夏野剛氏・マックスむらい氏への「パズドラのすごさ」に関するインタビュー、パズドラを追いかける国内外の競合アプリ、そしてゲーム業界の3強である任天堂・ソニー・マイクロソフトの巻き返し策、さらに未成年課金の問題も含めて、「パズドラ」を徹底分析した。
新・流通モンスター・アマゾン―週刊東洋経済eビジネス新書No.16 315 価格、比較LINK 戻る いつでもどこでも買い物できるアマゾンで、人々の日常は大きく変わった。本のネット通販から始まったアマゾンは、今や日用品や家電、ファッションなど品目を拡大。扱い商品は国内だけで5000万種類超、サイトには世界で3.6億人以上が最低月一度は訪問している。また、配送無料や当日配送も他社に先駆けて採り入れた。 顧客へのサービス提供を持続するための投資は積極的で、物流拠点は世界で69カ所を数える。IT関連費用は年間約29億ドル。2011年12月期の売上高は481億ドル(約3・9兆円)だが、営業利益率はたった1・8%にすぎない。目先の収益を犠牲にしてでも、徹底的に先行投資をするのがアマゾン流。 個人の生活を一変させる破壊力を秘めた“巨大なモンスター”について、創業者のジェフ・ベソズCEOや、ジャスパー・チャン日本法人社長へのインタビューに加え、急成長を支える物流体制の裏側、競合である楽天・ゾゾタウン・家電量販店各社の対抗策も含めて詳細にリポートした。
知られざる巨大市場・日本のLGBT―週刊東洋経済eビジネス新書No.17 210 価格、比較LINK 戻る LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーから、それぞれの頭文字を取った性的マイノリティを指す総称だ。性の「多様性」を表現するのに6色レインボーをシンボルにする彼らの存在を、日本でどれだけの人が知っているだろうか。 英国人では6%、日本では約4%がLGBTと言われている。約30人に1人と考えると、決して少ない数字ではない。実は日本でも、公務員や弁護士、有名企業などに勤める人の中に多くいるのだ。そのLGBT市場は6兆6000億円。意識している人は少ないが、最後に残された巨大市場といえる。 本特集ではLGBT基礎用語や、海外・日本の企業の取り組みや法整備の現状、さらにLGBTが抱える家庭の問題などをリポートしたほか、収録したマツコ・デラックス氏など識者インタビューを通じて、LGBTへの理解を深めてほしい。 (なお本特集は、社会とLGBTの架け橋を築いた人や団体に授与される「Tokyo SuperStar Awards」の2012年メディア賞を受賞した)
前人未踏の楽天「全解明」―週刊東洋経済eビジネス新書No.18 210 価格、比較LINK 戻る ネット通販の登場で「買い物のあり方が根本から変わった」と言っても過言ではない。IT活用のマーケティング理論を駆使し、新たな買い物市場を創出している。 とくに日本最大のインターネットショッピングモールである楽天は、1997年5月に13だった店舗数が、現在は4万を超す規模にまで成長。さらに約40の多様なサービスも抱えた「楽天経済圏」を介する、世界でも例のないモデルだ。 楽天といえば様々なポイント施策が有名だが、成長の理由はそれだけではない。大量の注文や納品をを支える物流体制や、“リアル”の世界への切り込み方、さらに各店舗向けに売上を伸ばすアドバイスをする「楽天大学」やECコンサルタントの実態などを、キーマンへのインタビューを交えながら詳しくリポートした。
不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19 315 価格、比較LINK 戻る 世界中で患者数が拡大している不妊症。一般に、2年以上避妊なしで性交しても妊娠しない場合、不妊症と診断される。 どの国でも不妊症を抱えるカップルが10~15%の割合で存在するといわれるが、日本の場合は“晩婚化”と“晩産化”が不妊を深刻化させている。 さらに人口の多い団塊ジュニア世代が40代に差しかかったここ数年は、不妊クリニックの患者が急増。現在、日本において不妊治療を行う施設は約600にのぼり、米国の500弱を上回る世界一だ。体外受精などの高度生殖医療(ART)の治療件数でも、日本は年間21.3万件と世界トップ。09年には、ARTにより2.6万人強の赤ちゃんが生まれており、今や「新生児の40人に1人は体外受精児」という時代なのだ。 本書では、専門家の意見を交えながら、不妊症の基本から、男性不妊・女性不妊の原因、不妊検査の流れ、治療戦略、不妊治療の体験談までをコンパクトにまとめた。
原発と東電 5つの争点―週刊東洋経済eビジネス新書No.20 210 価格、比較LINK 戻る 東京電力・福島第一原子力発電所の事故発生から2年半ちかくが経過した。同原発近くの港では、海水の放射性物質の汚染濃度が原因不明のまま上昇し、事故収束のメドは一向に立たないなか、全国の原発が再稼働に向けて動き出した。 安倍政権が成長戦略の柱の1つとして推進する原発輸出政策も問題含みだ。年内をメドにエネルギー基本計画を策定するとしているが、安倍政権が原発を将来的にどう位置づけるのか、方向はまだ見えない。中小企業は電気代値上げに苦しみ、事故収束に当たる労働者の不足も懸念される。3・11後、原発に起因する問題は何一つ解決したとはいえないだろう。 7月に投開票が行われた参議院選挙の争点の一つは原発再稼働の是非だったが、残念ながら論戦が深まったとは言いがたい。5つの争点を軸に、原発と東電をめぐる問題点を徹底検証した。
