Welcome to PHP!

ゲーテの名言・格言

ゲーテの名言・格言
ゲーテ1749‐1832ドイツの詩人。〜ゲーテ〜
フランクフルト・アム・マインの名家に生まれた。〜ゲーテ〜
1770年―1771年シュトラスブルクの大学に学び、シュトゥルム・ウント・ドラングの理論的指導者であったヘルダーと接触。〜ゲーテ〜
抒情詩では(ゼーゼンハイム小曲)、戯曲(ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン)や小説(若きウェルターの悩み)を発表。〜ゲーテ〜
革新的な文学を創造した。1775年にワイマール公国の若い君主カール・アウグストに招かれ、やがて大臣、宰相となる。〜ゲーテ〜
1786年―1788年、(タウリスのイフィゲーニエ)(タッソー)など古典的作風の戯曲を完成。〜ゲーテ〜
叙事詩(ヘルマンとドロテーア)(1795年)が生まれた。〜ゲーテ〜
ドイツ古典主義の盛期を現出、教養小説の伝統を確立した、(ウィルヘルム・マイスター(修業時代))などの小説、(ファウスト)第1部やバラードを書く。〜ゲーテ〜
1789年以来同棲(どうせい)していたクリスティアーネと正式結婚(1806年)(詩と真実)(イタリアの旅)などの自伝的作品、(西東詩集)(マリーエンバート哀歌)など晩年の恋愛体験からの詩を書き、ウィルヘルム・マイスター(遍歴時代)(ファウスト)第2部も完成。〜ゲーテ〜
精神の普遍性と人格の調和ある発展を特色とする生涯、その芸術・思想が、後世に与えた影響はきわめて大きい。〜ゲーテ〜
人が何かを知っていると言えるのは、少ししか知らない場合だけです。多くのことを知るにつれ、疑いが増すのです。〜ゲーテ〜
自分に命令しないものは、いつになっても、しもべにとどまる。〜ゲーテ〜
憎しみは積極的な不満で、嫉妬は消極的な不満である。従って、嫉妬がすぐに憎しみに変わっても怪しむに足りない。〜ゲーテ〜
あなたたち自身の中を探しなさい。そうすれば、すべてを見つけることが出来るだろう。〜ゲーテ〜
何事につけても、希望するのは絶望するのよりよい。可能なものの限界を測ることは、誰にもできないのだから。〜ゲーテ〜
人間は、どん底まで落ちると、他人を傷つけることにしか興味がなくなるものです。〜ゲーテ〜
紙から得た知識、または紙に書くための知識は、私はあまり興味がない。学問の中にいかに多くの死んだもの、いかに多くの殺すものがあるかは、自ら真剣にその中に入っていくまで分からない。〜ゲーテ〜
不可能を欲する人間を私は愛す。〜ゲーテ〜
あせることは何の役にも立たない、後悔はなおさら役に立たない。前者はあやまちを増し、後悔は新しい後悔を作る。〜ゲーテ〜
一つひとつの色は、それぞれ独特の気分を心情に与えるものだ。
過去を知らないで現在を知ることは出来ない。〜ゲーテ〜
私たちはみな、過去を食って生き、過去がもとで亡ぶ。〜ゲーテ〜
愚者も賢者もどちらも害にはならない。いちばん危険なのは半端な愚者と半端な賢者である。〜ゲーテ〜
あらゆる技術をいかすのは最終的には精神だけだ。〜ゲーテ〜
美しいものは、世界のなかで孤立していることがあるものだ。〜ゲーテ〜
王様であろうと、百姓であろうと、自分の家庭で平和を見出す者が、いちばん幸せな人間である。〜ゲーテ〜
豊かさは節度の中にだけある。〜ゲーテ〜
望んでいたのもを手に入れたと思い込んでいるときほど、願望から遠く離れていることはない。〜ゲーテ〜
経験とは、人が経験することを望まないことを経験することにほかならない。〜ゲーテ〜
人間は常に迷っている。迷っている間は常に何かを求めている。〜ゲーテ〜
年をとることは秘術ではない。老年に耐えることは秘術だ。〜ゲーテ〜
本当の内面的な実在を持たないものは、生命を持たず、偉大であることもなく、また偉大になることもできない。〜ゲーテ〜
青春の過ちを老年に持ち込んではいけません。老年には老年の欠点があるのですから。〜ゲーテ〜
若い男性と女性は、変化を好むものです。そして、老いたひとほど変化を怖がるようになります。〜ゲーテ〜
自分自身の心を支配できない者に限って、他人の意志を支配したがるものだ。〜ゲーテ〜
私たちはみな、自分の理解できることだけしか聞いていない。〜ゲーテ〜
もし私が忍耐をしなかったなら、誰が私に忍耐をしてくれただろうか。〜ゲーテ〜
人は、理解していることについては、何も知ろうとしない。〜ゲーテ〜
芸術は人生と同じように、深く入り込めば入り込むほど、広くなる。〜ゲーテ〜
どうせ、人間はどんな瞬間にも満足はしないものだ。〜ゲーテ〜
楽しんでいる時とか悩んでいる時にのみ、人間は自分自身を知る。また、悩みと喜びのみが自分の求めるもの、避けねばならないものは何かを教えてくれる。〜ゲーテ〜
世界を観察すればするほど、人類がその将来において、賢明で思慮深く幸福な集団になれるとは思えなくなる。
天才が天才としてなすことはすべて無意識になされる。〜ゲーテ〜
人間の過ちこそ人間を本当に愛すべきものにする。〜ゲーテ〜
自分と似たものを愛し求める人もいれば、自分と反対なものを愛し、これを追求する人もいる。〜ゲーテ〜
重要なことはどこまでも、見知らぬもの、見知らぬ人に心をふれてみることだ。〜ゲーテ〜
いつも変わらなくてこそ、本当の愛だ。一切を与えられても、一切を拒まれても、変わらなくてこそ。〜ゲーテ〜
本当に心の底から出たことでなければ、人の心には決して訴えないものだ。〜ゲーテ〜