カレンダー
<< 2014年09月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
カテゴリー
月別
コメント
コンテンツ
2014.09.05 10:08

全国のホテル・旅館・温泉・ビジネスホテルの予約ならお任せください

多数のトラベルホテルやビジネスホテルを紹介


ビジネス予約や旅行プランなど


猿ヶ京温泉 ロッジガルニ

猿ヶ京温泉 旅籠屋丸一 別館万葉亭

トラベル,ホテル,ビジネスホテル


全国のホテル、旅館、温泉、ビジネスホテル


The Kinta 苗場

伊豆・三津浜 かもめのお宿長浜

丹波の宿 恵泉

戦国時代に突入する国内LCC、新生エアアジア・ジャパンの威力

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150119/276409/

 国内にLCC(格安航空会社)が就航して今年で4年目に入る。

 今年の4月8日には、成田国際空港にLCC専用ターミナルとなる「第3旅客ターミナル」が開業する。成田を拠点とするジェットスター・ジャパンと
バニラエア、春秋航空日本の3社が活用し、初年度は500万人が利用する見込みだ。

写真=今年4月から稼働する成田空港のLCC専用ターミナル(撮影:吉川 忠行、ほかも同じ)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150119/276409/photo01.jpg

 「高い運航品質を求める日本の利用者に、LCCが受け入れられるのか」

 就航当時はこんな懐疑的な見方も多かった。だが国内初のLCCとして2012年3月に運航を始めたピーチ・アビエーションは、昨年末に
累計搭乗者数が700万人を突破した。2014年3月期の決算では、純損益が10億4600万円の黒字(前期は12億900万円の赤字)になり、
就航以来、初めての単年度黒字を実現した。

 一方、同じく昨年12月に累計搭乗者数が700万人を突破したジェットスター・ジャパン(2012年7月就航)は業績が芳しくない。2014年6月期決算
では純損益が111億100万円の赤字(前期は88億3400万円の赤字)となっている。2014年11月には、日本航空(JAL)や、ジェットスターグループ
の親会社であるカンタス航空(オーストラリア)から最大110億円の増資を受け、低迷からの脱却を狙う。

写真=LCCの中でも機材数、路線数ともに増えているピーチ・アビエーションとジェットスター・ジャパン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150119/276409/photo02.jpg

 今年はもう1つ大きな動きがある。アジア最大のLCCグループのエアアジアが、楽天などから出資を受け、新生エアアジア・ジャパンとして再び
日本に参入するのだ。

 2012年8月に成田を拠点に就航した旧エアアジア・ジャパンは、日本人には扱いづらいウェブサイトや成田の離発着時間制限、提携先である
ANAホールディングスとエアアジアの対立などが原因となって、利用率が低迷した。そして2013年6月に提携を解消し、同年10月に運航を終えた。

 再参入を目指す今回は、24時間離発着できる中部国際空港を拠点とし、運航に自由度を持たせる計画だという。

 エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO(最高経営責任者)にとって、新生エアアジア・ジャパンによる日本市場への再参入は肝いりの
プロジェクト。運航中のLCC4社にとっても、新生エアアジア・ジャパンの登場が大きな脅威となりうるだろう。

 国内で市民権を得つつあるLCC。だが年末年始(2014年12月19日~2015年1月4日まで)の利用実績を見ると、その明暗ははっきり分かれて
いる。



日本で最も支持されるホテル

http://news.mynavi.jp/news/2015/01/24/019/
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000292.000001853.html

「ベストホテル」部門 トップ25

1位 パークハイアット 東京/東京都
2位 マンダリン オリエンタル 東京/東京都
3位 ザ・キャピトルホテル東急/東京都
http://i.imgur.com/7z76OPC.jpg

「旅館(B&amp;B、イン)」部門 トップ25

1位 料理旅館 白梅 /京都府
2位 お花坊 /京都府
3位 一茶のこみち 美湯の宿 /長野県
http://i.imgur.com/2EbzNjH.jpg


絶対に住みたくない大阪環状線の街ランキング

大阪環状線ですが、駅によって街の雰囲気がガラリと変わり、治安や利便性など、その価値に大きな差があります。
そこで今回、300人の老若男女を対象に「絶対に住みたくない大阪環状線の街はどこ?」というネット調査をしてみました。

・絶対に住みたくない大阪環状線の街ランキングワースト10

1位 鶴橋 (22.3%)
2位 新今宮 (13.3%)
3位 大阪 (10.7%)
4位 大阪城公園 (6.7%)
5位 京橋 (5.3%)

6位 芦原橋 (5%)
7位 玉造 (4.7%)
7位 天王寺 (4.7%)
8位 野田 (4.3%)
10位 福島 (4%)

・アンケート参加者の声

「鶴橋はなあ…」
「新今宮周辺は鶴橋より酷い醜い」
「鶴橋でも上本町側なら住みたいわ」
「ネットの友人に鶴橋はヤバイという話をたくさんされました」
「外国のことはよく分からない」
「全体的に怖いところなイメージ」