成長の終焉に悩む韓国―週刊東洋経済eビジネス新書No.21 210 価格、比較LINK 戻る アベノミクスに期待と不安を感じながらも株高・円安で一息ついている日本に対し、逆に不安だらけで日本を見つめている国が韓国だ。 安倍晋三、朴槿恵政権ともに、発足前後から続く外交的対立が経済面でも生じている。「アベノミクスは失敗する」と韓国メディアや有識者が批判すれば、日本も「韓国経済が危ういから日本を批判している」との舌戦が、半年以上続いている。では、そんなに韓国経済は悪いのか。 よく見ると、公約として掲げたが故の財閥規制と、経済成長の主役である企業をどう生かすかで苦心する朴政権の姿が見えてくる。円安が急速に進んだため、対応に手間取る韓国企業や国民の胸の内も垣間見える。 一方で、日本企業の韓国への直接投資がこの数年で急増し、韓国市場は日本企業にとって有望という現実も浮上。韓国がこの半世紀に受け入れた海外投資累計額で日本は2位。それだけ日韓の経済関係は成熟しているのだ。批判ばかりでこの関係を壊してしまうのか。今こそ、冷静に隣国との関係を見つめるときだ。
先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22 210 価格、比較LINK 戻る 安倍首相の鶴の一声で、ネット販売の原則解禁が決まった大衆薬。年初の最高裁判決以来、かつてないほど大衆薬が注目されているが、当の主役は戸惑っている、といった状況だ。市場規模は1兆円を少し上回る水準で、自動車の2%程度しかなく、長期的に縮小傾向が続く。周囲が成長戦略の目玉とはやす割に元気がないのである。 最大の要因は健康食品(健食)やサプリメントとの競合だろう。「大衆薬は摂取しすぎると危ない。健食やサプリは大丈夫」。もちろんこれは事実と違う。健食、サプリが原因の健康被害もあるし、逆に取りすぎて平気なものは効能が怪しい。それでもこうした妄信は根強くある。 本書では、ネット販売に揺れる大衆薬業界の動向に加え、胃腸薬や解熱剤などのカテゴリー別の状況を詳しくまとめた。
お受験・中高一貫 エリート教育最前線’13夏―週刊東洋経済eビジネス新書No.23 210 価格、比較LINK 戻る 若者の学力低下が懸念される日本だが、こうした中で優秀な生徒を集めたのが、私立の「中高一貫校」だ。6年間かけて勉強させるプログラムが見直され、難関大学への進学実績を積み上げていく。この動きに触発されて、公立でも一貫校の開校ラッシュが続いた。 さらに、全国から親子の集まる乳幼児知育スクールが注目を集めている。もはや「エリート教育は3歳までが勝負」の時代なのだ。 かつての開成→東大→財務省のような、約束された黄金ルートはもう存在しない。 本書では、幼児の英才教育から中高一貫校まで、教育現場の新しい姿を示した。これもグローバル時代の現実のありようである。
日本を支配するマッキンゼー人脈―週刊東洋経済eビジネス新書No.24 210 価格、比較LINK 戻る 経営者に助言を行うコンサルティングファームの代表がマッキンゼーだ。 マッキンゼーの出身者たちは緊密にネットワークされ、「マフィア」と呼ばれることもある。その関係から生まれるビジネスや事業は多い。また、ツイッター、ディー・エヌ・エー、ミクシィのSNS3強に、野菜ネット販売のオイシックスやiPS細胞関連のリプロセルなど、マッキンゼー出身者が経営する企業も多い。さらに茂木敏充・経済産業相、上山信一・大阪府市特別顧問など、国や自治体の中枢にも出身者のネットワークが広がっている。 マッキンゼーのいったい何がすごいのか。出身者による4つの誌上講義と日本支社長トップへのインタビュー、ライバルであるボストンコンサルティンググループとの対比などから、その深奥に迫る。
LINE大爆発―週刊東洋経済eビジネス新書No.25 210 価格、比較LINK 戻る ツイッターやフェイスブックを上回る猛スピードでユーザーを獲得しているスマホ向け無料通話・メールアプリのLINE(ライン)。それも日本だけではなく、世界中でユーザーが増えている。同じようなサービスが多々存在する中で、なぜLINEがここまで成長したのか――。 LINEが世界ではやる理由や、そのビジネスモデルの解剖、さらにこのアプリを生んだLINE株式会社の潜入取材やトップインタビューなどで、LINEの全貌を明らかにする。またローソンや首相官邸など、LINEを使ったコミュニケーションの最前線も紹介する。
30分でわかる「会社の数字」―週刊東洋経済eビジネス新書No.27 315 価格、比較LINK 戻る 会社の数字に強くなりたい──社会人ならば誰でも一度はそう思ったことがあるはずだ。数字を使わないで、取引先の安全性調査や投資計画の実行は至難の業だ。所属部署を問わず、デキるビジネスパーソンの多くは会社の数字に強い。 さらにいえば、優秀な経営者は例外なく数字にめっぽう強い。好業績を続ける会社では、大事な数字は経営トップの頭にすべて入っている。うろ覚えの数字では経営判断に支障を来す。あなたが経営幹部を目指すなら、数字に強いことは、求められる最低限の素養だ。 会社の数字が読めるようになるにはとにかく慣れること。習うよりも慣れろ──会社の数字ほどこの言葉が当てはまるものはないと、「会社の数字を読むプロ」たちは異口同音に話している。さあ、数字に慣れるための具体策を紹介しよう。
