カレンダー
<< 2015年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
カテゴリー
月別
コメント
コンテンツ
2015.06.19 09:50

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

カード決済対応代金引換対応

ディメンション・タイド(ブラックホール砲)特G対がプラズマ・エネルギーの原理を応用して開発した、マイクロブラックホール生成機。物理学者・吉沢佳乃が設計した。超マイクロ加速器で人工ブラックホールを生成し、大気圏外からゴジラ (架空の怪獣)|ゴジラを攻撃、その完全消滅をはかる。起動からブラックホール弾発射まで5分を要し、使用後1時間の冷却を要するため連続使用はできない。ただし、一撃の威力は半端でなく、地表では直径100メートル四方が吸収、消滅する。

廃校となった山梨県の白州町立白州小学校校舎での試射実験後、マイクロマシンの若き天才、工藤元によって小型化に成功、種子島宇宙センターから人工衛星に搭載され宇宙へ打ち上げられた。ディメンション・タイドという名は「次元の潮流」という意味で、工藤によって命名されている。工藤は頭文字の「DT」を本体表面に書き込んでいる。

秋葉原でジャンク屋を営んでいるマイクロマシンの天才エンジニア。軟派な性格で軽い態度が目立つが、メカニックに対しての熱意と愛情は誰にも負けないほど強い。最初は特G対への協力を断ったが、ディメンション・タイドの開発計画に感銘を受け参加を決意する。

特G対に協力していく中で、徐々に桐子に気がある素振りを見せ、自ら開発した超小型発信機付きの信号弾やミニSGSを提供したり、自らのPCのオリジナルオペレーティングシステム|OSに搭載したチェックプログラムのキャラクターに「キリコ」と名付けたりしている。渋谷の水中探査活動支援に出向いた際に、出現したメガギラスの攻撃で負傷して右腕を骨折してしまう(エンドロール前でも骨折は完治していなかた)が、渋谷へのゴジラ攻撃の際には桐子と連携してディメンション・タイドを発射し、作戦を成功させた。

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 wikipedia

ブランドバックスーパーブランドバック
カード決済対応8000円以上送料無料

プレステーション4・プレステーション3ランキング

Wii U・Wiiランキング

PS Vita・PSPランキング

Xbox Ore・Xbox 360ランキング

機種・ゲーム攻略本ランキング

PCゲーム・ゲームダウンロードランキング

プレステーション2ランキング

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15