Welcome to PHP!

シェークスピアの名言・格言

シェークスピアの名言・格言
シェークスピア・劇作家・1564‐1616英国の詩人。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
英国の詩人、劇作家。イングランド中部のストラトフォード・オン・エーボンの生れ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
商業を営み町の有力者であった父が没落し、高等教育は受けなかった。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
1582年に8歳年長のアン・ハサウェーと結婚。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
1585年前後にロンドンに出た、1592年には新進の劇作家兼俳優として名をあげ、のちにはグローブ座の株仲間にもなった。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
(ヘンリー6世)三部作(1590年―1592年)を処女作、(リチャード3世)、喜劇(間違いの喜劇)(じゃじゃ馬ならし)(ベローナの二紳士)(恋の骨折り損)、流血悲劇(タイタス・アンドロニカス)が初期の作品、次いで、(ロミオとジュリエット)(リチャード2世)や喜劇(夏の夜の夢)(ベニスの商人)。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
フォールスタッフの登場する(ヘンリー4世)(から騒ぎ)(お気に召すまま)(ヘンリー5世)(十二夜)など、円熟した作品を書く。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
1600年前後から、四大悲劇(ハムレット)(オセロー)(リア王)(マクベス)を書く一方で、問題劇と呼ばれる。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
(終りよければすべてよし)(尺には尺を)(トロイラスとクレシダ)を発表した。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
その後、(アントニーとクレオパトラ)(コリオレーナス)(アセンズのタイモン)などの、やや異質の悲劇を書いてから、晩年のロマンス劇の時代に入り、(シンベリン)(冬物語)(あらし)(いずれも1610年前後)など、〜ウィリアム・シェイクスピア〜
死んだ日と誕生日が同じ4月23日とされているが?、伝記資料は確証のないものが多い。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
作品は、戯曲が37編とされ、詩では、初期の物語詩(ビーナスとアドニス)(ルークリース凌辱)と、154編からなる(ソネット集)が重要。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
コールリジによって〈百万の魂をもつ〉と評されたシェークスピアは、豊かで深い世界を創造することに成功したまれな人物であった。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
日本では明治期に坪内逍遥の翻訳によって紹介され、新劇の重要なレパートリーとなった〜ウィリアム・シェイクスピア〜現在では様々な前衛的演出が試みられている。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
エリザベス朝演劇、シェークスピア舞台。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
ハムレットはウィリアム・シェイクスピアの最高の作品。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
シェイクスピアの最大の悲劇リヤ王。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
ウィリアム・シェイクスピアは英語の詩人、劇作家。
真夏の夜の夢はコメディー劇である1590と1596の間に書かれた。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
シェイクスピアの四大悲劇(ハムレット)(オセロー)(リア王)(マクベス)。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
ウィリアム・シェイクスピアは、ストラトフォードオンエイボンで、1564年4月23日に生まれた。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
恋人に逢いにゆく嬉しさは、勉強をやめるときの子供の嬉しさと同じだが、別れるときの悲しさは、仕方なく学校へとぼとぼと行く子供の悲しさと同じだ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
悪魔でも聖書を引くことができる。身勝手な目的にな。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
君、時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなんだよ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
「これがどん底だ」などと言っていられる間は、どん底にはなっていないのだ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
人生はただ影法師の歩みだ。哀れな役者が短い待ち時間を舞台の上で派手に動いて声張り上げて、あとは誰ひとり知る者もない。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
女の愛は食欲に似ている。深い心の働きからでなく、口淋しいだけのことだ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜満腹すれば、すぐにいやになり、吐き気を催す。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
世界はすべてお芝居だ。男と女、とりどりに、すべて役者に過ぎぬのだ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
嫉妬をする人はわけがあるから疑うんじゃないんです、疑い深いから疑うんです。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
絶対、喧嘩をはじめてはならね、が、いったん始めたからには、相手にこれは手強いと思い知らせてやるがいい。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
僕はこういった人間を知ってるんだ、つまり、なんにも口を利かないってだけで、利口者で通ってるんだね。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
友情は不変といってよいが、色と恋がからめば話は別になる。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
偉人には三種ある。生まれた時から偉大な人、努力して偉人になった人、偉大な人間になることを強いられた人。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
世間を欺すには世間並みの顔をしておいでにならなくては。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
過ぎてかえらね不幸をくやむのは更に不幸を招く近道だ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
たいていの友情は見せかけであり、たいていの恋は愚かさでしかない。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
どのくらいと言えるような愛は卑しい愛にすぎぬ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
人と人との友情は、賢者でも結ぶのが難しいのに、愚者はあっさりほどいてしまう。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
嫉妬に御用心なさいまし。嫉妬は緑色の目をした怪物で、人の心を餌食にしてもてあそびます。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
金を貸すのも借りるのも、まかりならね。貸せば、金と友、両方とも失い、借りれば倹約の心が鈍る。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
あの人は本当は頭がいいから阿呆の真似ができるのね、上手にとぼけてみせるのは特殊な才能だわ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれる優しい懐かしい看護婦だ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
蝕まれ出した愛情に限って、ことさらわざとらしい儀礼を見せはじめるのだ。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
惚れきっていてしかも疑い、怪しみながらしかも愛さずにおれぬ男はなんという呪われた月日を過ごすことでしょう。〜ウィリアム・シェイクスピア〜
恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。〜ウィリアム・シェイクスピア〜