カレンダー
<< 2018年08月
最新記事
カテゴリー
月別
コメント
コンテンツ
2014.09.07 19:23

深刻な若者の車離れ

トヨタ自動車は「市場低迷」の要因のひとつとして20代の免許保有人口が減少していること、世帯別の車両保有率が20代から70代のうち2番目に低いことを指摘した。また、「市場背景の変化」もこの一因としている


  • 経済的理由、そもそも自動車を買えない。維持できない

  • 若者層の所得の減少や雇用の不安定化などによる購買力の低下、雇用の不安、給与の低下(低所得)などにより、仕事の必要で運転免許を取得できても、自分の車は持つことが難しい

  • 自動車に魅力がなくなった、自動車を持つ理由・メリットがない。または自動車を持つことにより、別のデメリットが発生する

  • 高額な車両価格と維持費(自動車税・自賠責および任意保険料・車検代・燃料代・駐車料金など)の経済的な問題、売れても中古の軽四

  • 万が一事故発生時の行政責任、民事保障、刑事責任など予期せぬトラブルが発生する。

  • 単身・夫婦のみ世帯の増加。特に親と同居している独身者層の新車購入率の極端な低下

  • 健康志向のためブランド自転車の大幅な普及

  • 中でも経済的理由が要因として最も大きい

  • これらの事は、自動車関連の産業や業界に多大な影響を及ぼしている。特に若年層をターゲットとした自動車および関連商品の売れ行きが急激に落ち込んでいる

  • また、自動車運転を職業とする雇用問題にも大きな影響が出ていて刑事責任が伴う運転の仕事は今の若者に避けられる傾向がはっきりしてきた

  • 車離れが進んだ事で、デメリットばかりではなくメリットもある。車の数が減ってゆく事による渋滞の緩和、排ガスのよる地球温暖化への好影響、高齢者が運転しなくなった事での事故軽減など

  • 自動車の運転はゲームでだけという時代が来るかもしれない

Wikipediaウィキペディア 一部引用を終了します。


米空軍横田基地 日米友好祭

米空軍横田基地日米友好祭FRIENDSHIPFESTIVAL横田基地は本州では最大の米空軍基地。在日米軍司令部および米第5空軍司令部がおかれている極東における主要基地であり、極東地域全体の輸送中継ハブ基地(兵站基地)としての機能を有している


Rixen Kaul - ショッパー ハンドルバーバッグ | ハンドルバーバッグ

Park Tools - Triple Spoke Key | ワークショップツール

NASAが約2億キロ離れた火星探査機のフラッシュメモリを遠隔でフォーマット

NASAが地球から約2億キロメートルはなれた火星で調査活動を続ける無人探査機「オポチュニティ」のフラッシュメモリを遠隔操作でフォーマット(初期化)する予定であることが発表されました


パークツール - コッターレス クランク抜き | ワークショップツール

PowerBreathe - Classic Respiratory トレーナー | フィットネストレーニング用品

Wellgo - B37 Flattie フラットペダル | フラットペダル

オンラインバイクショップWiggle

日産のダットサン、苦戦の背景はディーラー・サービス網不足 インドでの発売

日産自動車は昨年3月にインドで「ダットサン・ゴー」を発売し、ダットサンを新興国向けブランドとして鳴り物入りで復活させた。
しかし、インドでも他国でも、ダットサンの販売は予想を大きく下回っている。

 インドで低価格車の人気が最も高いのは農村部だが、日産はダットサン・ディーラー網の構築に腐心している。一方で都市部の消費者は、
日産車から余分な装備を取り除いた車とみられているダットサンには大して関心を示していない。

 同社は昨年5月には、インドネシアでダットサン・ブランドのミニバン「ゴー・プラス」を、9月にはロシアでセダンを、さらに10月には南アフリカで
ハッチバックの販売を開始した。

