アルベルト・アインシュタインの名言・格言

アルベルト・アインシュタインの名言・格言
アインシュタイン1879‐1955米国の理論物理学者。〜アルベルト・アインシュタイン〜
ユダヤ系。南ドイツのウルムに生まれ。〜アルベルト・アインシュタイン〜
スイスのチューリヒ工科大学を出て、1902年ベルン特許局技師となる。〜アルベルト・アインシュタイン〜
1905年特殊相対性理論、光量子仮説、ブラウン運動の理論、そして1907年固体比熱の理論を発表。〜アルベルト・アインシュタイン〜
1914年ベルリン大学教授、1915年一般相対性理論を完成。1921年ノーベル物理学賞受賞。〜アルベルト・アインシュタイン〜
1922年には来日し熱狂的な歓迎を受けた。〜アルベルト・アインシュタイン〜
日本では石原純の手で世界で最初のアインシュタイン全集が刊行された。〜アルベルト・アインシュタイン〜
1929年統一場理論を提唱。1933年ナチスに追放され渡米、プリンストン高等研究所員となる。〜アルベルト・アインシュタイン〜
1940年米国市民権を得た。1939年には核分裂が軍事的に利用される危険性があることを指摘。〜アルベルト・アインシュタイン〜
核分裂が軍事的に利用される事を危惧、ナチスが開発する可能性のあることをアメリカ、ローズベルト大統領に警告。〜アルベルト・アインシュタイン〜
平和運動、世界連邦運動にも尽力。アインシュタイン塔など。〜アルベルト・アインシュタイン〜
なぜ人間が世界を理解できるのか。これこそ私が永遠に理解できないことだ。〜アルベルト・アインシュタイン〜
理性と感情は異なるレベルにあります。異なるレベルにあるものは、対立させて軽重を計ることも、互いに比較することもできません。〜アルベルト・アインシュタイン〜
何が人を駆りたて、憑かれたように真剣に仕事をさせるのか。本当に謎です。誰のために? 自分のために? 人は結局のところ、すぐ消え去ります。同時代の人のために? 後世の人のために? 違います。それは依然として謎のままです。〜アルベルト・アインシュタイン〜
教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私は未来のことについては、決して考えない。未来はやがてきっとやってくるのだから。〜アルベルト・アインシュタイン〜
神の持っているカードを盗み見るのは難しいかもしれません。でも現在の量子力学が考えているように、神がサイコロを振ったり、テレパシーを使うといったことを、私は片時も信じません。〜アルベルト・アインシュタイン〜
人間性について絶望してはならない。なぜなら我々は人間なのだから。〜アルベルト・アインシュタイン〜
独創的な表現と知識の悦びを喚起させるのが、教師の最高の術である。〜アルベルト・アインシュタイン〜
この素晴らしい応用化学は労働を軽減し、生活をより容易にしてくれながら、なぜ我々に幸福をもたらしてくれないのか。答えは簡単である。我々がそれを有意義に利用するに至っていないからである。〜アルベルト・アインシュタイン〜
我々という言葉に疑問を感じる。誰も隣の人間と同じではない。〜アルベルト・アインシュタイン〜
いつだって、偉大な先人達は凡人達の熾烈な抵抗に遭ってきた。〜アルベルト・アインシュタイン〜
物事は全て、出来る限り単純にすべきだ。〜アルベルト・アインシュタイン〜
全体的破滅を回避するという目標は、あらゆる他の目標に優先せねばならない。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私は天才ではありません。ただ好奇心が旺盛なだけです。〜アルベルト・アインシュタイン〜
常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことだ。〜アルベルト・アインシュタイン〜
知性は、方法や道具に対しては鋭い鑑識眼をもっていますが、目的や価値については盲目です。〜アルベルト・アインシュタイン〜
空想は、知識よりも重要である。〜アルベルト・アインシュタイン〜
手は顔と同じほど、私に人の本質と性格を語ってくれた。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私の魂を作ったもの、それはモーツァルトでした。ある人が私に聞きました。「あなたにとって死とはなんですか」と。私は答えました。「私にとって死とはモーツァルトが聞けなくなることです」と。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私は望むときに旅立ちたい。命を人工的に引き延ばすのは邪道です。やりたいことは済みました。もう旅立つ時です。私はそれを優雅にやりたいのです。〜アルベルト・アインシュタイン〜
学問を究めること、一般に真理と美を探究することは、私たちがずっと子供であり続けることが許される領域なのです。
研究を職業とすることがいいかどうか。ひょっとすると学問は、妻であるよりも恋人である方が、雰囲気がいいデリケートな女性のようなものかも知れません。〜アルベルト・アインシュタイン〜
調べられるものを、いちいち覚えておく必要などない。〜アルベルト・アインシュタイン〜
ナショナリズムは小児病である。それは麻疹(はしか)である。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私は心からの決定論者です。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私の思考の世界が発展したのは、ある意味では(驚き)という感情を絶えず克服したからです。〈驚き〉とは、私たちの内に既にしっかりと確立されてしまっている概念の世界と、ある経験が矛盾するときに起こるように思えます。この矛盾がはっきりと強烈に経験されるたびに、今度はそれが私たちの思考の世界に力強く反応を及ぼすのです。〜アルベルト・アインシュタイン〜
利口な人は問題を解決する。賢明な人は問題を避ける。〜アルベルト・アインシュタイン〜
無限なものは2つ存在する。それは宇宙と、人間の愚かさだ。しかし、前者については断言できない。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私の考えでは概念、更には理論とは人間の心の自由な創造物です。〜アルベルト・アインシュタイン〜
宗教なき科学は跛行者であり、科学なき宗教は盲者である。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私は一神教を信じることができない汎神論者です。〜アルベルト・アインシュタイン〜
私は、理詰めで考えて新しいことを発見したことはない。〜アルベルト・アインシュタイン〜
相対性理論のきっかけはアーラウの自由な雰囲気で生まれました。それはあるイメージでした。思考実験と言ってもいいでしょう。何か謎をかけられたような、どこかはっきりとしない精神状態でした。白昼夢なのです。こんなふうでした・・・・。〜アルベルト・アインシュタイン〜