Welcome to PHP!

ベートーベンの名言・格言

ベートーベンの名言・格言
1770‐1827ドイツの作曲家。〜ベートーベン〜
ボンの宮廷楽団歌手の子に生まれ、才能をあてにした酒飲みの父にピアノを学ぶ。〜ベートーベン〜
苦難の時に動揺しないこと、これは真に賞賛すべき卓越した人物の証拠である。〜ベートーベン〜
ボン宮廷のオルガン奏者 C. G. ネーフェ(1748-1798)に作曲を師事し、J. S. バッハ、C.P. E. バッハらの音楽様式を修得。〜ベートーベン〜
1782年には最初の作品を書いた。〜ベートーベン〜宮廷楽団でビオラ奏者として活動したのち1792年ウィーンに出、F. J. ハイドン、J. G. アルブレヒツベルガー(1736-1809)、サリエリらに学び、以後は他に職をもたず作曲とピアノ演奏に専心。〜ベートーベン〜
ピアノ協奏曲第1番(1794年−1795年、改訂1800年)、交響曲第1番(1799年−1800年)など初期の代表作を完成させた。〜ベートーベン〜
私にとっては精神の帝国こそ、あらゆるもののうちでいちばん親愛なものです。〜ベートーベン〜それは世俗的、教権的王国のなかで第一位を占めます。〜ベートーベン〜
1798年ころから難聴に悩み、1802年にハイリゲンシュタットの遺書を書くが、この苦境を克服して交響曲史上例のない規模の傑作交響曲第3番・英雄(1803年−1804年)を完成、独自の作風を確立した。〜ベートーベン〜
続く約10年間に、唯一のオペラフィデリオ(1804年−1805年、改訂1806年、最終稿1814年)、交響曲第5番・運命(1807年−1808年)、同第6番パストラーレ(田園交響曲)(1808年)、同第7番(1811年−1813年)、バイオリン協奏曲(1806年)、ピアノ協奏曲第4番(1805年−1806年)、同第5番・皇帝(1809年)、ピアノ・ソナタ第21番ワルトシュタイン(1803年−1804年)、同第23番・熱情(熱情ソナタ)(1804年−1805年)、バイオリン・ソナタ第9番クロイツェル(クロイツェル・ソナタ)(1802年−1803年)、チェロ・ソナタ第3番(1807年−1808年)、ピアノ三重奏曲・大公トリオ(1811年)、7番から11番までの弦楽四重奏曲(1805年−1810年)など中期の作品群を発表し、ソナタ形式を完成。〜ベートーベン〜1815年以後は弟の子カールの後見人として苦労し、難聴も極度に悪化する中、高度な対位法、変奏曲の手法を中心とした瞑想(めいそう)的作品を書くようになり、ピアノ曲ディアベリ変奏曲(1819年−1823年)、荘厳ミサ曲(1819年−1823年)、交響曲第9番(第九交響曲)(1822年−1824年)、ピアノ・ソナタ第28番〜32番(1816年−1822年)、弦楽四重奏曲第12〜16番(1823年−1826年)が生まれた。〜ベートーベン〜
貴族の娘たちとの交際があり、不滅の恋人あての恋文が残っているが、生涯独身で通した。カデンツァ・スケルツォ・ソナタ・トロンボーン
僕の芸術は、貧しいひとびとの幸福のために捧げられなくてはならない。〜ベートーベン〜
音楽は、いかなる知恵、いかなる哲学よりも高い啓示である。〜ベートーベン〜私の音楽の意味を把握しうる者は、他のひとびとがはいっている全ての悲惨からのがれうるだろう。〜ベートーベン〜
私は作曲しているときは、つねに心に絵を画き、その輪郭をたどる。〜ベートーベン〜
偉大な詩は、最も貴重な国家の宝石である。〜ベートーベン〜
芸術は長く、生命は短いというが、長いのは生命だけで、芸術は短い。〜ベートーベン〜芸術の息吹が神々のところまで高められるにしても、それは我々にとって、つかの間の恩恵にすぎないから。〜ベートーベン〜
私は人類のために甘美な酒をもたらす酒神だ。〜ベートーベン〜精神の神々しい陶酔境を人間に味わすことのできるのは、この私だ。〜ベートーベン〜
沈黙を学べ、ああ、わが友よ! 言葉は銀にも等しい、だが時にかなった沈黙は純金だ。〜ベートーベン〜
私自身を窮境のなかに支えてくれたのは道義心であり、自殺によって生命を断たなかったのは、私の芸術ばかりではなく、この道義心のおかげでもある。〜ベートーベン〜
服従せよ、お前の運命に心おきなく服従せよ。〜ベートーベン〜お前は自分にとって存在することはできなくなった。〜ベートーベン〜ただ他人のためにのみ生きるのだ。〜ベートーベン〜
名声を勝ち得た芸術家たちは、そのために苦しめられる。〜ベートーベン〜したがって、彼らの処女作が往々にして最高である。〜ベートーベン〜
憎しみは、それをいだいた人間のうえに跳ね返ってくる。〜ベートーベン〜
芸術家としての私について言えば、私に関して書いたすべてについて、私が少しでも関心を払ったという噂を聞いたひとはないだろう。〜ベートーベン〜