カレンダー
<< 2014年09月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
カテゴリー
月別
コメント
コンテンツ
2014.09.27 08:28

幻の懐かし名車トヨタ2000GT,スカイラインGTR,カワサキZ400FX,カワサキZ400GP,HONDA CB400SF/SB,ヤマハRZ350,スズキ(SUZUKI) GSX400インパルス

トヨタ2000GT


■【AUTO art/オートアート】(1/18)トヨタ 2000GT (ホワイト) アップグレードバージョン(787474)

ショーン・コネリー/白黒/ジェームズ・ボンドとトヨタ2000GT ブロマイド写真★『007は二度死ぬ』

スカイラインGTR


ニッサン スカイライン GT-R KPGC10 ホワイト

1/24 Sパッケージ バージョンR No.45 マインズ R34 スカイラインGT-R

カワサキZ400FX

1/12 ネイキッドバイク No.68 カワサキ Z400FX E4 LTD グランプリ仕様

カワサキZ400GP

アールピーエム(RPM) RPM-4in2in1 フルエキゾーストマフラー アルミサイレンサー Z400GP(82) 1005

HONDA CB400SF/SB

HONDA CB400SF/SBメンテナンス&amp;amp;カスタム

ヤマハRZ350

YAMAHA RZ大全

スズキ(SUZUKI) GSX400インパルス

【中古】スズキ(SUZUKI) GSX400インパルス 400cc 2005年式 (走行距離22845km)

オンラインバイクショップWiggle

スーパーカーから軍用車まで--2015年北米国際オートショーを写真で振り返る

北米国際オートショー

2015年北米国際オートショー(デトロイトオートショー)では、Acuraやフォードなどの新モデルを筆頭に様々な自動車が登場した。ここでは、それら自動車の一部を写真で紹介する。


日産、GT-R LM NISMO 発表…ルマン24時間レースに復帰へ

日産自動車は2月1日、米国アメリカンフットボールの「第49回スーパーボウル」のコマーシャルタイムにおいて、ルマン24時間レース参戦車両、『NISSAN GT-R LM NISMO』を発表した。

この新型マシンは、スポーツカーレーシングの世界最高峰カテゴリー、FIA世界耐久選手権のLM P1(ルマンプロトタイプ1)クラスに参戦するために開発。同レースは英国シルバーストンで4月12日に開幕し、
シリーズはベルギーのスパ、ルマン24時間およびドイツのニュルブルクリンクを経て、アメリカ、日本、中国、そして中東へと世界を転戦する。

パワートレインに関しては、日産はレースの技術規定を革新的方法で解釈。排気量3.0リットルのV型6気筒ガソリンツインターボエンジンに、エネルギー回生システムを組み合わせたフロントエンジン前輪駆動車となる。

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20150202-10217907-carview/
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150202-10217907-carview-001-1-view.jpg
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150202-10217907-carview-002-1-view.jpg
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150202-10217907-carview-003-1-view.jpg
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150202-10217907-carview-004-1-view.jpg


今年のマクラーレン・ホンダには期待できないと記者たちは語る

ベテランF1記者たちが、2015年シーズンにマクラーレン・ホンダが活躍できるチャンスはないだろうと語っている。

かつて伝説的とも言える黄金時代を築いたマクラーレンとホンダが再び手を組んだことで大きな注目が集まっている。
だが、ホンダが持ち込んだコンパクトかつ複雑なV6ターボ・パワーユニットは、2月1日(日)から4日間にわたって行われた
今年最初の公式テストにおいて、満足に走行することすらできない状態だった。

マクラーレン・ホンダは、新たな時代の幕開けに向けての原動力とすべく、現在のF1ドライバーの中では最高との
折り紙が付けられたフェルナンド・アロンソを獲得している。だが、いかにアロンソといえども、今年からすぐに活躍できると
考えている者は少ないというのが実情のようだ。

ブラジルのベテランF1記者であるリビオ・オリッキオは、スペインの『AS』に次のように語った。

「フェルナンドは本当なら5回はF1タイトルを取れていたかもしれない。だが、彼はチームの選択ということに関して
いくつかの間違いを犯してきた」

「2007年にはトップ争いができるチームを離れ、中団グループのチームに移籍した。そして今度は、
勝利を手にするには時間がかかると分かっているチームへ移った。これは彼の失敗だよ」

「私も彼ら(マクラーレン・ホンダ)には大きな可能性があると考えている。アロンソもいるわけだしね。

http://www.topnews.jp/_wp/wp-content/uploads/2015/02/150206171142.jpg
ヘレステストでは2日間で合計38周しかできなかったマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ。
今年勝利を挙げることは無理だと見る者も少なくない。

http://www.topnews.jp/2015/02/06/news/f1/121952.html


ジャン・アレジと後藤久美子の息子ジュリアーノ、鈴鹿で日本初走行を披露

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー。午後からのイベントには
ジャン・アレジとその息子ジュリアーノが登場し、トークショーとデモランを披露した。

ジュリアーノ・アレジはジャン・アレジと後藤久美子さんの間に生まれた息子で、現在15歳。
父親と同じくF1ドライバーを目指し、今季はフランスF4選手権に挑戦。4輪レースデビューを
果たすという。

トークショーには、唯一の親子ワールドチャンピオンとなったデイモン・ヒルも同席。「僕の時代は
親子でF1ドライバーになるっていうのは珍しいことだったけど、今はロズベルグの例もあるし、
ジャンの息子だって可能性がある。僕の息子もレースをしていたんだけど、15歳から始めたのは
遅かったね。今は5歳くらいからレースを始めないとダメなんだ。でも、彼は自分からレースを
辞めると言ってきた。それは、賢い選択だったと思うよ」と語った。

ジュリアーノが登場すると、アレジはまさに父親の顔になっていた。ジュリアーノはフォーミュラ・
エンジョイ2に乗ってコースイン。ピットレーン出口の白線を跨いでしまう(レースならばペナルティが
課せられるミス!)というハプニングがあったものの、大観衆の前での鈴鹿初走行を無事に終えた。

息子の走りを見たアレジは「鈴鹿で、しかも大勢のファンの皆さんの前で走れるということは、
本当に信じられないこと。このようなチャンスを与えていただいて、本当に感謝しています」と、
目を潤ませて語った。そして「走行前には、『フルコースじゃないので気をつけなさい』と
アドバイスしておいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000006-rcg-moto

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150308-00000006-rcg-000-1-view.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27