アドルフ・ヒトラーの苦言

アドルフ・ヒトラー経歴(プロフィール)。
1889年〜1945年ドイツの政治家。オーストリア出身。ドイツに移住して第1次大戦に参加。1934年に国民投票で89%の国民の支持を受け、国家元首となる。
その専制的な国内政策と領土への野心を懸念され、1939年にイギリスとフランスから宣戦布告を受け、第2次世界大戦が勃発する。初戦は順調であったが、ソ連侵攻失敗などで徐々に追い詰められ、ベルリン陥落直前官邸で自殺。ユダヤ人へのホロコースト(民族虐殺)をはじめ、数々の犯罪行為を行ったことでも知られる。
1919年ドイツ労働者党(1920年ナチスと改称)に入党雄弁で頭角を現し1921年党の指導権を掌握。1923年ミュンヘン一揆(いっき)に失敗して一時入獄《わが闘争》を口述する。出獄後は合法活動によって党勢を拡張1933年首相1934年大統領を兼ねて総統(フューラー)と称し独裁政治をしいていわゆる第三帝国を建設した。反ユダヤ主義とゲルマン民族の優越性を主張、強硬外交と軍備拡張により近隣諸国を次々に侵略ついに第2次大戦を引き起こした。
ナチス国民社会主義(国家社会主義とも訳す)ドイツ労働者党 Nationalsozialistische DeutscheArbeiterpartei の通称。ナチ党ともいう。その理念・体制はナチズムと呼ばれる。1919年結成のドイツ労働者党の後身。1920年国民社会主義ドイツ労働者党と改称。1921年からヒトラーが指導者となり、突撃隊による街頭闘争を展開。1923年ミュンヘン一揆(いっき)に失敗し、党は非合法化され、ヒトラーも投獄された。しかし1925年再建され、大衆組織を利用した合法運動により発展。1929年大恐慌後、急速に勢力を伸張。軍と産業界の支持も得て、1932年には国会の第1党となり、1933年政権を掌握。その後、内では諸政党を禁圧して一党独裁体制を確立し、再軍備を急ぎ、外ではベルサイユ体制打破の政策を強行した。第2次大戦敗北で壊滅。キーワード第三帝国。
民衆がものを考えないということは、支配者にとっては実に幸運なことだ。〜アドルフ・ヒトラー〜
大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい。〜アドルフ・ヒトラー〜
嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる。〜アドルフ・ヒトラー〜
熱狂した大衆だけが、操縦可能である。〜アドルフ・ヒトラー〜
政策実現の道具とするため、私は大衆を熱狂させるのだ。〜アドルフ・ヒトラー〜
女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる。〜アドルフ・ヒトラー〜
平和は剣によってのみ守られる。〜アドルフ・ヒトラー〜
退路を自ら断つとき、人はより容易に、より果敢に戦う。〜アドルフ・ヒトラー〜
賢い勝利者は、可能な限り、自分の要求を幾度も分割して敗北者に課するだろう〜アドルフ・ヒトラー〜
弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である。〜アドルフ・ヒトラー〜
大衆の多くは無知で、愚かである。〜アドルフ・ヒトラー〜
本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ。〜アドルフ・ヒトラー〜
圧制はただ圧制によってのみ、そしてテロはただテロによってのみ破ることができる。〜アドルフ・ヒトラー〜
愛国心なき軍隊は永久に警察たるにとどまり、敵前で戦闘をする軍隊ではなくなる。〜アドルフ・ヒトラー〜
わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている。〜アドルフ・ヒトラー〜