カレンダー
<< 2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリー
月別
コメント
コンテンツ
2015.07.06 15:34

リタイア後に住みやすい国ランキング、スイスは1位、アジアでは韓国が最上位の14位

カード決済対応代金引換対応

運用資産の規模で世界最上位に数えられる資産運用会社のナティクシス・グローバル・アセット・マネジメントはこのほど、2015年版の
「グローバル・リタイアメント・インデックス」を公表した。リタイア後の生活を快適に過ごせる国ランキングで、スイスは1位に選ばれた。
上位10カ国のうち8カ国を欧州の国が占め、アジアでは、韓国が最上位の14位となった。中国新聞網が国外メディアの報道を引用して
報じた。

 ナティクシス・グローバル・アセット・マネジメントは、リタイア後の財務状況のほか、健康、医療サービスの質、安全面、生活質などを
含めた20項目について評価した。諸国の経済環境も重要な参考項目とした。

 上位10カ国のうち欧州が8カ国を占めた。ノルウェーは2位、オーストラリアは3位。4~10位は、アイスランド、オランダ、スウェーデン、
デンマーク、オーストリア、ドイツ、ニュージーランドの順。

 ランクダウンした国のうち、イギリスが22位で初めてベスト20入りを逃した。スペインは26位ランクを落として55位に。ギリシャは2014年の
39位から76位に大幅ダウンした。

 日本はカタールやクウェートとともに前回から10ランク以上アップした

 アジアでは、韓国が最上位で14位。日本が17位、シンガポールが30位となった。

 米国は2015年版の「グローバル・リタイアメント・インデックス」では韓国、日本、チェコを下回り、19位にランクされた。

ソース http://j.people.com.cn/n/2015/0302/c94475-8855660.html
http://j.people.com.cn/NMediaFile/2015/0302/FOREIGN201503021032000143094339981.jpg

FX為替 重要指標発表や要人発言のイベント前後

ポジション調整はどのような方針で行うべき?FXを始めたあなたが、実際に何度か取引をしてみて感じたのは、経済指標の発表や要人発言の前後はいつもより値が飛びやすく、またスプレッドが広がるのだな、ということでした。さて、ここで問題。重要イベントの前に、個人投資家はどのような方針でポジション調整をするべきでしょうか?

  • 普段よりも難しい相場にあえて手を出す必要はない。いったんすべてのポジションを精算し、イベント通過後にあらためてロングなりショートなりで入り直す。
  • 値幅こそ利益の源泉、相場が動意づく時に参加しないようでは勝てない。特別なポジション調整は行わず、いつもどおりのトレードができるよう心がける。
  • 急激な価格変動の可能性を念頭にいつもよりポジションを軽く。イベント通過後に値動きを見て買い乗せ、あるいはドテン売りなど臨機応変に対応する。

為替 重要経済指標通知はFXにとって一番重要になります。つい最近では日銀の黒田総裁が「これ以上の円安はない等の発言があり一気に2円近く円高のなりました。要人発言にはくれぐれも注意が必要です。

ブランドバックスーパーブランドバック
カード決済対応8000円以上送料無料

ウイルス対策・セキュリティ・OSランキング

画像・映像制作・音楽制作ランキング

ホームページ作成・素材・データー集ランキング

生活実用・英語学習・語学ランキング

教養・趣味・教育・知育ランキング

資格・キャリアアップ・プログラミングランキング

ユーティリティ・アダルトPCゲームランキング

サウンドトラック・ドラマCDランキング




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9