週刊東洋経済臨時増刊 生保・損保特集2013年版 900 価格、比較LINK 戻る 今号では「保険業の成長戦略」と題した特集を企画。保険金不払い問題、リーマンショック、東日本大震災など激変期を乗り越えた保険会社は、成長の機会を求めて新たなフェーズに入った。国内市場で人口減少が鮮明になる中、保険会社はビジネスモデルの再構築が求められている。生命保険分野では営業職員、保険ショップ、ネット生保などのチャネル間競争、損害保険分野では自動車保険の収支改善策を検証した。また、2012年度生保・損保各社主要財務データを一挙掲載。■目次■●協会会長インタビュー・佐藤義雄〈生命保険協会会長〉・二宮雅也〈日本損害保険協会会長〉●生保業界勢力図 株式相場に一喜一憂の1年、13年度は新商品競争が激化●損保業界勢力図 国内損保事業は収支好転、各社とも生保と海外が成長●生命保険編・激烈な競争が始まった・進化する生保営業のIT化・銀行窓販でもIT化の動き・検証・営業職員大改革・[生保レディ覆面座談会] 生保レディが指摘する業界の課題 ・改革の方向性を誤ると現場のやる気、落ちますよ!・大手はニーズ多様化を踏まえ、商品力とコンサル機能を強化・来店型保険ショップが直面する“成長のジレンマ”・保険ショップのサバイバル競争が始まる・成長の壁に直面したネット生保の苦闘・異次元緩和下における生保のリスクマネジメント・糖尿病患者から主婦向けまで 世界のユニークな保険最前線・TOP INTERVIEW 筒井義信 (日本生命社長)/渡邉光一郎 (第一生命社長)/ 根岸秋男 (明治安田生命社長)/佐藤義雄 (住友生命社長) 石井雅実 (かんぽ生命社長)/有末真哉 (三井生命社長)/ 佐藤美樹 (朝日生命社長)/米山好映 (富国生命社長) 田中勝英 (太陽生命社長)/喜田哲弘 (大同生命社長)/ 井原勝美 (ソニー生命社長)/外池 徹 (アフラック社長)/ 一谷 昇一郎 (プルデンシャル生命社長)/サシン・N・シャー (メットライフ アリコ会長兼社長)●損害保険編・自動車保険に改善の兆し新等級制度のインパクト・国ごとに日本流をカスタマイズ あいおいニッセイ同和のトヨタ保険・週刊 東洋経済増刊 生保・損保特集・3メガ損保が育成に本腰 今求められるグローバル人材・高まる地震リスク! 基本は地震保険、そこから先は?・
週刊東洋経済臨時増刊 瀬戸際の日銀 450 価格、比較LINK 戻る 安倍晋三政権の発足で日本銀行の金融政策がやり玉に挙がっている。 本書では、竹中平蔵慶應義塾大学教授、中原伸之氏、伊藤隆敏東京大学公共政策大学院院長などなど、日銀をさまざまな側面から見てきた専門家そして政治家に、今の金融政策について聞いた。また、「国内編」では、ヒートアップする日銀報道を正しく読み解くため、金融政策や物価の仕組み、デフレの構造など基本的なポイントを図解。解説のみならず、金融政策で後押しする「アベノミクス」の危うさも検証しており、「日銀」を知るためのあらゆるテーマが詰まっている。 さらに「世界編」を通して、“金融緩和競争”の様相を呈している先進国、新興国など各国中央銀行の意外な実態を知ることができる
週刊東洋経済臨時増刊 鉄道完全解明2013年版 450 価格、比較LINK 戻る テレビが「日本の新幹線は世界一」と報じるとき、画面に映るのは必ずといっていいほど車両の映像だ。だが、車両は“新幹線神話”を構成する要素の一つにすぎない。運転士、客室乗務員、駅スタッフ、架線や線路の保守作業員--。神話を築いたのはこうした無名の鉄道マンたちの努力なのだ。海外への新幹線輸出にしても、メーカーや商社の努力があればこそ。国内のローカル線を支えているのは地域の住民たちであることも忘れてはならない。車両からだけでは決して見えてこない日本の“鉄道力”の真髄を、この一冊に凝縮した。■目次■●メーカー&商社 海外展開の実態・動き活発な鉄道車両業界・川崎重工&日立 受注拡大への秘策・黒衣だけじゃない商社の仕事・インド新幹線は幻に終わるのか●新幹線の限界と浮上した新機軸・新幹線減速運行の裏事情・「フリーゲージ」実用化は可能か・リニア 誰もが知りたい本音の疑問Q&A・【COLUMN】 東京─大阪一挙開業はあるか・新幹線夜間物流で日本は再生する・安全運行を生むたゆまぬ努力●徹底取材で解明 鉄道会社の経営・鉄道四季報 202鉄道事業者のプロフィール・JR貨物に飛躍の可能性はあるか・独自試算で判明した特急の採算・デザイン列車の製造費と利益・【COLUMN】 キャラクター列車が続々と登場する理由・鉄旅は「乗る」から「楽しむ」へ・乗り放題きっぷの舞台裏●ローカル鉄道に希望は見えたか・知恵と工夫で鉄路を維持・三江線はバス転換されるのか・BRTにLRTの代役は務まるか・【COLUMN】 動き出す宇都宮LRT計画・バス化も? 動き出す被災路線・最新!! JR&私鉄 全路線収支●増殖止まらぬ都市鉄道の死角・安全の決め手は「簡易型」・全国地下鉄ビジネス最前線・交通系ICカードに残された課題・鉄道への憧憬がもたらす誤解●バリアフリー1000駅・歩いてわかった! 改札からホームまで何分?・主要1000駅のバリアフリー状況と利便性●TOP INTERVIEW・冨田哲郎/JR東日本社長・根津嘉澄/東武鉄道社長・若林 久/西武鉄道社長
