Welcome to PHP!

ドストエフスキーの名言・格言

ドストエフスキーの名言・格言
ドストエフスキー1821‐1881ロシアの作家。文豪〜ドストエフスキー〜
トルストイとともに19世紀ロシア文学を代表。〜ドストエフスキー〜
人間の内面の矛盾を追求して近代小説に新しい可能性を開いた。〜ドストエフスキー〜
モスクワの医師の家に生まれ、16歳のときペテルブルグの工兵士官学校に入り、卒業して工兵局に勤めるが1年で退職。〜ドストエフスキー〜
処女作(貧しい人々)(1846年)の成功を機に文筆活動に専念する。〜ドストエフスキー〜
間もなく空想的社会主義者ペトラシェフスキーのサークルに接近、1849年逮捕され、死刑執行の直前に特赦と称してシベリア送りになる。〜ドストエフスキー〜
その体験はのちに(死の家の記録)(1862年)に描かれる。〜ドストエフスキー〜
10年後モスクワへの帰還を許され、(虐げられた人々)(1861年)などを発表、中編(地下室の手記)(1864年)は彼の思想的・芸術的転機をなす作品となり、以後(罪と罰)をはじめ、〈真に美しい人間〉を描こうとした(白痴)(1868年)、ネチャーエフ事件に取材した(悪霊)(1871年)、(未成年)(1875年)、(カラマーゾフの兄弟)などの大作群を発表した。〜ドストエフスキー〜
晩年には、時事随想、回想、小品を含む雑誌形式の文集(作家の日記)(1873年―1881年)を書いている。〜ドストエフスキー〜
ドストエフスキーはロシア文学における都市文学の先駆者でもあったが、その文学の第一の特質は、人間精神の不条理性を芸術的に剔出(てきしゅつ)し得た点にあり、その思想的系譜は実存主義にまで及び、内外の多くの文学者に影響を与えたが、一方で、バフチンをはじめとする文学方法論研究によって、新たなドストエフスキー像が形成されつつある。〜ドストエフスキー〜
人間には幸福のほかに、それとまったく同じだけの不幸がつねに必要である。〜ドストエフスキー〜
人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。〜ドストエフスキー〜ただそれだけの理由なのだ。〜ドストエフスキー〜
感情は絶対的である。〜ドストエフスキー〜そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。〜ドストエフスキー〜
謙譲な愛は、暴虐よりもずっと効果の多い怖ろしい力である。〜ドストエフスキー〜
真の安全は隔離された個人的努力よりもむしろ、社会的団結のなかに見出される。〜ドストエフスキー〜
いちばん簡単で、いちばん明白な思想こそいちばん理解しがたい思想である。〜ドストエフスキー〜
人生は苦痛であり、人生は恐怖である。〜ドストエフスキー〜だから人間は不幸なのだ。〜ドストエフスキー〜だが、人間はいまでは人生を愛している。〜ドストエフスキー〜それは苦痛と恐怖を愛するからだ。〜ドストエフスキー〜
神と悪魔が闘っている。〜ドストエフスキー〜そして、その戦場こそは人間の心なのだ。〜ドストエフスキー〜
他人というものは意地の悪いものですよ。〜ドストエフスキー〜いや、意地の悪いのなんのって、とにかくちょっとでも気にくわないことがあれば、小言をいったり、責めたりするばかりか、いやな眼で見るのですからね。〜ドストエフスキー〜
僕が考えてみるに、もし悪魔が存在しないとすれば、人間が創りだしたものということになるね。〜ドストエフスキー〜そうすれば人間は自分の姿や心に似せて、悪魔を作ったんだろう。〜ドストエフスキー〜
人生において何より難しいことは、嘘をつかずに生きることだ。〜ドストエフスキー〜そして自分自身の嘘を信じないことだ。〜ドストエフスキー〜
人間というのは、憐憫なしではまったく生きてゆけない。〜ドストエフスキー〜
私はちゃんと自分のパンを持っています。〜ドストエフスキー〜たしかに、それはありふれたパンで、時にはぼろぼろに乾いていることもありますが、それでもこれは自分で働いて得たパンですから、誰からも後ろ指をさされずに、堂々と食べてよいものです。〜ドストエフスキー〜これで十分じゃありませんか!
世の中には、恋人とか情婦としては通用するが、ほかになんの役にも立たない女がいるものだ。〜ドストエフスキー〜
真実を語るものは、機知のない人間だけである。〜ドストエフスキー〜
娘の恋は母にとっては死である。〜ドストエフスキー〜
良心の自由ほど魅惑的なものはないけれど、またこれほど苦しいものはないのだ。〜ドストエフスキー〜
神が存在しないならば、私が神である。〜ドストエフスキー〜
もちろん金は絶対的な力である。〜ドストエフスキー〜と同時に、平等の極地でもある。〜ドストエフスキー〜金のもつ偉大な力は、まさにそこにあるのだ。〜ドストエフスキー〜金はすべての不平等を平等にする。〜ドストエフスキー〜
金は鋳造された自由である。〜ドストエフスキー〜
人は思想を捉えようが、思想は常に人間よりも現実的である。〜ドストエフスキー〜
金が一番いやらしいのは、それが持ち主に才能まで与えるからだ。〜ドストエフスキー〜
私は何か善を行おうと思いながら、そこに喜びを感ずることができる。〜ドストエフスキー〜また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜びを覚えることもできる。〜ドストエフスキー〜
人類の最も偉大な思想は、石をパンにかえるということである。〜ドストエフスキー〜
人間の後半生は、前半生で蓄積された習慣のみで成り立つ。〜ドストエフスキー〜
真の真理というものは、つねに真理らしくないものである。〜ドストエフスキー〜
いかなる科学の力を借りても、またどんな利子をもって釣ったところで、人間は決して不平なしに財産や権利を分配することはできません。〜ドストエフスキー〜
金を所有している人間は、貧しいひとが、そのはかない運命を訴える声を聞くのが大嫌いだ。〜ドストエフスキー〜
一般に、すべて他人の不幸というものは、いかなる場合でも、傍観者の目を楽しませるようなものを含んでいる、傍観者が誰であろうと例外にはならぬ。〜ドストエフスキー〜
あらゆる堕落のなかで、最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。〜ドストエフスキー〜