鶴橋が圧倒的にワースト1位になってしまいました。このあたりは飲食店も複数あり、食通によれば
「意外にもグルメな街」という話をよく聞きます。それでも、住むには適さないということでしょうか?

http://buzz-plus.com/article/2015/02/15/osaka/


無料でこの質と量、ビジネスホテルの朝食戦争が激化

1年365日違うホテルに泊まり歩いているという
ホテル評論家の瀧澤信秋氏によると、近年は低廉型ホテルに多く見られた「無料朝食」ですら、
かなり満足度の高いものに進化しているという。

これまでの「無料朝食」には、あらかじめ宿泊費に上乗せしてパンやコーヒーを出してるだけ、というイメージがあったが…?

「そう言う方も多くいますが、それは間違い。旧来と変わらない宿泊価格でクオリティの高い朝食が提供される
時代になっています。ホテルルートインの朝食の品数には驚くと思いますよ!」(瀧澤氏)

そこで早速やってきたのは東陽町のルートイン。朝食会場に入ってビックリ! 定番のウインナーやオムレツは
もちろん、ロールキャベツにハンバーグ、カレーまでもが食べ放題。

なかでも目を引いたのは、東京下町名物である「深川丼」。具もまったくケチることなくアサリや油揚げがたっぷり。
これが無料とは…本当に驚き。

http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2015/02/50d7a52da1d91e06586a302fa928abc7_6119a2ed075ade677954287d19979169-700x525.jpg
http://wpb.shueisha.co.jp/2015/02/15/43599/


吉田類が選ぶイイ酒場の3条件

吉田さんのいういい酒場の条件は3つ。まず、コの字型のカウンター。客と客、店員と客の距離が近い。次が安くて気軽。
客は誰とでも話もできれば、ひとりにもなれる。最後が家族のような雰囲気だ。
(大略)
「酒は人間を映し出す鏡である」と古代ギリシャの吟遊詩人の言 とやらが出ていた。
酒とは無縁の身には、ただの「言い訳」にしか見えない。飲みたきゃ好きに飲みゃいいさ。
へ理屈で飾る必要はない。
http://www.j-cast.com/tv/2015/02/14227785.html?p=all

https://www.youtube.com/watch?v=yC01-Ag4cc8


〝漁師丼〟100円も! 大阪都心部に「中之島漁港」が開業

http://www.sankei.com/west/news/150218/wst1502180021-n1.html

 日本各地の漁港から生きたまま取り寄せた鮮魚を販売する複合施設「中之島漁港」が18日、
大阪市西区の安治川沿いにオープンし、記念式典が行われた。
魚を海鮮丼や焼き魚にして楽しむ食堂も併設され、海の幸を味わう人でにぎわった。

 大阪府や大阪市、関西財界と連携して水辺の活性化に取り組む一般社団法人「水都大阪パートナーズ」が企画。
大阪市の飲食店運営会社と宮崎県延岡市の漁業・水産加工会社が共同で立ち上げた
「フィッシャーマンズマーケット」が運営を担う。

 小売りスペースにはいけすが設置され、
水の中で泳いでいるアジやイカ、サバなどを選んで買うことができる。
http://www.sankei.com/images/news/150218/wst1502180021-p1.jpg


リタイア後に住みやすい国ランキング、スイスは1位、アジアでは韓国が最上位の14位

運用資産の規模で世界最上位に数えられる資産運用会社のナティクシス・グローバル・アセット・マネジメントはこのほど、2015年版の
「グローバル・リタイアメント・インデックス」を公表した。リタイア後の生活を快適に過ごせる国ランキングで、スイスは1位に選ばれた。
上位10カ国のうち8カ国を欧州の国が占め、アジアでは、韓国が最上位の14位となった。中国新聞網が国外メディアの報道を引用して
報じた。

 ナティクシス・グローバル・アセット・マネジメントは、リタイア後の財務状況のほか、健康、医療サービスの質、安全面、生活質などを
含めた20項目について評価した。諸国の経済環境も重要な参考項目とした。

 上位10カ国のうち欧州が8カ国を占めた。ノルウェーは2位、オーストラリアは3位。4~10位は、アイスランド、オランダ、スウェーデン、
デンマーク、オーストリア、ドイツ、ニュージーランドの順。

 ランクダウンした国のうち、イギリスが22位で初めてベスト20入りを逃した。スペインは26位ランクを落として55位に。ギリシャは2014年の
39位から76位に大幅ダウンした。

 日本はカタールやクウェートとともに前回から10ランク以上アップした

 アジアでは、韓国が最上位で14位。日本が17位、シンガポールが30位となった。

 米国は2015年版の「グローバル・リタイアメント・インデックス」では韓国、日本、チェコを下回り、19位にランクされた。

ソース http://j.people.com.cn/n/2015/0302/c94475-8855660.html
http://j.people.com.cn/NMediaFile/2015/0302/FOREIGN201503021032000143094339981.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27