カレンダー
<< 2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリー
月別
コメント
コンテンツ
2015.07.02 09:56

今そこにある危機

カード決済対応代金引換対応

今そこにある危機全文

カリブ海で、アメリカ沿岸警備隊のカッター (船)|カッター「パナシュ」は、ヨットの船上で実業家一家が皆殺しにされた現場に遭遇する。被害者の実業家はコロンビアの麻薬カルテルの資金洗浄を担当していた銀行家で、一部を着服していたことを知ったカルテルが殺し屋を差し向けたのだ。艦長ウェゲナー少佐が殺し屋から得た自白をもとに、連邦捜査局(FBI)はカルテルの口座の差し押さえに成功、財政的に大打撃を与えることに成功するが、これに激昂したカルテルは、ちょうどコロンビアを秘密裏に訪問中だったジェイコブズFBI長官を襲撃して殺害する。

一方、麻薬戦争での対抗策として、アメリカ合衆国大統領|大統領とカッター国家安全保障問題担当大統領補佐官、中央情報局(CIA)は、軍と共同しての麻薬密輸阻止作戦を展開していた。これはコロンビア領内に複数の軽歩兵部隊を浸透させて密輸機の飛行場を監視、離陸した密輸機は空軍のF-15が邀撃し、強制着陸か墜落させるというものであった。しかし旧友でもあったFBI長官を公然と殺害されたことに激怒した大統領は、さらに進めて麻薬精製工場の破壊やカルテルのボスたちの暗殺を命じた。

これらの作戦はカルテルの内部抗争に見せかけて行われたものの、カルテルに顧問として雇われていたキューバ情報機関DGIの大佐だったフェリックス・コルテスは、その背後にアメリカ政府がいることに気づいた。カルテルのボスたちの暗殺の際にボスたちの家族が巻き添えになったこともあり、アメリカ政府の関与を国民に知られることを恐れるカッターは、コルテスから持ちかけられた取引に応じ、真相の隠蔽と麻薬の密輸量削減と引き換えに、コロンビア領内に潜入した軽歩兵部隊への支援を絶ち、情報をコルテスに渡してしまった。現地で作戦を支援していたCIA工作員のジョン・クラークは、部隊が支援を絶たれて壊滅に瀕していることを知って急遽帰国し、カッターに知られぬよう事態打開のため奔走する。

一方、CIAのジャック・ライアン情報担当次官補佐官は、上司のグリーア情報担当次官が病に倒れたことを受けて職務を代行していたが、政府・CIA内の不審な動きに気付き、独自の調査によって作戦の全容を知り、潜入した軽歩兵部隊が今まさに見捨てられつつあることを知った。グリーアは死の床でクラークとライアンを引き合わせ、2人は見捨てられた歩兵たちを救うため独自の行動を開始する。

ブランドバックスーパーブランドバック
カード決済対応8000円以上送料無料

プレステーション4・プレステーション3ランキング

Wii U・Wiiランキング

PS Vita・PSPランキング

Xbox Ore・Xbox 360ランキング

機種・ゲーム攻略本ランキング

PCゲーム・ゲームダウンロードランキング

プレステーション2ランキング

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9