 インドネシア日産の広報担当者によれば、昨年下半期のダットサンの月間販売台数は約2500台で、同社の目標だった4000台強を下回っている。

 業界アナリストによると、インドでもインドネシアでもダットサン・ブランドは知名度が低く、広範な販売・サービス網もない。インドでは
専用ショールームの開設が遅れており、ダットサン専用のショールームは現在約15カ所。残りは日産のショールームに併設されている。

図表=上:低価格3車種の2014年月間平均販売台数(左からマルチスズキ「アルト」、ヒュンダイ「イオン」、日産「ダットサン・ゴー」)、
下 インド市場シェアのメーカー別内訳(2014年4月~12月)
http://si.wsj.net/public/resources/images/AI-CN595_DATSUN_G_20150125210026.jpg

ソース http://jp.wsj.com/articles/SB12736489134639783367304580422372719142434


“マイメロカングー”登場、キャラ誕生40周年でルノーとコラボ

サンリオの人気キャラクター“マイメロディ”をモチーフにした仏自動車ルノーのカングーの“マイメロディ・カングー”が、都内の会場で展示された。
ルノーとコラボ


フェラーリ、未来的なF1コンセプトカーを発表

フェラーリは、2016年および17年を目処にF1が進めているテクニカルレギュレーションの
変更に関する議論をさらに活性化させるため、より未来的にデザインしたF1のコンセプトカーを
発表した。

ここ数年、世界的な視聴率の低迷にあえぐF1は、人気減少の要因として対策が求められている
F1マシンの魅力改善に向け、1,000馬力エンジンやマシンの外観に迫力を与えるワイドタイヤの
採用といった新たなレギュレーションを導入することを協議している。

この協議は、すでに変更内容の合意がチーム間でなされているものの、その時期については
意見が分かれており、最終的な決定投票が17日(火)のF1コミッション会合で実施される
予定になっている。

こうしたタイミングの中、フェラーリは公式サイトに「FORMULA 1 CONCEPT」と題した特別サイトを
を開設し、F1のコンセプトカーをデジタルイメージで公開。将来的なマシンデザインについて独自に
見直しの範囲を示した。

このコンセプトカーでフェラーリが示したアイデアは、将来のレギュレーションの方向性を求める以上に、
マシン全幅やタイヤサイズ、エンジン容量などの変化をシンプルかつ純粋に表している。

 依然として現行レギュレーションのコンセプトを少なからず踏襲しているとはいえ、フェラーリの
社内デザイン室がF1の空力部門と何週間にもわたって緊密な作業を行った末に完成したその姿は
非常に未来的であり、ダブルデッカー型のフロントウイングやよりなめらかな造形のボディワーク、
シンプルで大型のリヤウイングが目を引くものとなっている。

この将来のマシンコンセプトについては、ライバルのマクラーレンとレッドブルも最近のF1ストラテジー・
グループ会合でコンセプトアイデアを示しているが、両チームは一般への公開を控えている。

フェラーリはコンセプトカーを公開した特設サイト(http://f1concept.ferrari.com)で、ファンからの
意見も募っている。

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&amp;no=63225

画像
http://as-web.jp/photo/pnews/201502/71280/01.jpg
http://as-web.jp/photo/pnews/201502/71281/01.jpg
http://as-web.jp/photo/pnews/201502/71282/01.jpg
http://as-web.jp/photo/pnews/201502/71283/01.jpg


マクラーレン、最大1000馬力のスーパーカー「P1 GTR」

F1チーム「マクラーレン」のグループ企業、英マクラーレン・オートモーティブは、
同社のフラッグシップスーパーカー「マクラーレンP1」のレース専用車「P1 GTR」の
量産モデルを発表した。3月に開催されるスイスのジュネーブモーターショーで実車が世界初公開される。
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/car/images/20150221mog00m020001000p_size8.jpg