週刊東洋経済臨時増刊 ネット通販大解明! 350 価格、比較LINK 戻る ネット通販の登場で「買い物のあり方が根本から変わった」と言っても過言ではない。IT活用のマーケティング理論を駆使し、新たな買い物市場を創出している。対する既存のリアル陣営もネット通販強化に余念がない。成長市場としてのネット通販を、ユーザー、ショップ経営者、企業それぞれの側面から徹底解明する!図解:ネット通販の世界【楽天】日本最大のモール型通販サイト楽天市場/ポイント、カードの活用術。Kobo、スマホ…次の戦略kobo/カラフルな3機種勢ぞろい。ベストセラー1000冊電子化モバイル/バーコード検索とボイスサーチ注力楽天大学/ECは自動販売機ではない。一緒に学びヤル気引き出す物流/RFCを来年8拠点に。物流面でアマゾンを追撃ネットスーパー/生協やスーパーにないサービスと商品力で勝負物産展/ネットとリアルが融合店舗/仲間との情報交換が刺激。ページ作りのカギは熱意【アマゾン】世界最大のネット通販帝国[Interview]/ジャスパー・チャン/アマゾン ジャパン社長ショッピング/有料・無料サービス大検証。使い方、注意点をチェックお得・便利・納得/アマゾン徹底活用術ファッション/いつでも返品無料。サイト画面に工夫キンドル/ハードでは儲けない。次機種は年末発売か物流/ネット通販の巨人は他を圧倒する「物流帝国」出品コスト/出品作業は最短15分。中古品の写真に課題【ヤフー】爆速提携でライバル追撃ショッピング・ポイント/Tポイントに7月統合。モバイル強化を鮮明にヤフオク!/中古品の買取スタート。「リユースの時代」に対応復興デパートメント/震災で高まったネットの力。地元業者と共同で商品開発LOHACO/メーカーとPB商品開発。夏に日用品4万点を追加【リクルート】ポンパレモール/儲けは追求しない! 既存会員活性化の場専門サイト/ポンパレにないこだわりサイト【キラリと光るEコマース戦略】キュレーションEC/個性的な目利き力で売る。「MONOCO」キュレーションEC/センスの合う同士を結ぶ「Sumally」O2O/「スマポ」発信機で確実に来店捕捉。次は顧客別にアプローチO2O/実店舗と組んだメガネ専門通販「オーマイグラス」無料で出店/「BASE」簡単に手間なく開設。出店初心者に人気【成功するネットショップ講座
出版・新聞 絶望未来 1260 価格、比較LINK 戻る サドンデスか? 緩慢な死か?紙メディアの「最後の死」が近づいている!デジタル化・オンライン化が進展するなかで、日本では出版・新聞という紙媒体(プリントメディア)は、毎年1000億円の市場縮小を続け、2009・2010年に売上2兆円を割り込んだ後も、緩慢な死に向かって落ち込みは止まらない。デジタル化・オンライン化へとビジネスモデルの転換をはかっている米英では、主要新聞は紙への注力をやめ、自社サイトで課金モデルを運営している。出版社も電子書籍、電子雑誌の時代に入り大手の売上の3割をオンラインコンテンツが占めるに至っている。一方で日本では、新聞の課金モデルははじまったばかりで、電子出版も話題を呼ぶわりには市場として未熟である。世界のプリントメディア・電子書籍市場で何が起こっているのかを見通すとともに、日本で電子書籍が普及しない7つの理由を示したプリントメディアの未来像。Kindle&iPadminiの襲来で出版・新聞業界はどうなるのか? ヒット作『出版大崩壊』(文春新書)の著者が、最新データから、新時代のデジタルメディアを大胆に探る。
勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント 1260 価格、比較LINK 戻る 三手先を読む、三日先を予想しない/運の差じゃなくて、運をつかむ実力の差/負けない手を打っていては絶対に勝てない/いま持っている力は温存せずに早く使え/最終局面は反射神経が勝負を決める/画期的なアイディアはハイリスク/目先のことを一回否定してみよう……。 斯界で各々頂上を極めた棋士と冒険家。その異能の才が織りなす至言の数々に驚き、学び、愉しむ、珠玉の対談。冷静と熱情、至言と雄弁、すべてに対照的な二人が、相通じる勝負の「決断」を糸口に語る「問題解決力」とは? 勝負に、人生に、そして家族と、畏友はどのようにして、さまざまなハードルをクリアしてきたのか……。
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 1176 価格、比較LINK 戻る 今だから読みたい「食の安全」のバイブル――。廃棄寸前のクズ肉も30種類の添加物でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュは水と油と添加物。元添加物トップセールスマンが明かす加工現場の舞台裏。知れば怖くて食べられない。【主な内容】序 章 「食品添加物の神様」と言われるまで/第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品/第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?/第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある/第4章 今日あなたが口にした食品添加物/第5章 食品添加物で子どもたちの舌が壊れていく!/第6章 未来をどう生きる
初心者のための 経済指標の見方・読み方 1260 価格、比較LINK 戻る どの指標の、どこに着目し、何の目的で見ればよいか?GDP、経済成長率、法人企業統計、物価指数、鉱工業生産指数、在庫指数、日銀短観etc…。重要な経済指標を取り上げ、いつ、どこで入手でき、どこに着目し、何の目的で読めばよいのかを解説。数学力や投資力を鍛える経済の超入門書。
初心者のための資産運用入門 いますぐ始める自分とお金の成長戦略 1260 価格、比較LINK 戻る 「下げ相場」でもうろたえることなく、豊かな将来を設計するために知っておきたい中長期の分散投資の鉄則をわかりやすく解説。株式、債券、不動産などの資産クラスを、いつ、どの割合で組み合わせて資産配分し、ポートフォリオを組成したり、見直し(リバランス)たりすれば、ゆっくり確実にお金を増やすことができるのか。投資のプロが教えるやさしい入門書。
初心者のためのやさしい金融〔第2版〕 基礎からわかる90のキーワード 1260 価格、比較LINK 戻る 「初心者のための」シリーズ最新刊。銀行、証券、保険の仕事から、株価、為替レートの決まり方、サブプライム問題まで、金融の仕組み、役割から金融を取り巻く状況まで、金融の基本的知識を体系的に解説した入門書。リーマンショック後の動向を踏まえ加筆・修正した改訂版。【主な内容】第1章 金融とは何か/第2章 銀行の仕組みと役割/第3章 銀行以外の金融機関/第4章 中央銀行の役割と機能/第5章 企業金融の基礎知識/第6章 金融市場と市場価格/第7章 国際金融の基礎知識/第8章 わが国金融の歩み/第9章 わが国の金融の現状/第10章 サブプライム問題/第11章 基本的な金融関連用語/第12章 金融論の教科書から
知らないと損する会社と職場の歩き方 999 価格、比較LINK 戻る 人事のプロから見た上手な企業内の異動の方法と、転職の実践的ガイドブック。上司・同僚・後輩・派遣さん等の周囲に気を遣いつつ、損をしないで会社員人生を渉る方法を紹介。これからの「本当に重要な仕事スキル」=「人間力・転職価値・社内調整力」を高める方法が身につき、どんな時代でも生き抜ける! イマドキの「会社の歩き方」が学べます。
新版 ディズニーリゾートの経済学 999 価格、比較LINK 戻る 2013年4月、東京ディズニーランドは開業30周年を迎える。累計入場者数は5億人を超え、日本人ひとりひとりが5回以上訪れたことになる。東京ディズニーリゾートは、世界に5つある「ディズニーパーク」のなかで、もっとも集客数が多く、収益世界一の遊園地ともいわれている。本書は、常勝を続けてきた東京ディズニーリゾートの戦略を解明し、これからどこへ向かおうとしているのかを探る。さらに、東京ディズニーリゾートがこれほどまでに日本人に受け入れられてきた時代背景、社会的要因をも分析し、成熟消費社会・日本の深層を考える。著者は、ロングセラー『ディズニーランドの経済学』(朝日文庫)の著者であり、ディズニーランドを経済的視点から分析した草分けとして知られる粟田房穂氏。
新版 図解 仕事ができる人のノート術―アイデアマラソンが仕事も人生も豊かにする 1260 価格、比較LINK 戻る 書けば書くほど思考がまとまる! アイデアが浮かぶ!ノートの使い方によって、人生を変えることができる。仕事や勉強を劇的に進歩させるノートを使った創造力養成プログラムとして有名な「アイデアマラソン」の創始者による画期的なノート術の本。「アイデア発想ノート」「会議・商談の議事録」「業務日誌」「デジタル報告書」「外国語学習ノート」などのさまざまなノートを紹介するとともに、できる人がノートをどのように使っているかを具体的に紹介しました。クラウドを活用することによって、アナログノートを最強のデジタルツールにするノウハウを加えた、クラウド時代のデジタル活用のヒントを加えパワーアップした最新版。
自宅は会社に買ってもらえ!―社長が会社を使って資産を残す方法 1344 価格、比較LINK 戻る ストーリー仕立てで学べる、小さな会社の節税テクニックの本。「おカネは個人 モノは会社」の法則に従えば、たいした利益の出ない会社でも事務所用マンション位の資産は残せます!【主な内容】1章 まずは個人事業から始めよう/2章 さぁ会社設立にトライしよう/3章 会社をうまく使って資産を作ろう/4章 会社の使い方 こんなときどうするQ&A
10年後もワクワクできる 20代の未来改造計画 1008 価格、比較LINK 戻る 20代が抱える「不安」を糧に、他人に支配される働き方から自分で決める生き方に舵を切る5ステップを紹介。年間416時間を会社から取り戻し、10年後もワクワクしながら生きるための方法を解説する。【5ステップ】・〈自分へのアポ〉で人生を取り戻そう・20%の時間を〈じぶんR&D〉に割り当てよう・あえて〈火中の栗〉を拾おう・活躍の〈舞台〉を広げてほんもののノマドになろう・〈自分哲学〉を発見しよう
上司のための印象10倍アップ服装術―読むだけで仕事に活きる「服選び」「着こなし」「身だしなみ」 999 価格、比較LINK 戻る クールビズの季節到来! 理想の上司のスタイルは、大人の装い+清潔感。元カリスマ販売員が教える、いつまでも若々しく見られる大人の男の装い術で、できる男にイメージチェンジ。【主な内容】第1章 大人の男の装い【スーツ・ジャケット編】/第2章 大人の男の装い【シャツ・ネクタイ編】/第3章 大人の男の装い【小物編】/第4章 大人の男の装い【休日編】/第5章 大人の男の装い【ヘアスタイル編】/第6章 大人の男の装い【身だしなみ編】/第7章 理想の上司のスタイル
自律神経を整える 「あきらめる」健康法 819 価格、比較LINK 戻る 「健康な体になるためにあきらめる」とはどういうことか?医師、小林弘幸が提唱する病気にならない生き方、考え方。自律神経を深く知り、最大限に生かすよう心と体の整えることで、あなたの人生は輝いたものになる。