P1 GTRは3.8リットのツインターボV8エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドタイプで、
最大出力は1000馬力を実現した。車体の各所にカーボンファイバーを使用するなど、市販車のP1に比べ
合計50キロ以上軽量化した。大型のリアウイング採用や、車体側面の改良で空力性能も向上した。

ルマン24時間など、1990年代のレースで活躍した名車「マクラーレンF1 GTR」
(シャシーナンバー06R)をイメージした黄色と緑の塗装が施された。

ジュネーブモーターショーは世界5大モーターショーの一つ。


フェラーリ、最高速330km/hの「488GTB」を世界初公開 V型8気筒 3.9リッター直噴ターボエンジン搭載

フェラーリは、ジュネーブモーターにて、V型8気筒エンジンを搭載した「488GTB」を世界初公開した。
308GTBの登場から40年の歴史を持っている、フェラーリのV型8気筒モデル。
先代の458イタリアの後継となる488GTBは、ドライサンプ式のV型8気筒 3.9リッター(3902cc)直噴ターボエンジンを
リアミッドに搭載している。

ターボエンジンから発揮される最高出力は8000rpmで670CV(492kW)を発生させ、最大トルクは760Nm/3000rpm。
最高速は330km/h以上をマークし、0-100km/hの加速時間は3.0秒、0-200km/hは8.3秒となっている。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2015geneve/20150305_691299.html
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/299/01.jpg
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/299/05.jpg
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/299/06.jpg
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/299/10.jpg
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/299/11.jpg
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/299/13.jpg


スズキ、新型「アルト ターボRS」を発売 15年ぶりのターボ搭載車

スズキは、スポーティーな走行を実現する新型軽自動車『アルト ターボRS』を3月11日より発売する。
アルトのターボ搭載モデルは、2000年末に『アルト ワークス』がラインアップから消えて以来、15年ぶりの復活となる。

アルト ターボRSは、最高出力64ps、最大トルク98N・mを発生する改良型のR06A型吸気VVTターボエンジンを
670kg(2WD車)という軽量ボディに搭載。専用チューニングを施したパドルシフト付5AGS(オートギアシフト)との
組み合わせで、スポーティーでダイレクトな走りを実現する。
なお、マニュアルミッションは設定されない。また、アイドリングストップシステムの採用で25.6km/リットル(2WD車)という
優れた燃費性能も達成している。

車体はストラットタワーバーや高剛性のフロントバンパーメンバーを装着。さらにカウルフロントパネルや
サスペンションアッパーのブラケットおよびエクステンションの板厚アップなどを図り、車体剛性をさらに高めている。

足回りでは、サスペンションおよびブレーキを専用チューニング。さらに新開発の軽量アルミホイールとスポーツタイヤ
POTENZA RE050Aを組み合わせ、リニアなハンドリング応答性や、スポーティーな走りにも対応できる安定性を実現している。

エクステリアは、シンプルでクリーンなイメージを持つ標準車をベースに、メッキと赤のアクセントに加え、
専用パーツを数多く配し、特別感ある1台に仕上げている。車体色はホワイト、ブラック、レッドの3色を設定する。

インテリアは、黒を基調に赤のアクセントを施し、ホールド性を高めた専用フロントシートやタコメーター付
3連メーターなどを備え、スポーティーな雰囲気を演出している。

安全面では、レーダーブレーキサポートや誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPなどを
標準装備するほか、衝突時の衝撃を吸収・分散する軽量衝撃吸収ボディーを採用する。

価格は2WDモデルが129万3840円、4WDモデルが140万5080円。

http://img.response.jp/imgs/thumb_h/850851.jpg
http://img.response.jp/imgs/zoom/850855.jpg
http://img.response.jp/imgs/zoom/850848.jpg
http://img.response.jp/imgs/zoom/850850.jpg
http://img.response.jp/imgs/zoom/850852.jpg
http://img.response.jp/imgs/zoom/850849.jpg

http://response.jp/article/2015/03/11/246283.html