人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる―人生でいちばん大切な3歳までの育て方 1092 価格、比較LINK 戻る 体と心を動かす「脳」は、3歳までに約80%完成する!・思いやりがある、他人を信頼できる、上手に人間関係が築ける……etc・前向き、ストレスに強い、我慢強い、感情や想像力が豊か……etc行動も性格も3歳までの環境次第!? 最新の脳+こころの科学で「3歳児神話」を解明!小児科医師として25年にわたり、4万7000人以上の新生児、2万2000以上の家族と接してきた著者によるはじめての1冊。医療関係者のみならず、助産師や保育士、教育関係者からも熱望されていた、待望の書。【「はじめに」より抜粋】 たとえば、クーラーのきいた部屋で育った子どもは、体温調節が苦手になることがわかっています。汗をかくための能動汗腺の数は、2歳半までにいかに暑さを経験したかによって決まるからです。同じように、たくさん抱っこされ、心地よさを与えられて育つと、自身も他者と触れ合い、心地よさを与えることができるようになります。 私たちの「心」が育まれる作業も、脳がつくられる胎児期のごく初期から始まり、3歳ごろまでにほぼその基盤が出来上がるといえるのです。
人生をやめたいと思ったとき読む本―マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ 1092 価格、比較LINK 戻る 「うつ」がぼくの命を守ってくれていた。▼うつ病でマンション最上階から飛び降り!サラリーマン時代に過労と心労から重度のうつ病となり、薬の数は多いときには1日10種類を超えた。それでもよくならず、挙句にはマンショの最上階から飛び降りてしまう。だが、奇跡的に命を取り留めた。しかし、その数ヵ月後には難病にかかり大腸全摘出。会社も退職・・・・・・。こんな悲惨な人生を誰が想像したであろうか。▼うつカウンセラーとして復活!そんな人生のどん底を約半年間で乗りこえ、薬からも完全に解放される。その半年後にはうつ専門カウンセラーとして起業、今では「死にたい」という人と日々向き合っている。「人生が救われた」という人も輩出している。命を自ら絶ちきろうとした著者の奇跡の復活をベースに、人生観が変わり人生を根っこから変える方法を説く。仕事や人間関係に疲れ切って、生きる気力が失せそうな人、うつっぽくて、人としゃべるのもおっくうな人、家族や友人にうつの人がいる方などにぜひ読んでいただきたい書である。薬害エイズ訴訟で知られる川田龍平氏(現・参議院議員)との対談も収録。
スイート・ポイズン―本当は恐ろしい人工甘味料「アスパルテーム」の話 1512 価格、比較LINK 戻る おなじみの人工甘味料の裏側が見えてくる!安全神話が次々崩れる今、米国で衝撃を与えた禁断の書、日本解禁!「低糖」「無糖」という魔法が引き起こす健康被害が白日の下に。・もともとは胃潰瘍治療薬として開発された・体重減少に効果的という経験的証拠はない・実験動物の脳に穴が空いた・胎児や乳幼児に脳障害を起こす可能性も・米国では4件の死亡例が報告世界でもっとも有名な人工甘味料アスパルテームの有害性を告発した1冊。「実際、食べたいと思う無糖の食品をすべて食べて、何の代価も払わないというわけにはいきません。長期的には、高い代価を支払い、健康を損なう恐れがあるのです。『食品テクノロジー』が、私たちを誤った道へとどんどんと導いています」と著者であるジャネット・スター・ハルは主張する。あなたが人工甘味料を使うかどうかは、個人的な選択であるのはもちろんだが、アスパルテームがもたらす可能性がある健康被害を知っておくのは、賢い消費者なるために必要なこと。そして、それを知るのに最適なのが本書である。
清々しい日本人 1260 価格、比較LINK 戻る 本来の日本人を思い起こす縁(よすが)として、謙虚に誠実に生き、尊敬された先人たちを紹介。僧侶でもある著者が、目先の欲望にとらわれず、心豊かに生きる価値を改めて問い直す。【主な内容】第一章 救済に生きた日本人/第ニ章 無私を貫いた日本人/第三章 安らぎを与えてくれる日本人/第四章 和の文化を創造した日本人/第五章 心の美を遺した日本人/第六章 世界で尊敬される日本人/第七章 信念を貫いた日本人/第八章 生き方を教えてくれる日本人
スタンフォード教授の心が軽くなる先延ばし思考 1134 価格、比較LINK 戻る 締切を守れなくても、結果は出せる!「先延ばしや」は実は働き者!明日を存分に活用しよう。イグ・ノーベル賞受賞の「意義ある先延ばし理論」であなたの人生が一変する。世界16カ国で刊行され、フランス、スペインでベストセラー入りした話題の書、待望の邦訳!こんなクセがある人は必読!●仕事の途中でネットサーフィンを始めてしまう●デスクもデスクトップも探し物に苦労する状態●完璧な仕事をする自分の姿を妄想する●締切にいつも追われている●先延ばししてクヨクヨする本書を読めば、自分に自信が持て、先延ばしグセとうまく付き合えるようになります。「先延ばし」したままで何もしていない人はほとんどいません。思い出してください。何かを先延ばしにしても、その代わりに別のたくさんのことをやり遂げているのではないでしょうか。やることリストに書いたことを全部できなくても、怠け者ではありません。先延ばしをする自分にクヨクヨするのではなく、先延ばしとうまく付き合う方法を説く、これまでにない本です。
スティグリッツの経済学 「見えざる手」など存在しない 1512 価格、比較LINK 戻る ジョセフ・E・スティグリッツ(米コロンビア大学教授、69歳)は2001年ノーベル経済学賞を受賞、その一方、現実の経済問題についても積極的に発言しています。本書はその経済理論と思想をわかりやすく解説した本です。著者はアメリカでスティグリッツとともに研究生活を送っていた藪下史郎教授です。ノーベル賞は「情報の経済学」という分野の研究に対して与えられました。それは、売り手と買い手が持つ情報に差があったり、市場の機能が不完全な場合に、経済的な矛盾が生じることを示す理論です。スティグリッツはそうした理論を基に貧困や不平等、繰り返す金融危機の背景を探り、解決策を提言します。その考え方は「現実の経済には『神の見えざる手』など存在しない」というもので、その点が市場の機能に最大限任せようとする新古典派経済学と大きく異なるところです。グローバル経済が抱える矛盾を、新たな視点で考える大切さを教えてくれます。一般ビジネスパーソンにも読みやすい内容です。
スティーブ・ジョブズ 偶像復活 999 価格、比較LINK 戻る スティーブ・ジョブズは、世界最初の本格的パソコン、マッキントッシュを世に出し、世界中に熱狂的なMacファンを生み出した。しかし、自らスカウトしたCEOジョン・スカリーとの争いの末、アップル追放の憂き目に遭う――。ジョブズの人生劇の最初の幕がそこで下りたとすれば、本書はその続き、「復活編」とでも題すべき「第2幕」を中心に描いた“非公認”ノンフィクションです。大いなる挫折を味わったジョブズは、2つめの会社ネクストコンピュータと買収したCGアニメ映画制作会社ピクサーの経営を通じて「武者修行」をし、タフな経営者・交渉人としての手腕に磨きをかけました。その実績をひっさげ、経営難に陥った古巣アップルのトップの座に返り咲きます。そして、「偶像(アイコン)」復活で力を得たアップルは、iTunes/iPodで音楽ビジネスに乗り出し、再び世界を熱狂の渦に巻き込んでいます。これだけでも十分劇的な人生ですが、それをさらに彩るのが、ジョブズの波乱万丈の私生活。養子としての生い立ち、インドでの放浪体験や禅・菜食主義への傾倒、数々の女性遍歴、最初の娘への複雑な感情、実母や実妹との出会い、妻ロリーンとの結婚等々・・・。ジャーナリスト出身の2人の著者は、実名・匿名の関係者への取材をもとに、生身の人間としてのジョブズの生きざまに迫ります。
捨ててこそ人生は開ける―「苦」を「快」に変える力 1260 価格、比較LINK 戻る 一遍上人が開いたことで知られる時宗(総本山・遊行寺)の法主(ほっす)を務める著者の初めての著書。著者は94歳という高齢でありながら、教団トップとして全国各地を飛び回り、重責を果たしている。一方で、自身を手本に、健康長寿の啓蒙活動にも取り組んでいる。そのバイタリティあふれる姿は驚異的であり、機知に富んだスピーチは多くの人々の感動を呼んでいる。そんな著者も、前半生は苦労の連続であった。小さな寺に生まれ、ほかの寺に預けられるなど厳しい幼少時代を経験。出征した東南アジアでは、野たれ死んでいく仲間を見送るなど「地獄鬼畜の苦しみ」を味わう。終戦後も、インドネシアの独立運動に巻き込まれ絶体絶命の危機に。それを乗り越え終戦を迎えたものの、連合軍に抑留され、理不尽な強制労働に従事させられる。終戦後2年を経て、ようやく日本への帰国を果たした著者であったが、今度は急性の肺結核により2度目の死の宣告を受ける……。こうした「生き地獄」を体験する中で、著者の支えとなったのが、宗祖・一遍上人のおしえであった。やがて著者は、どんな「苦しみ」も「快」に変える生き方を悟る。そして、尻上がりに幸せな後半生を送ることになり、小寺の出身としては異例の法主の座にまで上り詰めた。こうした94年間の実体験をもとに、「苦」を「快」に変え、本当の幸福をつかむための仏教の極意を分かりやすく解説したのが本書である。※健康長寿を叶えるための「十二快健康法」付き。
スピリチュアルの世界がよくわかる本 450 価格、比較LINK 戻る スピリチュアルという言葉は、もともと「魂に関係するような、聖なる」という意味を持っています。しかし、現在よく見聞きするスピリチュアルについては、何か怪しい思いを抱いている人も多いのではないでしょうか。本書は、科学ジャーナリストである著者が、スピリチュアルの世界を最先端の科学から解くとどうなるかを、人間関係や食事など、日常生活のトピックに即しながらわかりやすく解説しています。
スマホ時代のタスク管理「超」入門 1176 価格、比較LINK 戻る いつでもどこでも本当にやるべきことに集中できる!スマホ時代になって一気に脚光を浴びているのがタスク管理の技術です。紙では煩雑すぎて実行できなかったプロジェクト管理や未来の目標管理などをIT技術を駆使することで、誰でも手のひらで実行できるようになった時代の必須ノウハウを解説します。情報化時代の昨今、何から手をつければいいか分からなくなりがちですが、タスク管理を行えば、いつでもどこでも本当にやるべきことに集中できるようになります。本書はタスク管理の巨匠コンビが書いた初の入門書で、仕事を「仕組み化」し、習慣に変えるノウハウを一読で誰でも学べます。
図解90分でわかる! 日本で一番やさしい「財政危機」超入門 840 価格、比較LINK 戻る 国の借金とあなたの暮らしのつながりが、スッキリわかる!ベストセラー『「アベノミクス」超入門』の第2段!「アベノミクス」で、日本経済には回復の兆しが見え始めました。しかし、日本経済は1つ、大きなリスクを抱えています。それが、国が抱えている1000兆円を超える借金。日本の財政は今、危機的な状況に立たされているのです。と、ここまでは多くの方がご存じだと思うのですが、そもそもなぜ、国の借金は問題なのでしょうか?国の借金がかさんでいることは、私たちの生活にどんな影響を与えるのでしょうか?「財政破綻」が危惧されていますが、実際に破綻したら、いったい何が起きるのでしょうか?本書では、今さら聞けない財政問題のキホンを、経済の知識がない方にもわかりやすく解説します。経済のニュースは一見とっつきにくくて難しそうですが、一度キホンを押さえれば簡単に理解できます。本書で、日本の行く末を見通す眼を養っていただければと思います。
図解 財政のしくみ Ver.2―いっきにわかる財政危機の本質と問題点 1344 価格、比較LINK 戻る 「失われた20年」以降の「財政問題」にまつわる素朴な疑問から最新情報まで財政とは「数字に凝縮された国民の運命」であり、財政への無関心のツケや負担は最終的に国民に戻ってきます。日本の財政はもともと、右肩上がり経済を前提としていた制度でしたが、「失われた20年」以降には様々な制度の行き詰まりが顕著となっています。本書は、財政問題にまつわる素朴な疑問から最新情報まで、鳥瞰図的に全体像を理解するための羅針盤の役割を果たす入門書です。グローバル化を急速に進める金融問題と巨額債務を抱える財政問題の一体化、情報化社会の進展、少子高齢化などによる経済社会構造の変化などはどのように日本の財政問題に影響を及ぼしているのでしょうか? 世代や業種を超えて、素朴な議論から最新知識まで、財政危機の本質と問題点までいっきにわかる入門解説書
図解 シェールガス革命 1260 価格、比較LINK 戻る 100年に一度の超弩級の革命で、世界情勢・経済・産業のパワーバランスが激変!あなたは、日本の重厚長大産業の大復活を目の当たりにすることになる!!!◎アメリカは製造業の復活により、ブッチギリの最強国に復活する◎ガスを採掘し、運搬し、実際に使用するまでの全工程で日本企業の技術が「不可欠」◎日本からの高級素材、高機能部品がアメリカに激流のように輸出される◎航空機産業が自動車産業並みの規模に成長し、B787関連の受注だけで日本には5兆円以上のマネーが落ちる◎燃料電池車が一気にテイクオフ。最先端を行く日本勢は覇権を握る◎シェールガスによりとくに恩恵をこうむるのは重化学工業。昭和30年代に大活躍した企業の「三丁目の夕日」革命が起きる、他停滞するIT産業、盛り返す造船、鉄鋼、航空、鉄道、素材産業・・・・・・「勝ち組」と「負け組」が入れ替わる次世代のシナリオを見誤らないための「シェールガス革命」の全貌を図解方式で徹底解説。*シェールガス関連・お宝銘柄110社がひと目で分かるリスト付き
図解 退職給付会計はこう変わる! 1680 価格、比較LINK 戻る 2013年4月以降適用の年金積立不足のBS計上義務づけ新会計基準に対応した入門書の最新・決定版。日本基準とIFRS(国際税務報告基準)の改正内容を解説。具体的な対応例を示します。日本の退職給付会計基準は、2012年6月にIFRSと日本基準のコンバージェンス(共通化)を目標とした改正が加えられました。具体的には「貸借対照表での即時認識の導入」、「退職給付債務の計算方法の変更」、「退職給付制度運営に関する開示の充実」です。一方、IFRSの退職給付会計基準IAS19号も「透明性(=わかりやすさ)」をキーワードとして、2011年5月に「遅延認識の選択肢の排除(即時認識への統一)」、「退職給付に関する費用の要素ごとの分解表示」、「退職給付制度運営リスクに関する開示の充実」などの改正が行われています。本書では、日本基準の改正内容を中心に、IFRSの改正内容も併せて記述するとともに、「企業が基準改正にどのように対応すべきか」という点に関して、具体的にわかりやすく例示します。基準等の動向に関心のある方、経理・財務部門など関連業務担当者必読の書です。
図解 早く別れたいアナタのための離婚と財産分与―新・離婚時代を戦い抜く「傾向と対策」教えます! 1260 価格、比較LINK 戻る ベテラン弁護士が初めて明かす「戦略的離婚術」の全て。いかに準備し戦えば、離婚を勝ち取り財産を獲得できるかを、豊富なチャートで解説した画期的な本。【主な内容】序章 別れ話をする前に/第1章 離婚前に何を準備すべきか/第2章 協議離婚の戦略/第3章 調停離婚の戦略/第4章 裁判離婚の戦略/第5章 離婚の不安に答えるQ&A/第6章 離婚後の安寧/第7章 外国人の離婚

1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20| 21| 22| 23| 24| 25| 26| 27| 28| 29| 30| 31| 32| 33| 34| 35| 36| 37| 38| 39| 40| 41| 42| 43| 44| 45| 46| 47| 48| 49| 50| 51| 52| 53| 54| 55| 56| 57| 58| 59| 60| 61| 62| 63| 64| 65| 66| 67| 68| 69| 70| 71| 72| 73| 74| 75| 76| 77| 78| 79| 80| 81| 82| 83| 84| 85| 86| 87| 88| 89| 90| 91| 92| 93| 94| 95| 96| 97| 98| 99| 100| トップ|

QR
ページのトップへ戻る